④ フクミミ家 食卓の風景

2018年2月24日 (土)

イカ焼きそば

20180223_dscf4029

イカが捌けるようになり―なんという進歩だ―小さなヤリイカを3杯買ってきた。ヤリイカはスルメイカと違い、皮が剥きやすくていい。刺身にした残りを焼きそばに入れ、イカ焼きそばが本日のランチになった。



| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

旧式ロボットのような・・

20180120_dscf2668

昨年の12月、ピーナッ ツ州に住まいするブッチ家に宿泊した際、キッチンでメイ・ヨークが淹れてくれた珈琲があった。実はその珈琲は機械淹れの珈琲だった。

その時、とてもおいしく飲んだのだろう。年末には家に機械が届いていた。イタリアのDというメーカーの<全自動エスプレッソマシーン>である。名まえの通りエスプレッソを出すことに特化したマシーンで抽出が終わると白茶色い泡がカップの液体表面を覆う。

全自動とあるが実際に珈琲を出すまでガタガタゴトゴトと悠長な音を出す。それが前世紀の旧式ロボットのようで面白い。毎朝のように必死の思いで豆を挽いていた人間がそういえばいたな・・。


| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

クリーム支柱

20180107_l1700300

クリームシチューを作った。玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、肉をカットして少し煮込めば簡単にできる。全然凝ることもなく市販のルーを放りこめば、さあ出来上がり。雪かきも続く。



| | コメント (0)

2018年1月 3日 (水)

カリカリ齧る

20171228_dscf2304

風邪からようやく快復し、大根、数の子をカリカリ齧る。世間では<はりはり漬け>というらしいがフクミミ家では<カリカリ漬け>と言う。何度か市販のものを口にしたがまるで駄目だった。今回、少しだけ写真を撮ったのでレシピの本にしようと思う。





| | コメント (0)

2017年12月10日 (日)

大黒さまへ

20171205_dscf1583

ずっと空が曇り、雪落としの雷が轟くと海にハタハタがやってくる。

20171209dscf1702

12月9日、イナカーナの家々は七福神の一人である『大黒さま』をお迎えするお歳夜をした。お膳に左下から黒豆入りご飯、黒豆とタイコンの酢の物、ナットウ汁、数の子、香の物、焼き豆腐の田楽、ハタハタの田楽が供えられた。ちなみにお膳は大黒さまが召し上がれるように神棚へ正面が向くように置く。

深夜、お膳を前にした大黒さまはひげを撫でながら供えられた品々を眺めまわした。そしておもむろに箸袋を手にすると木箸をするりと取り出した。大黒さまのことだから「今年はどれから食べよかな・・・?」なんて、迷い箸なんてしない、しない。


| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

ハッシュドビーフ

20171006dscf8860

ハッシュドビーフを作る。半分残っていたルーのパッケージを確認したら2011年で賞味期限が切れていた。ということは、この6年間、ハッシュドビーフを食べていなかったことになる。急きょ、新たなルーを買い求め、タマネギを涙目でスライスしたのだった。

タマネギ300gにマッシュルームがなかったのでエリンギをスライスして、しんなりするまで炒め、牛肉薄切り150gを加えた。水500gを入れ沸騰し15分。いったん火を止めルーを溶かす。その後15分煮込んで完成した。

出来上がったハッシュドビーフは大人の味であった。ところでハッシュドビーフとハヤシライスの違いはどこにあるのか?・・・なんてことを考えながら夕飯にした。


| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

チキンカレー炊き込みご飯・・・ただ

20170607_dscf4106

たまにはワタクシも料理をする。選んだのは「チキンカレー炊き込みご飯」、NHKテキスト・今日の料理ビキナーズの一番最初に載っていた。

最初にタマネギ、そこへ洗った米を入れフライパンで炒めた。炒めた米を炊飯器に入れ、酒、カレー粉、塩、スープの素を入れた水を加えた。その上へ鶏もも肉300gを乗せ、炊くこと44分。

まあ、おいしい。ただ、炊けていない米が白いまま残っていた。
レシピ通りに作ったのに失敗するビギナーであった。



| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

ミズ、またの名を・・

20170525_dscf2982

庭の日陰に暗ーい感じの植物があり、聞くとシェフが山から採ってきた<ミズ>だと言う。調べると、またの名を<ウワバミソウ>とも言う。暗くジメジメした所に群生するからだとのこと。道理で葉の印象が暗い。その暗いミズ、山で遭難した時はナニハサテオキ絶対に覚えておかなければならない植物ともあった。遭難時、食つなぐに最適なのだろう。

そのミズの煮物が食卓に上る。山で遭難することなく家のキッチンで食べる。

20170525dscf2982

| | コメント (0)

2017年5月12日 (金)

ウド

20170510_dscf1268

ウド、ワラビ、タケノコ、ミズと山の物が食卓に上がりはじめた。筍は煮物、汁物ともう何度も食べた。ビートルズではないが「旬こそすべて」と言いたくなる。ところでウド、苦手だった苦味をおいしいと食べている。これを年のマジックと言う。



| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

焦げた焼き魚のようなピザ

20170427_l1670990

朝食の最後に黒にんにくを食べて掃除を再開する。昨日の雨で庭の掃除は明日に延ばし、屋内に取り掛かる。掃除機をかけ、畳を拭き、布団を干して、戸の桟を拭く。

掃除をすると食事に手間がかけられない。出来合いのピザを魚焼き用のコンロで焼いたら、まさしく焦げた焼き魚のようになる。うむむ、失敗であった。オーブンレンジにすれば良かった。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧