④ フクミミ家 食卓の風景

2018年7月15日 (日)

気が向いたので・・

20180714_3dscf3343

<さっぱりナムル 3分>

201807143dscf3354

<中華スープ 3分>

20180714dscf3310

<揚げないコロッケ 二人分>

20180714dscf3366

<旨味たっぷり!酢鶏>


気が向いたので料理4品を作った。テレビでコリン星出身の女性タレントが紹介していた。その女性タレントも子を持つ親となって、今やレシピ本まで出していた。段取りがよくなかったので3倍の時間をかけて作った。

中華スープは味が薄くなったが、酢鶏は充分な調味料でおいしくできた。コロッケはいいオーブントースターがなく、いまふたつの出来。ナムルは冷たくしてシャキシャキの歯ごたえ。

こんなふうに料理初心者は苦労しながら作るのであった。



| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

冷やし中華

20180701_dscf3193

テレビ番組のレポーターがとある家の玄関のインターフォンを鳴らしていた。インターフォンの声に出てきたのが樹木希林であった。最後までインターフォン越したったのでアポなしでひと言が撮りたかったのだろう。面白かったのは本題前の樹木が「(暑いので)冷やし中華を作り食べ終え、今ひと息ついてゆっくりしてましたのに(取材とは)・・・」と樹木。わきまえない時間のレポーターの問いかけだったがそこは樹木、無碍に追い返すことなく、身長190センチの孫のパリコレデビューに答えていた。

樹木に同じく暑かったので冷やし中華を作った。まともな冷やし中華はやはりコンビニのそれよりうまい。


| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

黒ごま寒天の完成

20180701dscf3129

三度目にして、やっと黒ごま寒天の完成を見た。一度目は豆乳に入れた黒ごまがうまく混ざらず失敗し、二度目はうまく混ぜ、冷蔵庫から取り出したら表面が泡立っていて、美しく出来なかった。そして、三度目の正直で完成した。

先月、6月下旬のこと。町の公民館で『男の厨房』という催しがあり、その時のデザートにあったのが<黒ごま寒天>だった。料理を5人のチームで作ったため、誰がいつ作ったかわからないまま、試食に出てきた。

実際に自分で作ってみないとわからない。味はその後についてくる。冷蔵庫で冷やして夕飯のデザートとした。









| | コメント (0)

2018年6月26日 (火)

ピーマンと肉の細切り炒め

20180608_l1710413

を作った。彩りもあるのでパッケージに書いてある通り、赤と黄色のパブリカも加えた。ところが、細切りではなく太切り炒めになってしまった。キャベツの千切りもそうだが、なかなかうまく千切りにならない。老眼鏡をかければもっとうまくいく?


| | コメント (0)

2018年2月24日 (土)

イカ焼きそば

20180223_dscf4029

イカが捌けるようになり―なんという進歩だ―小さなヤリイカを3杯買ってきた。ヤリイカはスルメイカと違い、皮が剥きやすくていい。刺身にした残りを焼きそばに入れ、イカ焼きそばが本日のランチになった。



| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

旧式ロボットのような・・

20180120_dscf2668

昨年の12月、ピーナッ ツ州に住まいするブッチ家に宿泊した際、キッチンでメイ・ヨークが淹れてくれた珈琲があった。実はその珈琲は機械淹れの珈琲だった。

その時、とてもおいしく飲んだのだろう。年末には家に機械が届いていた。イタリアのDというメーカーの<全自動エスプレッソマシーン>である。名まえの通りエスプレッソを出すことに特化したマシーンで抽出が終わると白茶色い泡がカップの液体表面を覆う。

全自動とあるが実際に珈琲を出すまでガタガタゴトゴトと悠長な音を出す。それが前世紀の旧式ロボットのようで面白い。毎朝のように必死の思いで豆を挽いていた人間がそういえばいたな・・。


| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

クリーム支柱

20180107_l1700300

クリームシチューを作った。玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、肉をカットして少し煮込めば簡単にできる。全然凝ることもなく市販のルーを放りこめば、さあ出来上がり。雪かきも続く。



| | コメント (0)

2018年1月 3日 (水)

カリカリ齧る

20171228_dscf2304

風邪からようやく快復し、大根、数の子をカリカリ齧る。世間では<はりはり漬け>というらしいがフクミミ家では<カリカリ漬け>と言う。何度か市販のものを口にしたがまるで駄目だった。今回、少しだけ写真を撮ったのでレシピの本にしようと思う。





| | コメント (0)

2017年12月10日 (日)

大黒さまへ

20171205_dscf1583

ずっと空が曇り、雪落としの雷が轟くと海にハタハタがやってくる。

20171209dscf1702

12月9日、イナカーナの家々は七福神の一人である『大黒さま』をお迎えするお歳夜をした。お膳に左下から黒豆入りご飯、黒豆とタイコンの酢の物、ナットウ汁、数の子、香の物、焼き豆腐の田楽、ハタハタの田楽が供えられた。ちなみにお膳は大黒さまが召し上がれるように神棚へ正面が向くように置く。

深夜、お膳を前にした大黒さまはひげを撫でながら供えられた品々を眺めまわした。そしておもむろに箸袋を手にすると木箸をするりと取り出した。大黒さまのことだから「今年はどれから食べよかな・・・?」なんて、迷い箸なんてしない、しない。


| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

ハッシュドビーフ

20171006dscf8860

ハッシュドビーフを作る。半分残っていたルーのパッケージを確認したら2011年で賞味期限が切れていた。ということは、この6年間、ハッシュドビーフを食べていなかったことになる。急きょ、新たなルーを買い求め、タマネギを涙目でスライスしたのだった。

タマネギ300gにマッシュルームがなかったのでエリンギをスライスして、しんなりするまで炒め、牛肉薄切り150gを加えた。水500gを入れ沸騰し15分。いったん火を止めルーを溶かす。その後15分煮込んで完成した。

出来上がったハッシュドビーフは大人の味であった。ところでハッシュドビーフとハヤシライスの違いはどこにあるのか?・・・なんてことを考えながら夕飯にした。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧