③ 行った!見た!食べた!

2017年8月 6日 (日)

今日も・・

20170805_dscf7540

最高気温が34℃になると言う。そこで、朝からスイカをガブリ。もう、半分になってしまった。


| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

hasi no tamoto soba

20170615_dscf4231

車で一時間の温泉ヒジオールへ出かけ<橋のたもとの蕎麦や>でソバを食べた。フクミミが頼んだのはもりそば大盛りである。昔から、そばの上に乗った刻み海苔にはまるで関心がないフクミミである。フクミミは時間を充分にかけて完食した。

平日だったので混雑もなく、ゆっくりできた。リュック姿の若い男性が―たぶん、歩きなのだろう―板そばがくる前に満杯に注がれた日本酒をそぉーと口に運ぶのが見えた。そば屋の広い窓からは温泉ヒジオールを流れる銅山川を眺めることができる。こんな立地のいいそば屋もあまり見かけない。


| | コメント (0)

2017年5月 2日 (火)

トカイワイン

20170501_dscf0143

ブッチ一家が来たので、トカイワインを開けた。確かこのワイン12年位前にハンガリーはブタペスト。ドナウ川を眼下に望む「漁夫の砦」からほど近い店で買ったと記憶している。当時からワインにさほど興味もなかったが、試飲してとてもおいしかった。

ブタペスト滞在は2泊だけ、日中は王宮を見て、夜はドナウ川のナイトクルーズに出かけた。ナイトクルーズでは国会議事堂をはじめ、川岸に立つ建物が暖色の灯りでライトアップされていた。食事を終え、船の甲板に出ると秋の寒さに震えた。

ツアーのメンバーに、高齢のご夫婦がいてどちらも80歳を越えられていた。その年齢でも海外旅行へ出かける気力と体力に感心した。

そして、ようやくトカイワインを飲んでいる。糖度が高く、食前酒か食後のデザートワインにと勧められているが知らない人が飲んだら「甘ぁーく、上品、しかも大変高価な梅酒」と言えばそれで通りそう。


| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

トルコライス

20170416dscf2685

なかなか行けない長崎、なのでスーパーで見かけたトルコライスを食べてみることにした。
「アーアーアーアーアー、ナガサァキィィーは今日も・・・」とベタな歌をハミングしながら・・。



| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

この冬最後の・・

20170220dscf0186

この冬最後の焼き芋を石油ストーブで焼く。焼けるまで何をして時間をつぶそうか。



| | コメント (0)

2017年1月 2日 (月)

おせちをいただく

20170101dscf9305

20170101dscf9308

メイ・ヨーク家から二段重ねのおせちをいただいた。金柑が移動中に転がり、木枠を飛び出していた。鮑旨煮からからすみまで合計48種類の品目が詰め合わせられている。

某婦人雑誌のお取り寄せだが見た目も味もとてもいい。ついつい迷い箸になる。





| | コメント (0)

2016年12月 5日 (月)

ヒジオール川

20161203_dscf7980

温泉ヒジオールのそば屋「めでてエ」の前にはヒジオール川が流れる。川向うには温泉の旅館街、山と川に挟まれた建物は狭い土地から高層となった。以前当ブログにも書いたがヒジオールは日が射す時間が少ないイタリア地方都市の旧市街のような景観になっている。

この温泉は真っ暗な洞窟風呂で知られている
が、筆者一行の目的はそばなのでいつも入浴する機会がない。いつか湯治ということもして見たいがいつのことになるやら・・・。



| | コメント (0)

2016年12月 3日 (土)

ヒジオールの赤い橋

20161203_dscf8014

天気が良かったので温泉ヒジオールへ出かけた。イナカーナからは一時間と少しの距離、半分は曲がりくねった山道になる。途中の山々はすっかり葉が落ち、木々は茶色い裸の状態。

ヒジオールへ入るにはロータリー状の赤い橋を通る。その手前から温泉ヒジオールの全景を見渡すことができる。何年か前、この坂道が崖崩れで、半年も通行できなくなった。その間、ヒジオールへは対斜面、車がやっと通れる道幅の山道を利用したことがあった。そうこうして、やっとできたのがこの赤い橋である。

秋から今までどこへも出かけず家周りの片づけばかりだったので、数か月ぶりの遠出になった。目的は新そばであった。



 

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

毎日柿を・・

20161119dscf6590

毎日柿を食べている。当家の柿の木はずいぶん前に無くなったが隣りの元消防署にも柿があり、その隣りにも柿の実がたわわに実っている。文字通り隣りの柿だらけである。

柿は固いのがいい。カリッと齧れる固いのが・・。






| | コメント (0)

2016年10月31日 (月)

生命誌という考え方

20161027_dscf5788

海坂の映画館で『水と風と生きものと~中村桂子・生命誌を紡ぐ』を見た。いつもは講座なのだがこの回は映画、冒頭に中村さんからの挨拶映像が流れた。‟生命誌”という言葉を初めて目にした。史ではなく誌である。そこにJT生命誌研究館の館長でもある中村さんの生命を単なる歴史の位置付けではなく、今ある生命の大きな流れで捉える考え方があった。

なので、一研究者からはじまった普通の女性である中村さんはDNAなど細胞レベルの世界から生きとし生けるものすべてを俯瞰し、今この時間も流れる生命の凄さに心を奪われてゆく。

中村さんの世田谷の自宅の裏庭はまるで小さな森で、水辺にはアメンボウがいた。訪ねた岩手で宮沢賢治を語り、映画終盤では<セロ弾きのゴーシュ>を
上演、朗読を務めた。自然や動物や人や音楽、それらすべてに関心を寄せる中村さんは多くの人に“生命に関わる研究”という糸口の種を蒔いてゆく。

そんな映画だった。さて、私はボクはどうやって何に関心を持とうか・・。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧