« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

仰向けガエル

20181121_1330819

年に一度人間ドックを受けている。その中のオプションに<腹部超音波検査>がある。入るとモニター画面があり、その側のベッドに胸からお腹まで出し、仰向けになる。手は頭の後ろに組むように。

「息をいっぱい吸い込んでください。はい、そのまま止めてください」と検査士。その間、ゼリー状の液体を塗られた腹部の上を小さな検査機が動く。途中から「次は息を吸い込んで、お腹をめいっぱい膨らませてください、はい、そのまま!」

仰向けでお腹をめいっぱい膨らませたワタクシはこれはカエルだなと天井を眺める。それにしても病院の天井というのはどうしてこんな味気ない作りなのだろう思う。青鮮やかなフレスコ画なら、カエルもきっと喜ぶ。

となると、スムーズに検査を終わらせるため天井はこれ以上なく
味気なく作られているのかも・・・ゲコッ。


| | コメント (0)

2018年11月29日 (木)

静かに何もしないで・・

20181121__1330916

静かに何もしないで一日を過ごした。本屋でピエール・ルメートルの『炎の色』を求めた。この作品は『天国でまた会おう』の続篇にあたる。『天国でまた会おう』は奇抜風味の大河ドラマの趣きがあった。世界大戦で亡くなった死者の棺作りで儲けるといった題材とそれに目をつけた作者に驚かされた覚えがある。さて、その続篇は・・・?

今日も午後早くに
暗くなった。冷たい雨が降りはじめた。


| | コメント (0)

2018年11月28日 (水)

枯葉カラカラ

20181114_1330683

散歩の途中、突然の風で歩道からたくさんの枯葉が一斉に巻き上げられ、そのまま道路の上をカラカラいい音を鳴らしながら転がっていった。この季節、道路が枯葉のステージとなる。



| | コメント (0)

2018年11月27日 (火)

見上げると・・

20181125_dscf3847

見上げると庭のモミジがこの秋最後の輝きを放っていた。落ち葉掃除も三度目になった。天気がいいと掃除も気持ちがいいものだ。最後の落ち葉掃除はモミジが散った後にしよう。



| | コメント (0)

2018年11月23日 (金)

車庫の完成

20181121_dscf3815

雨で途中で止めていたパイプ車庫が三日目にして完成した。タイヤも冬タイヤへ交換したところだ。積もらないほどの雪が舞う。



| | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

アラレが降った

20181121__1330911

朝、出かけようとしたいたら大きな雷がなり轟き、アラレが降った。風もあり嵐状態になる。仕方なく外出を諦めた。肖像画の本でも読んで今日は過ごすことにした。



| | コメント (0)

2018年11月20日 (火)

セーターを出したら・・・

20181118dscf3756

雪はまだだが寒い。そこでセーターを出したら穴が開いていた。虫に食われたのだった。そういえば防虫剤を入れていなかった。今まで家族に頼っていたことがますます身に迫り来る日々です。



| | コメント (0)

2018年11月19日 (月)

雨と強い風で・・

20181108_1330546

朝から雨と強い風で悪天候になったので今日は冬支度を休み、休日にした。そこで映画である。選んだ映画は予告が全く面白くなかった『ボヘミアン・ラプソデイ』。

熱心に聴くファンではなかったが耳に馴染んだ曲が―こんな歌詞だったのか!―効果的に作られ、歌われ、演技があり、編集され、作品になっていることに感心した、。当時のロックミュージッシャンたちの長髪だらけの中であのフレディ・マーキュリーの姿はひと際、個性的で目立った。しかも、あの高音の歌声である。姿からマッチョとばかり思っていたが・・・。

映画としての踏み込み、描き方は幾分弱いがフレディの軌跡を描いた映画に仕上がっている。それだけ現実のフレディの曲の数々が苦悩、愛を歌い勝っていたのだろう。映画の最後、スタジアムでのフレディを中心としたクィーンのステージはまさしく圧巻である。

| | コメント (0)

2018年11月18日 (日)

車庫の組み立て

20181118_dscf3765

午後から冬用の車庫を組み立てた。例年のこの時期ならとても望めないいい空の下での作業になった。ところが午後から始めたものの日が暮れるのが早く、骨組みだけで完成に至らない。明日こそきっと・・。



| | コメント (0)

2018年11月16日 (金)

落ち葉掃除

20181111__1330577

落ち葉掃除の二回目をする。欅の落ち葉は少なくなり、今日のメインはモミジとなった。掃除をしながら気になった排水溝も開けてみた。すると砂と土が堆積し、排水溝を塞ぐ箇所もあった。二年に一度の排水溝掃除もついでにやった。

ヘトヘトになったのでハイボールを買いにいこう。



| | コメント (0)

2018年11月15日 (木)

晩秋の彩り

20181114_1330711

紅葉が終りを迎え、銀杏の黄葉が晩秋の日射しを浴びて輝いている。今年はこれで最後のヒジオールへ行ってきた。外気温は10度、今回も冷たいノンアルコールビールを飲んだ。



| | コメント (0)

2018年11月14日 (水)

原稿

20181111_dscf3692

年賀状の原稿を作った。今年は洋なしにしたので来年は柿にした。年々安易になるが旅行もできなかったし、近くの山へも行かなかった。そーゆー年だった。


| | コメント (0)

2018年11月 8日 (木)

今日も・・

20181108__1330429

今日も空を眺めながら外を歩く。これをウォーキングとも言う。以前、再就職を探していた時、履歴書にスポーツ記入欄があった。再就職を指導するある講師が「やっているスポーツがない方、いい方法が実はあるんですよ。そういう方はウォーキングと書きましょう」と真面目に言った。これには笑ってしまったが再就職を考えない今、ウォーキングをしている自分がいる。



| | コメント (0)

2018年11月 6日 (火)

屋根に上って

20181101_dscf3418

屋根に上って雪留めの松葉を取る。雨どいに黒い天ぷら状に固まっていた松葉があったので、屋根に上ることになった。姿の見えないハクチョウの声を聞いた。屋根はいいね、世界が見える。天気がよければ冠雪の山も見えた筈だ。瓦の冷たさをジーンズから感じながら、せっせと松葉を取った。



| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

窓の掃除

20181027dscf3280

天気には恵まれなかったが一日かけて窓の掃除をする。窓ガラスは水拭きをし、サッシに溜まった泥を拭く。泥なので拭くというよりは取り除く。掃除機も持ち出す。窓ガラスは多すぎて拭いた枚数を数えることを止めた。

これで、外の光がきれいに入る。



| | コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

素人結び

20181101_dscf3418

いい天気をよそに一日かけて庭木の冬支度をする。雪の重みで木々が折れないように棕櫚縄で枝を吊った。結び方が素人だなといつも思う。



| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

中途半端な・・

20181103_dscf3406

今日から3日晴れると言う。庭の紅葉も半ばである。出かけるか出かけないかと問えば―アリとキリギリスの例もある―庭の掃除をすることにした。網戸を外し夏の名残りを片付け、その後、半分ほど落ちた木の葉を箒で集めた。これだけで一日かかる。中途半端な邸宅である。



| | コメント (0)

2018年11月 1日 (木)

山に雪

20181026_1330009

雨が多い毎日だったが今日雲間から覗くことができた山の中腹に雪を見た。さて、これから天気が良くなったら冬支度か、それとも晩秋の景色を見にでかけるかで大いに迷うことになる。



| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »