③ 行った!見た!食べた!

2018年7月12日 (木)

記録と記憶

20180630l1710693

最近出席した海坂致道大学の公開講座での演題が『楽しい縮小社会』だった。縮小する社会と減少する人口のこの国でどう楽しく暮らすか・・。講座講師は作家で編集者の女性。谷根千(谷中、根津、千駄木)で地域冊子を長く発行し、30年で住んでいる地域住人へ4000人にインタヴューしたと言う。

民俗学の宮本常一は「記録されないものは記憶されない」と言ったそうだが家族の言葉もうまく残さないと何も残らない。


| | コメント (0)

2018年6月18日 (月)

うなぎを焼いた・・・

20180601_dscf1182

うなぎを焼いた。・・が焦げて半分、炭になった。それでも、炭の下のあった残りの半分を食べた。

そう、昨日は父の日。毎日、がんばっているお父さんへこの日は特別にサービスしなければならない。この国の売り上げのため、うなぎはスーパーの店頭にあった。

そのうなぎである。国産の養殖もの、そのまま食べればある程度満足して食べられた筈だ。だが、もっとおいしくするにはほうじ茶と一緒に焼け!が脳裏にあった。輸入ものの臭いうなぎには閉口していた。そこで、私はウナギを水洗い、アルミホイールでうなぎの船を作り、その上へ酒と水をかけた。ほうじ茶は大さじふたつ、うなぎの船のそばに置いて、コンロで焼6分焼いた。

「魚やウナギは弱火で焼くものよ」焼きあがった後でシェフが言う。それを知らずに焼いたから、炭である。焦げた炭に最初は落胆したが、もったいない!高価なうなぎだ!少しでも元を取らねば気がすまない。焦げをこそぎ落として、半分になったうなぎに焚き立てのはえぬきでわたしは食べた。

所々、焦げが入ったうなぎをおいしく食べた。次はもっとおいしくなる。ささやかな希望で人は明日も生きる。


| | コメント (0)

2018年5月30日 (水)

ここだよ!

20180529l1710358

20180529l1710358_5

約一年ぶりでミミズクを見かけた。場所は公園ではなく神社の木。前日は離れた高い枝に子ミミズクが二羽並んでいた。朝から大きなレンズを三脚に取り付けた方がいたので、「そうか、今年も来たか!」と探した。

食事を終えて休んでいるのか、時々眠っているようにも見える。起きていると下を動く人に合わせて首を動かす。


 

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

快晴につき・・

20180522_l1710231

昨日に引き続き、空が快晴になる。遠くの山もはっきり見え、新緑と来れば車で出かけない手はない。と言うわけで車のハンドルを握り、ドライブがてらソフトクリームを食べに行った。ソフトクリームがある産直まで片道30分もかかった。

思えば最初にイタリアへ出かけたのが12年前。秋、夕暮れのローマ市内、ジェラートがあるバルのドアを開けるのに30分かかったことがある。いや、40分だったか・・。旅行では一人旅、言葉も話せず、バルの中のジェラートの買い方がわからなかったのであった。ガラス越しにジェラートを眺めていたな。困ってはじめて、その国の、その街の、その店のやり方を知る。

ソフトクリームに30分、ジェラートに40分、次の旅行では何に時間をかけよう、困ろうか・・な。




| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

そばを打つ

20180211_l1700929

そば打ちの会があったので参加した。そば粉を混ぜ、練り、伸ばし、切るを体験させてもらった。「このようにやってごらん」と言われてもこれがうまくできない。道具はうまく使えないし、実に下手くそであった。茹で上がったそばを市販のめんつゆで食べたが充分にうまい。来年も参加するぞー!


| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

美術館の午後3時

20171113dscf0197

知人が描いた日本画を観に美術館へ足を運んだ。数多くの絵でテーマも作風も様々あり、何か消化できないままに見終えた。気持ち、技術も含めてどう描くのか、難しいものである。伝わる絵があり、伝わらない絵もあり美術展はそれなりに構成されている。

美術館の庭も冬の支度に入っていた。コケッ、コケッ、コケ、コッコー。



| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

ベイビー・ドライバー

20170922dscf8134

海坂で映画『ベイビー・ドライバー』を観た。普通だったら見ないタイプの映画だが“B級映画の傑作”と新聞で紹介されていたので足を運んだ。

主人公である若者は強盗チームのドライバー。耳鳴りの障害を持つ主人公の設定が映画全編で生かされている。この着想こそ全てと言ってもいい。ノリのいい音楽、冒頭からのカーチェイス、映像編集もアクションもキレキレである。犯罪がチームがどのように破たんしていくかという流れも軽快である。犯罪チームのボス(ケビン・スペイシー)は最後に男気を見せる。監督エドガー・ライトのセンス溢れた映画になっている。この監督、コメディもいける。

ちなみにヒロイン、デボラ役がリリー・ジェ-ムズ。彼女は先年シンデレラとなってお城に嫁いでいった筈なのに,
今回はウエイトレスに。シンデレラはアルバイトに励んでいるのであった。






| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

スチューベン

20170922dscf7996

何種類かブドウを買ってきたが、一番甘かったのがスチューベン。巨峰は土地柄のせいか出来が良くなくスチューベンに敗れ去った。さすがスチューベン・・・。





| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

今日も・・

20170805_dscf7540

最高気温が34℃になると言う。そこで、朝からスイカをガブリ。もう、半分になってしまった。


| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

hasi no tamoto soba

20170615_dscf4231

車で一時間の温泉ヒジオールへ出かけ<橋のたもとの蕎麦や>でソバを食べた。フクミミが頼んだのはもりそば大盛りである。昔から、そばの上に乗った刻み海苔にはまるで関心がないフクミミである。フクミミは時間を充分にかけて完食した。

平日だったので混雑もなく、ゆっくりできた。リュック姿の若い男性が―たぶん、歩きなのだろう―板そばがくる前に満杯に注がれた日本酒をそぉーと口に運ぶのが見えた。そば屋の広い窓からは温泉ヒジオールを流れる銅山川を眺めることができる。こんな立地のいいそば屋もあまり見かけない。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧