① イナカーナ・スケッチ

2017年4月23日 (日)

一家の災難

20170423_dscf3637

朝、部屋のカーテンを開けると枝の上でスズメ一家が相談中だった。「どうすんだよ」と一羽が騒ぎ、別の一羽は「ちょっと無理だわ」などと答えているようだ。少し後には、一家は見当たらなかったので巣を元に戻すことは断念したようだ。

わたしはゴ-ルデンウィークにやってくるアオ太とウナバラへ落ちてきた巣を見せるために回収へ向かった。



| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

海坂 土堤ノ桜

20170419_dscf2827

海坂に用があり、藩内へ入る前に土堤にハンドルを切った。天気が良ければ雪が残る月ノ山を桜並木の背景に見ることができる。帰りは橋の袂にある🍡やへ寄ろうか・・な。


| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

ウグイスが鳴く

20170419_dscf3194

朝、ウグイスの鳴き声で目ざめた。ベッドから3メートルくらい離れた庭木のあたりで鳴いていた。上手までいかない、まだ初心者の鳴き声だった。朝食を済ませ、ブラインド越しにそーっと姿をうかがうとスズメより小さく、幼い。ここは平野なので、いったいどこの山から下りてきたのだろうか・・。

あと、何日かその鳴き声を愉しめそうである。



| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

嵐になる

20170419l1670773

海坂の公園では満開の桜に容赦のない雨風が降り注ぎ、嵐になった。桜見物の客を当てにした出店すべてがシートで囲われ、人っ子一人見当たらない。まあ、そんな春もある。



| | コメント (0)

2017年4月18日 (火)

ボーフー

20170414_l1670492

昨夜は深夜から風が吹きはじめ、イナカーナは暴風となった。イナカーナを走る高速道路が通行止めだとラジオが何度も伝えた。・・となると庭の老木となった桜は果たして持ちこたえることができるだろうかと思いながら就寝したのだった。





| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

スイセン祭り

20170413_dscf2596

只今、当家では<スイセン祭り>を開催しております。期間はスイセンの花が「もう、充分だぁー」と言うまでです。みなさまのお越しをお待ちしております。


| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

騒がしい

20170414l1670569

朝、公園の木の中で久しぶりにミミズクを見つけ、上ばかり眺めた。その帰り、足もとが何やら騒がしい。見ると辺り一面のツクシンボたちがケンケンガクガクと騒がしい。聞いてみると「回覧板の順番が・・・」でもめているらしい。

幸い私の区は十数軒、回覧板を配るのに迷うほどの戸数ではない。





| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

側溝の掃除

20170326dscf1446

朝8時から町内会の側溝掃除にシャベルを持って出向く。今年は公園の周囲の側溝だったが長く掃除していなかったようで土と砂が高く堆積していた。公園の木の根が側溝まで伸びていた。

役割分担が決められていないので、やれそうなことをやる。最初に側溝に下り、土砂を上げたがすぐに息が上がる。そこで、袋詰めした土砂をトラックまで運ぶことにした。一時間少々で作業は終了。最後に残った5メートルほどの掃除は来年度への持ち越しとなった。

参加してはじめてわかる側溝掃除であった。









| | コメント (0)

2017年4月 7日 (金)

外出しないと・・

20170406_dscf2383

外出しないと花粉症の症状がでない。「春はあけぼ」のではなく「春はひきこもり」である。


 

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

美しさと苦しさと

20170405dscf2329

まだ雪が残る周囲の低い山並みを見ながら車で一時間、再び梅の花を見にゆく。いい日和になったせいかイナカーナにしては人出が多い。暖かかったので上着を脱いで、公園を回った。梅は種類によって花の咲き具合はさまざま。足もとの小さな山地の花さえも美しい。

帰宅して夕刻、盛大なクシャミと鼻水で苦しむ。マスクさえ効かない山の強力杉花粉だった。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧