« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

大雨を眺めながら・・

20180830p8780558

大雨の中、ブレーカーが落ちて電気が消えたりしながらオムライスを作った。玉ねぎを千切りにし、ベーコンは細かく切り、炊いたご飯をフライパンの中で切るように炒め、ケチャップはたっぷり、最後にバターで香りよく・・・。

指導してくださる方が先にフライパンで見本を見せてくれたので、なんとか皿に返すことができた。卵を巻くというよりはケチャップご飯をなるべく少なめにして、フライパンから皿へ裏返すことができるかどうか・・。

教室でもうひとつ参考になったのがハンバーグの焼き具合と鳥から揚げの揚げ具合の見極め方だろうか。ハンバーグは中の汁が出てくるか、から揚げは固さで見るということだった。教えてもらわないとわからない料理のテクニック。

オムライス以外にハンバーグ、エビフライ、鶏から揚げ、ウインナー、ハムと添えものが満載のワンプレートランチになった。予算があったのでメロンのデザートも付いた。









| | コメント (0)

2018年8月30日 (木)

雨の毎日・・

20180830_dscf5126

何日か雨の降ったり止んだりが続いている。枕元で深夜ラジオを聞いていると「番組の途中ですが・・」と大雨、地震のアナウンスがよく入る。せっかく、いい歌や話の最中にとも思う。遠い自然災害に慣れていく自分がいる。



| | コメント (0)

2018年8月29日 (水)

サルスベリ

20180822p8780413

コオロギの鳴く声を聞くようになった。少し涼しくなって、スキップしたい気分になる。



| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

はじめてのターンテーブル

20180827_dscf5451

雨とうっとおしい高湿度の日が続いている中、はじめて中古ではない新品のターンテーブルを購入した。今様のターンテーブルからすると、とても古めかしい姿のベルト・ドライブ仕様。一見、LINNのLP12を思わせるデザインだが、LINNほど高価ではない。「まあ、値段相応の作りだな」と半日かけ組み立てながらつぶやいた。

アルミニウムプラッターに共振対策がなされ、トーンアームにはカーボン素材が使われている。インシュレーターの接続部分にさえゴムが使われ振動を考慮した作り。製作サイドはどうやってコストを抑え、振動を減衰し、レコードに刻まれた音をうまく伝えるかを考えた。
たぶん、最初に外観ありきで、工夫されたと推察する。

うーん、見た目のいい―高いとも言う―カートリッジが欲しくなった。



| | コメント (0)

2018年8月27日 (月)

枝豆みそ汁

20180827_dscf5143

そう言えば夏、子どもの頃によく食べていた枝豆入りのみそ汁。朝のNHKで海坂の枝豆を紹介していたので、早速真似た。糖度の高いトウモロコシ同様にいいダシが出る。実は温め直した二度目がよりおいしい。


| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

ヒヨドリが鳴いている

20180824_p8780430

早朝、明るくなりはじめた頃、ヒヨドリがいい声で鳴いた。タイフーンの後に雨がやってきてジメジメと重苦しい空気をヒヨドリの鳴き声が少し和らげた。



| | コメント (0)

2018年8月23日 (木)

柱まで暑い・・

20180822_p8780385

タイフーン20号のフェーン現象でこれまで以上に暑くなった。静かにしていても汗が出てくる。室内で汗をかくこともあるんだ!食器棚の皿を触って熱いと書いたことがあるが今日は柱を触っても暑かった。


| | コメント (0)

2018年8月22日 (水)

2018..8.21・・

20180822p8780403

A.M.7:30、朝から暑い。池の金魚とメダカにエサをやる。食いつきがいい。今年から頻繁にエサをやりはじめて見違えるように活発になった。

A.M.7:45、食後にスイカ。暑い時期の水分、糖分補給に最適である。以前は朝、起き抜けスイカを食べていた。半月の形にカットして食べる。

A.M.9:00、車で病院。家人の通院に付き添う。もう、付き添うことになって長い。医師より注意事項があるが家人は返事だけよく、実際は従わない。付き添いとしては困るが自分が年老いたら、或いは認知症という病を得たら、やはり従わないと思う。

A.M.10:30、金融機関ふたつに寄る。2週間に一度にしたいがそうもいかない。100年以上住宅に住む者に次々とやってくる修理補修を考える。

A.M、11:00、スーパーへ買い物。二日に一度は出向く。料理レパートリーも簡単には増えないので総菜を買うことが多くなる。総菜と言えば、おいしい総菜店を見つけることは至難の技である、ましてやイナカーナでは・・。

A.M.12:00、昼食は冷やしそばにする。生そばをゆで、冷たいつゆに入れ、その上にネギと鶏肉スライスを乗せる。冷たい鴨南蛮そばといったところか・・。

P.M.1:30、図書館へ。予約していた『星夜航行』(飯嶋和一著)上下巻を借りる。本の厚さ、頁の多さにおののく。この暑さで果たして読めるかどうか・・・。

P.M.2:00,高校野球、甲子園での決勝を見る。今年は近州<飽きたぜ!>の農場高校が決勝まで進んだ。この農業高校のピッチャーが話題だが彼の歯がりっぱで白い。あれはマウスピース?結果は知っての通り、雑草軍団が対戦した精鋭集団の壁はとても高かった。しかし、判官びいきな民の興味は雑草にある。

P.M.3:00,宅急便を受け取る。秋に海外へ行く予定があり、持ち歩くカメラが欲しくなった。24ミリの広角から写せるデジカメなので、建物全体を撮ることができる。愉しみである。

P.M.4:00,家人の散歩に付き添う。途中、家人は神社へ参拝。神社境内で巣の入り口をふさいだアリの巣を見る。ふさいだ小石よりアリが小さく妨害は効かず、アリの通行に支障がなかった。アリと言う利巧な集団。

P.M.6:30,夕飯。焼き魚、煮物、野菜、コロッケで済ます。7時のニュースは欠かせない。その後、ジャカルタでのアジア大会を見た。人ががんばる姿は美しい。そのスポーツに適した体が作られている。水泳選手はいつか人魚か半魚人になる。何故か、ストーリーさえ忘れてしまった阿部公房の『第四間氷期』を思い浮かべた。

P.M.10:00,今日も本は読めず、音楽も聴けない。夏の暑い時期はそんなもの。ビール、ハイボールの消費量だけが増える。

P.M.12:00,就寝。「夏ノ暑サニモ負ケズ」、・・気持ちはわかるが年を重ねるとそう簡単ではない。


| | コメント (0)

2018年8月21日 (火)

夜の訪問者

20180811dscf4782

今年は蝉が大人しい。あまり、うるさく鳴かない。例年なら夜、キッチンの網戸に体当たりしてくる蝉がたくさんいるのだが今年はそんなことがない。蝉も酷暑には弱いのだろう。


| | コメント (0)

2018年8月19日 (日)

メイ・ヨークのブルーベリータルト

20180818_img_20180817_103851

ピーナッツ州へ帰ったメイ・ヨークからメールが届いた。ブルーベリータルトを作ったと言う。酸っぱい実もあるブルーベリーはブッチ家のおやつになった。



| | コメント (0)

2018年8月18日 (土)

ブルーベリーを摘んだ

20180816_dscf4889

20180816dscf4978

20180816dscf4989

アオ太とウナバラは帰省最後の日、庭のブルーベリーを摘んだ。シェフに台を置いてもらい、それに乗ったふたりはブルーベリーの実に懸命に背と手を伸ばした。最初は味見、中には酸っぱいのもあったがそれは自然なこと。ひと粒ひと粒、摘んでは袋へ入れた。懸命に真剣に摘み、言葉が出ないアオ太とウナバラだった。



| | コメント (0)

2018年8月16日 (木)

雨が大雨へ

20180816l1720019

お盆明けで雨になった。午前2時頃、開いている窓を閉めに起きた。朝、締め忘れていた窓があり、窓下の床が水浸しになっていた。そして、大雨になった。池の水が溢れ、金魚だけがうれしそうに池の外を泳いでいる。昨日までの暑さがやわらいだことだけが良かった。

帰省していたブッチ家が帰り、家に静けさが戻る。早朝の廊下をバタバタ走る足音がもう聞けない。



| | コメント (0)

2018年8月12日 (日)

卓球

20180811_dscf4745

ブッチ家が帰省した。帰省の度にアオ太と卓球をする。冬はテーブル、夏は廊下が卓球台となる。小学一年生アオ太は上達し、緩い直球だけで20打以上打ち返しが続けられるようになった。廊下幅は一間あるがそばにガラス戸もあり、変化をつけることはしていない。
わたしもそんなレベルなのでちょうどいい。


| | コメント (0)

2018年8月 9日 (木)

再び、暑くなる

20180808dscf4678

もう、長くかき氷を食べていない。幼い家族がいないからだろうか。あの鼻からツーンとくる冷たい感覚を忘れてしまった。



| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

気温27℃

20180808_dscf4614

昨日、気温が下がり、お盆と客を迎える準備がようやくできた。気温が高かったらきっとできなかった。掃除機をかけ、床を拭いて、クモの巣を払い―と言っても掃除機で吸い込むのだが―床に置かれた数々のものを移動、整理した。

こんなタイミングで、たった一日だけ最高気温が27℃になった。



| | コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

墓掃除

20180801dscf4288

6日、お盆に備えて墓掃除に出向いた。前日の雨で墓石も洗われており、タオルで拭いてもそれほど汚れはなかった。周囲の草を抜き、柄杓で水をかけ、持参した花を飾った。飾ったではなく供えたか・・・。ロウソクを灯し、線香を点け、手を合わせた。

戻ってから、炊いたもち米を半分ほど突いた。小豆あんで食べた。ほどよく甘い。


| | コメント (0)

2018年8月 6日 (月)

猛烈な雨

20180805_dscf4564

猛烈な雨に見舞われた。河川が危険水域を越え、イナカーナの各地で避難勧告が出た。西日本のひと月前の雨による被害が脳裏をよぎった。幸いなことに川から距離がある平野のため被害はなかったが河川の堤防はぎりぎりまで水がきたようだ。

まったく干上がった池の水が一晩で満杯になった。金魚とメダカが生き生きと泳ぎ出した。




| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

スイカ売り

20180801dscf4453

「スイカー、OBANAZAWAのスイカー」とスイカ売りのお父さんが今年も街の中を軽トラックで流していたので呼び止め、中位を2個購入した。

朝昼晩、主食がスイカになったかのように食べる。







| | コメント (0)

2018年8月 4日 (土)

天体望遠鏡

20180803dscf4480

火星大接近で9月まで大きな火星を見ることができる。

そういえば、子どもの頃、親に天体望遠鏡を買ってもらったことがある。子にせがまれた親が買ってきたのが組み立て式望遠鏡だった。実はその親心が良くない結末になる。子どもはヨロコビ、大きな木の三脚に望遠鏡を取り付けた。そして、何度か天体を見た。自然、近い月が多かったと思う。他の星は遠くてよく見えないからね・・。

ある夕方、東の空に上がったばかりの月を見た後、望遠鏡を家に持ち帰る途中のことだ。なにげに傾いた望遠鏡の筒先から大きなレンズがころがり落ち、見事に割れた。たぶん、レンズと筒の留める部分が接着出来ていなかったのだ。組み立て式望遠鏡という親心のかいもなく、子どもは天体への関心を失う。子どもは天文学者の道を目指さなかったわけだ。

依頼、天体望遠鏡をわたしは買っていない。



| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

55個

20180803_55dscf4382

シェフが作った梅干しが55個できた。こんな手間をかけて作っているんだ。



| | コメント (0)

2018年8月 2日 (木)

ついに保冷剤を・・

Dscf4334

冷凍庫から小さな保冷剤を出し、折った手ぬぐいに挟み、頭に巻いた。エアコンのない部屋での対策である。時々、冷やす部分を変える。頭頂部に保冷剤部分を置き、あごの下で手ぬぐいを縛ると、おたふく風邪のようになる。玄関口へ立つ時は外そう。



| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

火星大接近

20180801_dscf4346

次に火星が地球に最接近するのが16年後ということなので、夜何度も外へ出た。月より早く姿を現した火星は赤く大きく、すでに東の空で輝いていた。双眼鏡で覗いたら、ぶれて定まらず赤い線を描いた。

さて、16年後再び火星大接近を見ることができるか?気にかかる地球温暖化は?かかる自然災害に人類はどう対処しているのか?そして、なりよりも火星人の足が8本なのかどうかだ?


| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »