« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

夏だなぁ・・

20180729_l1710879

タイフーンが近づいた時、ゴーストバスターズのような雲がすごく早く流れた。そして今、空は強く晴れ渡り―快晴というらしい―、夏の雲たちは平野周囲の山々に着かず離れず、悠々として輝く。夏だなぁ・・・。






| | コメント (0)

2018年7月30日 (月)

梱包する

20180729_dscf4285

この暑い最中、荷物の梱包に3時間をかけた。中味の重さも大きさもその都度まちまちなので、あーでもない、こーでもないとやるので時間がかかる。汗がダンボールへ何度かしたたり落ちた。受取先が荷物を開けた時の印象を考えてしまうのでこうなってしまう。


| | コメント (0)

2018年7月29日 (日)

ついに・・

20180726l1710845

ついに日中の気温が35℃になる。黙っていても汗が流れた。夏、お盆前後にはこの位の暑さに例年なるのだが、今年は高温なので半月も早い。

昼は麦茶を、夕刻にはビールを・・。



| | コメント (0)

2018年7月28日 (土)

アリにかまれる

20180726l1710859

神社の石灯篭にあいた小さな穴にたくさんのアリが出入りしていた。その小さな穴の前に小指ほどもない石を数個置いた。手を上げたら指の間に小さな茶色の点、その点に痛みを感じて、思わず強い息で点を吹き払った。メガネがなく、よく見えなかったが点ほどの茶色いアリがかみついていたのであった。

果たして、明日、穴の前に置いた小石はどうなっているか通りかかったら見てみよう。



| | コメント (0)

2018年7月27日 (金)

毎日が快晴

20180727_l1710865

快晴で夏盛りのような毎日だ。今日は少し風が出て、タイフーンの影響だろうか・・。夜、外が涼しい。家の中は日中の熱気がまだ抜けていない。月が出ていた。満月が近い。潮位が高いから気をつけるようにテレビが言う。

地球温暖化、科学者の警鐘が生かされていない。



| | コメント (0)

2018年7月26日 (木)

ピカピカの・・

20180708_img_20180708_093809

7月初め、ピーナッツ州ブッチ家へピアノが届いた。このアップライトピアノ、メイ・ヨークが小学生の時に弾いていたものである。届いた翌日、調律師の方が「ピカピカで・・ご実家で大切にされていたんですね!」と言われた。

実は前日、ブッチ家男子3人が懸命にピアノを磨いたとのこと。43歳になったピアノはブッチ家で最高齢でもある。



| | コメント (0)

2018年7月25日 (水)

夕方ビール

20180724_dscf3816

朝からヒグラシが鳴くの聞いた。散歩の途中でもうトンボを見かけた。自転車の女子中学生2名が「こんにちは!」と追い越していった。日が斜めになる午後4時過ぎてから、ようやく庭の掃除をした。かく汗がしょっぱい。片付けた木の枝や大量の葉をゴミ袋に入れた。ゴミ6袋を一輪車へ載せて、州庁舎駐車場を横切った。

シャワーの後、ビールを飲む。このおいしさのために夕方、働いている。


| | コメント (0)

2018年7月23日 (月)

梅干しを干す

20180721_dscf3712_2

ジャムでなくなったと思っていた梅が今、干されている。三日三晩干して出来上がるそうだ。見ていると口の中が酸っぱくなった。数が少ないので、悩んでつまむのをこらえた。



| | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

暑中お見舞い

20180721dscf6033_2

学生時代に8ミリ映画を作るグループを作っていた。幸いなことに、同窓会をやると当時の仲間が集まってくれる。次回は来年。それぞれに時間の経過があり、そんなことを話題にみんなの顔が見たい。

暑中、お見舞い申し上げます。


| | コメント (0)

2018年7月21日 (土)

汗がしょっぱい

20180719_dscf3585

猛暑、酷暑と西日本が過酷である。そこまでいかなくともイナカーナも充分に暑い。庭木の剪定も終盤に入った今日、帽子、ハチマキ、首タオルの完全防備で作業中、口に入った汗がしょっぱかった。休息して麦茶と梅干で、残りの剪定をした。



| | コメント (0)

2018年7月20日 (金)

黄色いトマト

20180719dscf3630

黄色いトマトをくわえたカラスは全力で畑から飛び立った。ウオーキング帰りに庭の畑に足を踏み入れたら、その足音にカラスは気づいたのだった。畑でトマトを食べそこなったカラスはバッタバッタと大きく羽を動かし、落とさないようにしっかりトマトをくわえながら、巣のある隣家の大きな松へ向かった。

一方、カラスの黒いくちばしにくわえられたトマトは自分の育った畑を空から見ることになった。そうか、こんな町の中の、こんな畑だったのか。しかし、80日間世界一周は無理か・・とも思った。

この報告を受けたシェフは実ったトマトの収穫へ向かった。


| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

スイカ号

Securedownload1_3

メイ・ヨークがスイカ好きなのでアオ太、ウナバラも、もちろんスイカ好きになった。そーゆーわけでピーナッツ州ブッチ家の小さな庭を今日もスイカ号は走るのであった。


| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

ちっちゃな時から・・

20180718_dscf3439

メイ・ヨークはわたしが送った贈答用スイカの箱を開けて「ちっちゃい!!」と言った。ちっちゃな時から大きなスイカばかり食べていたメイ・ヨークにとっては自然な感想であった。わたしもそう思う。



| | コメント (0)

2018年7月17日 (火)

難しい

20180627_dscf2514

モミジの剪定が難しい。枝ぶりを考えるか、時間短縮を優先するか。暑さに負けて一気に鋏を入れる。



| | コメント (0)

2018年7月16日 (月)

この暑さの中・・

20180627dscf2495

庭木の剪定をはじめた。床屋へ行けず、すっかり伸びた髪にも似て、すっきりしない毎日だった。梅干しを食べ、冷たい麦茶を飲み、さあ、やるぞ。



| | コメント (0)

2018年7月15日 (日)

気が向いたので・・

20180714_3dscf3343

<さっぱりナムル 3分>

201807143dscf3354

<中華スープ 3分>

20180714dscf3310

<揚げないコロッケ 二人分>

20180714dscf3366

<旨味たっぷり!酢鶏>


気が向いたので料理4品を作った。テレビでコリン星出身の女性タレントが紹介していた。その女性タレントも子を持つ親となって、今やレシピ本まで出していた。段取りがよくなかったので3倍の時間をかけて作った。

中華スープは味が薄くなったが、酢鶏は充分な調味料でおいしくできた。コロッケはいいオーブントースターがなく、いまふたつの出来。ナムルは冷たくしてシャキシャキの歯ごたえ。

こんなふうに料理初心者は苦労しながら作るのであった。



| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

梅雨が明ける

20180709_l1710798

梅雨が明けた。梅雨というほどの雨量ではなかった。日中はまだ30℃だが、シャワーを二度使う。これから、ひたすら耐える夏がはじめる。



| | コメント (0)

2018年7月13日 (金)

フクミミは歩く

20180630l1710754

フクミミは牛歩のようなスピードでほぼ毎日歩く。健康のためだと言う。散歩は決まって午後の4時。夏の熱中症、冬の吹雪にも頓着しない。夏のこの時期、家人から言われてはじめて水を飲む。言われないで飲むのはアルコール。歩き同様にこちらも欠かしたことがない。



| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

記録と記憶

20180630l1710693

最近出席した海坂致道大学の公開講座での演題が『楽しい縮小社会』だった。縮小する社会と減少する人口のこの国でどう楽しく暮らすか・・。講座講師は作家で編集者の女性。谷根千(谷中、根津、千駄木)で地域冊子を長く発行し、30年で住んでいる地域住人へ4000人にインタヴューしたと言う。

民俗学の宮本常一は「記録されないものは記憶されない」と言ったそうだが家族の言葉もうまく残さないと何も残らない。


| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

カジヤのカシヤ

20180630l1710687

朝、車で通りに出たらウンンドウ越しに挨拶をする方がいた。助手席のシェフが言うには「カジヤ、・・カシヤ」という方らしい。意味がわからないので詳しく聞いたら、その方は元鍛冶屋をしていた家を継いでいる方で、今は本業の傍ら貸し屋、つまりアパート経営を副副業にしているのだという。まわりくどい特定だが、長く住んでいるとその家の来歴は語り継がれる。

その鍛冶屋も近くの魚屋、菓子屋、豆腐屋も町内から時代と共に消え、昔賑わった商店街もご覧の有り様になっている。まあ、この国の大半がそんな現状にある。


| | コメント (0)

2018年7月10日 (火)

桃、プラム、あんず

20180709_dscf3292

海坂での用を終え、近郊の山地へ向かった。このあたりは作家、藤沢周平の生まれたあたりになる。田んぼを低い山が囲みこの辺の農家の多くがくだものを作っている。そこの産直で枝豆と果物を買って帰る。

同乗した家人はそんな半日の外出だけで疲れたと言う。果物を冷やそう。



| | コメント (0)

2018年7月 9日 (月)

白バイと走る

20180709_l1710783

海坂へ向かう中、バックミラーを見たら後ろを白バイがついていた。車はわたしの一台だけ、たぶん、白バイは途中の村の脇道でスピード違反しそうな車を狙っていたのだろう。道路は50キロ制限、その時わたしの車は60キロ台半ばのスピード。見晴らしのいいい大きなカーブを下り、普段なら70~80キロはスピードを出していた筈だ。

白バイを確認したわたしは急きょ、アクセルをほんの少し緩めた。車は60キロ台を維持し、ほどなくして白バイは獲物を諦め、次の交差点で進路を変えた。

かろうじて白バイから逃れた。ゴールド免許更新までまだ二年半もあるけどね・・。



| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

雨が空から降れば・・

20180630l1710729

♪雨が空から降れば オモイデは地面にしみこむ

昔、小室等がそんな歌を歌っていた。作詞は別役実。別役実の芝居を見たのは、確か学習院大学での演劇グループが公演した『象』。小劇場演劇がまだ盛んだった頃だった。

500年に一度と言う地震が東日本を襲ったのが2011年。そんなこの国に近年、50年や100年に一度とも言われる大雨が降る。しかも頻繁になっている印象が強い。今、西日本の広い地域で雨の災害に見舞われている。

自然災害が多い。慣れてしまいそうになるくらいに多い。山があり水の豊かな国はますます危険と隣り合わせである。






| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

梅の実をとる

20180707_l1710780

すでに色ずきはじめ梅干しにするには手遅れになった梅の実をとった。全部で60個近くだったから、前日まで落ちていたのを合わせれば100個近い数。シェフは梅ジャムにすると言った。



| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

冷やし中華

20180701_dscf3193

テレビ番組のレポーターがとある家の玄関のインターフォンを鳴らしていた。インターフォンの声に出てきたのが樹木希林であった。最後までインターフォン越したったのでアポなしでひと言が撮りたかったのだろう。面白かったのは本題前の樹木が「(暑いので)冷やし中華を作り食べ終え、今ひと息ついてゆっくりしてましたのに(取材とは)・・・」と樹木。わきまえない時間のレポーターの問いかけだったがそこは樹木、無碍に追い返すことなく、身長190センチの孫のパリコレデビューに答えていた。

樹木に同じく暑かったので冷やし中華を作った。まともな冷やし中華はやはりコンビニのそれよりうまい。


| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

椅子の完成

20180625dscf2468

椅子を組み立てた。組み立ての接続部とその金具はうまく作られていた。最後のネジ留めでがたつきはなくなり、しっかりと繋がった。最後に蜜蝋を木に塗った。

クッションの材質が布なので、夏場は向かない。背もたれが低いので眠るのにも向かない。この向かないふたつを乗り越えられれば長く使える。



| | コメント (0)

2018年7月 4日 (水)

つい足が・・

20180630_l1710711

探検家ウナバラはアリの行列を見つけると、つい足が出て踏みつぶしてしまうのだった。誰が教えたわけでもないが、五歳児の本能が探検家の足を出させるのだろう。



| | コメント (1)

2018年7月 3日 (火)

探検家ウナバラ

20180630l1710722

「たんけんかになる」、将来の夢を五歳児ウナバラは神妙に木札に書いた。海坂神社ご祈祷を終えたウナバラは境内で木札と下げ、記念写真を撮った。これからウナバラは長い年月をかけて探検先を探すことになる。



| | コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

暑くて・・

20180630l1710713

何度も水で顔を洗い、シャワーを浴びる。アイスクリームがみるみる減っていく。



| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

黒ごま寒天の完成

20180701dscf3129

三度目にして、やっと黒ごま寒天の完成を見た。一度目は豆乳に入れた黒ごまがうまく混ざらず失敗し、二度目はうまく混ぜ、冷蔵庫から取り出したら表面が泡立っていて、美しく出来なかった。そして、三度目の正直で完成した。

先月、6月下旬のこと。町の公民館で『男の厨房』という催しがあり、その時のデザートにあったのが<黒ごま寒天>だった。料理を5人のチームで作ったため、誰がいつ作ったかわからないまま、試食に出てきた。

実際に自分で作ってみないとわからない。味はその後についてくる。冷蔵庫で冷やして夕飯のデザートとした。









| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »