① イナカーナ・スケッチ

2019年7月25日 (木)

夏の午後、西瓜売りで起こされた

20190725-dscf8636

「スイカーー、スイカーー、オバナザワのスイカーーーー」
急に暑くなった午後、ベッドで午睡のわたしの耳に聞こえてきた。
今どき、珍しい「竹や、さお竹ーーー」にも似た流しのアナウンス。

そう、去年も一昨年も買ったオバナザワのスイカが今年もやってきたのだった。
玄関先で待つこと20分、手をあげて玄関先に軽トラックを止めた。
軽トラックのシートを捲ると濃い緑色に黒いギザギザ模様が入ったオバナザワスイカがあった。
ところで、話はそれるが何故、スイカの模様はあんなにうまくギザギザになる・・・の?

中位と小さいのを各一個、選んで私が清算したらスイカ売りのおじいさんが
それでは多いと言う。再度、玄関に置いたスイカの値付けシールを確認したら
確かに50円多かった。午睡寝起きの私は計算間違いをしたのだった。

「(多くもらって、そのままにして)帰りに事故に遭うと、駄目だ」と
スイカ売りのおじいさんは言った。
正直な商売に感心してしまった。
おじいさん、西瓜売りを終えてオバナザワの帰る頃には深夜近くになると言う。





| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

雹かアラレか・・

20190506-480dscf7306

一昨日の午後、雨の後、雷もなり、雹か霰が屋根を打った。
その音で窓の外を見て、玄関から外に出た。
冬を迎える時期の雹や霰には身構える気分になるが
こんな五月の雹アラレには拍子抜けと言うか、微笑んでしまった。

花粉もそろそろ終わる。マスクを外そう。




| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

駐車場の効用

20181222_1340567

昨年末、隣りに州庁舎の駐車場が完成し、ようやく風景として馴染んできた。
今まであった―三十数年ー消防分署がなくなったので、世界が広くなった。
以来、朝日も月もより早い時間から見ることができる。
満月の雲のない夜などは煌煌とした月明りが夜の庭を照らし、
廊下のカーテンから月の光が射しこむドビュッシー気分だ。
そんな夜は何度も廊下に出ては月を見上げたりした。
ポンポコポン!

長くブログを休んでいた。家事はまるで上達しない。
毎日とはいかないがブログを再開していきたい。
筆者

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

朝が来た・・

20190102dscf4413

朝が来た。冬の朝はカーテンを開けて、積雪量を確かめる。そこから雪かきの時間を割り出す。30分以上かかりそうだと重荷である。さて、今朝は・・・。

家事都合のため、しばらくブログを休みます。


| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

廊下にホコリ

20190102_dscf4427

大晦日に大掃除をしたばかりだというのに廊下にホコリが目についた。子どもたちがいなくとも人の動きで出るのがホコリなのだろう。明日は掃除機をかけよう。不要な正月飾りも片付けよう。


| | コメント (0)

2018年12月31日 (月)

終わらない・・

20181231dscf4325

出来なかった大掃除を始めたがむろん多くをやれるはずもなく昼に買い物へ出かけ、正月の食べものとミカンを一箱買った。玄関掃除をして、神棚を新年バージョンにし多くの餅を供えた。珈琲を飲んでひと息をついたのが午後の2時。

あと、あれもして、これもして・・・終わらないままに大晦日の夜へ。



| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

甘酒をつくる

20181230_dscf4383

スーパーで麹を買ってきて、甘酒をつくることにした。先日、メイ・ヨークへ麹2袋を送ったばかりなので自分でもつくりたくなった。今時分の冬につくるわが家の甘酒は水分は少なめで濃ぅーく甘ぁーくつくる。出来た後、水で薄めて温める。

そして今夜、電気保温器のスィッチを入れよう。明日の朝には完成だが果たしてうまく・・・。


| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

吹雪きになる

20181229dscf3939


吹雪きになる。こんな時、イナカーナの平野を車で走ると地吹雪で先が見えない。そんな時はライトを点け対向車を確認しながら、と同時に先を走る車があれば見失わないようにゆっくりついてゆく。天候のせいか本屋に客は少なかった。本屋のフロアを歩くと冬のブーツのゴムのせいかキュッ、キュッと音がした。鉄腕アトムの気分で本を選んだ。



| | コメント (0)

2018年12月28日 (金)

寒波が街へ・・

20181215_1340429

寒波が街へやってきた。「朝から雪かきでヘトヘトさ」と電話口で言うと「ワァ、いいな、やりたい雪かき!」とメイ・ヨーク家の人々。たまにやる雪かきほど楽しいものはない理である。



| | コメント (0)

2018年12月27日 (木)

師走に走る

20181215_1340407

半日かけて買い物に走る。日用品、食料品、正月用の餅たくさん、神棚の飾り、最後にシクラメン2鉢を買って帰る。シクラメンは100年以上住宅に住んでいるので、暗い室内を少しでも明るく、華やかにという思いで。まだまだ足りないものが出てくるのだろう。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧