⑤ メイ・ヨーク

2018年8月12日 (日)

卓球

20180811_dscf4745

ブッチ家が帰省した。帰省の度にアオ太と卓球をする。冬はテーブル、夏は廊下が卓球台となる。小学一年生アオ太は上達し、緩い直球だけで20打以上打ち返しが続けられるようになった。廊下幅は一間あるがそばにガラス戸もあり、変化をつけることはしていない。
わたしもそんなレベルなのでちょうどいい。


| | コメント (0)

2018年7月26日 (木)

ピカピカの・・

20180708_img_20180708_093809

7月初め、ピーナッツ州ブッチ家へピアノが届いた。このアップライトピアノ、メイ・ヨークが小学生の時に弾いていたものである。届いた翌日、調律師の方が「ピカピカで・・ご実家で大切にされていたんですね!」と言われた。

実は前日、ブッチ家男子3人が懸命にピアノを磨いたとのこと。43歳になったピアノはブッチ家で最高齢でもある。



| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

スイカ号

Securedownload1_3

メイ・ヨークがスイカ好きなのでアオ太、ウナバラも、もちろんスイカ好きになった。そーゆーわけでピーナッツ州ブッチ家の小さな庭を今日もスイカ号は走るのであった。


| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

ちっちゃな時から・・

20180718_dscf3439

メイ・ヨークはわたしが送った贈答用スイカの箱を開けて「ちっちゃい!!」と言った。ちっちゃな時から大きなスイカばかり食べていたメイ・ヨークにとっては自然な感想であった。わたしもそう思う。



| | コメント (0)

2018年7月 4日 (水)

つい足が・・

20180630_l1710711

探検家ウナバラはアリの行列を見つけると、つい足が出て踏みつぶしてしまうのだった。誰が教えたわけでもないが、五歳児の本能が探検家の足を出させるのだろう。



| | コメント (1)

2018年7月 3日 (火)

探検家ウナバラ

20180630l1710722

「たんけんかになる」、将来の夢を五歳児ウナバラは神妙に木札に書いた。海坂神社ご祈祷を終えたウナバラは境内で木札と下げ、記念写真を撮った。これからウナバラは長い年月をかけて探検先を探すことになる。



| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

ピアノの搬出

20180624dscf2354

メイ・ヨークから「ピアノ送れ!」と連絡があり、本日搬出した。時間通りにやってきたピアノ搬送専門の業者の方が、ものの30分で運んでいった。専門だけあって手慣れたものであった。業者の方は二名、若い方が対応し、もう一人は頑強な体つき。最後に麦茶をおいしそうに飲んで、アップライトピアノはピーナッツ州へ向かった。

アオ太がピアノ教室は通い始めて一年、ウナバラは半年になる。アオ太はメキメキと腕を上げ、家族や親せきの方に喜ばれている。これでアオ太も普通のピアノで練習ができる。

メイ・ヨークはピアノを搬入するにあたり、居間の床の補強を依頼した。ピアノが動くと経済もほんの少し動くのだった。



| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

雨の前に・・

20180603_l1710412

雨が降る前に、池の掃除をする。水が少なくなっていた池には泥と葉が堆積していた。古い池なので水面が低く、周囲の土が流れ込む。毎年二~三度は泥をすくい上げるが庭の土が目に見えて低くなった気配もない。しかし、掃除をしなかったら10~20年で池は埋まってしまうのだろう。

片やエジプト。地面を掘ったら、街の下に街が現れるのだから埋まるにしても年月の単位が違う。砂嵐もあるから余計うまく埋まるのだろう。

話を戻そう。池の深い穴からザリガニをたくさん捕獲した。掃除の度に全部と思って捕獲するのだがいなくなる気配がない。なので、メイ・ヨークの子どもたちは帰省する度にザリガニ釣りができる。


| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

メイ・ヨークの30年物・・

20180524_dscf0300

普段使いの机が壊れた。メイ・ヨークが小学生の時に買った勉強机だったので、30年物にはなる。ワインならともかく合板で作られた30年物の机である。見えない部分に圧縮チップのようなものを使っており経年でもろくも折れた。無垢材だったら今でも使えた筈だが・・。

そうこうしてたら、片付かなくなった。床の上のパソコンまわりが筆記具、シェーバー、目薬、ローション、紙紙紙で散乱状態になった。限界だあ!

というわけで、机机していないテーブルのような大きめのデスクを求めた。深夜まで取り組む勉強も今は必要ないので、パソコンと本と耳かきと爪切りが置ければいい。

早く届かないかと指を折る。


| | コメント (0)

2018年1月 2日 (火)

おとしだま

20171202_dscf0827

昨年末、餅、生蕎麦、きな粉といった食材と一緒にアオ太とウナバラへお年玉を送った。そして、新年を迎えた昨日、アオ太より「どうも、ありがとう」とお礼の電話があった。一方ウナバラはその時―何が原因かわからないが―固まっており、電話口に出ることができなかった。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧