« 急変する天気の中にいる | トップページ | 冬の支度 その1 »

2020年11月 4日 (水)

いん石

20201104-dscf1439

多くの子どものように六歳児ウナバラも恐竜が好きだ。興味を持って恐竜本を見てるうちに
大昔いた恐竜たちは地球に落ちたいん石が原因で滅びたという説にたどり着く。

そのことを知ったウナバラはもし地球に巨大ないん石が落ちてきたらと恐怖に
襲われる。ウナバラは家族や私に「いん石が落ちてきたらどうしたらいいの?」と
切実な思いで聞く。だが、しかし、満足した答えを得ることができなかったウナバラは
つくばにあるJAXA宇宙センターへ行って、いん石の不安を質問することにした。

そういえば筆者も子ども時代、子ども向け空想科学小説のようなものを読んで
地球に酸素がなくなる恐怖に襲われたことがあった。
「あぁ、呼吸ができなくなったら・・・」

子どもは子どもなりに恐怖する。




 

 

|

« 急変する天気の中にいる | トップページ | 冬の支度 その1 »

⑤ メイ・ヨーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 急変する天気の中にいる | トップページ | 冬の支度 その1 »