« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

芍薬

20180530_dscf1128

シェフの庭に芍薬が咲いた。立てば芍薬、座れば牡丹の芍薬である。シェフ一人で面倒を見るには広すぎる庭なので、もう何年も前に相棒である牡丹は育てることを止めた。花瓶はよく使う花瓶だが、その青がとてもよく似合う。



| | コメント (0)

2018年5月30日 (水)

ここだよ!

20180529l1710358

20180529l1710358_5

約一年ぶりでミミズクを見かけた。場所は公園ではなく神社の木。前日は離れた高い枝に子ミミズクが二羽並んでいた。朝から大きなレンズを三脚に取り付けた方がいたので、「そうか、今年も来たか!」と探した。

食事を終えて休んでいるのか、時々眠っているようにも見える。起きていると下を動く人に合わせて首を動かす。


 

| | コメント (0)

2018年5月29日 (火)

暑い

20180528_dscf0612

暑い!外が28℃になる。家の中は25℃だがそれでも暑い。必要のないものを整理しているのだが、進まない。



| | コメント (0)

2018年5月28日 (月)

花の五月

20180526_dscf0412

庭の花が咲いては終り、花の五月は生命が溢れた。ひとつさびしかったのは部屋の窓からすぐの木の洞に今年は鳥が巣作り(子育て)をしなかったことだ。今年はどこで雛を育てたのか・・。この快適な時期は人も過ごしやすい。



| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

カッコが鳴く

20180525l1710276

今朝、ウォーキングの途中にカッコウが鳴いた。♪起きちゃいかがとカッコが鳴く♪と言われてももう起きている。今年、畑をやることにしたシェフもカッコウの声を聞いて、ニンジンの種を蒔いた。



| | コメント (0)

2018年5月25日 (金)

日曜の午後6時30分・・

20180525dscf0339

子どもの頃のこと、日曜の午後630分、『シャボン玉ホリデー』というバラエティ番組があった。アメリカのテレビ番組のようなスタイルで歌、踊り、コントが盛り込まれた番組だった。そんな番組の最後、ふたごのデュエット歌手、ザ・ピーナッツがJAZZの名曲『スターダスト』を歌いはじめる。歌の間奏、ふたりの間へハナ肇(クレージーキャッツのリーダー)が入り、的外れなことを言う。すると、すかさずザ・ピーナッツふたりからハナのお腹あたりへ肘鉄が入り、ハナは目をまるくして去る。ザ・ピーナッツは何事もなかったように『スターダスト』の続きを歌い、番組は終わる。毎回終りはこのパターン。植木等の「お呼びでない、こりゃまた失礼いたしした!」もこの番組から生まれた。

そのザ・ピーナッツが歌った選りすぐりの曲がLPレコード『THE PEANUTS The FistDecade19591967』としてS社からこの5月に発売された。ふたりの歌声があまりにすばらしいので、毎夜聴くことになった。『恋のバカンス』、『ウナ・セラ・ディ東京』、『銀色の道』といった記憶に残っている曲もいいが、最初の『可愛い花』、『情熱の花』はモノラルのエネルギーが歌声とサックスに感じられる。

毎夜聴くとアルコールが入る夜もある。A面からB面へのかけ替え、両手の平でクルリとレコードを返すのだがこのレコード、180gもあり重い、2度床へ転がることになった。慌てて拾い上げると盤面に大きくスレができ、「やってもうた」と思わず口にした。気分はシャボン玉ホリデーからショボン玉ホリデーに・・・。

そこで、もう1枚、同じレコードを注文したところである。それほど今回のレコード、ザ・ピーナッツの歌声、時代の音がいい。


 

 

| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

メイ・ヨークの30年物・・

20180524_dscf0300

普段使いの机が壊れた。メイ・ヨークが小学生の時に買った勉強机だったので、30年物にはなる。ワインならともかく合板で作られた30年物の机である。見えない部分に圧縮チップのようなものを使っており経年でもろくも折れた。無垢材だったら今でも使えた筈だが・・。

そうこうしてたら、片付かなくなった。床の上のパソコンまわりが筆記具、シェーバー、目薬、ローション、紙紙紙で散乱状態になった。限界だあ!

というわけで、机机していないテーブルのような大きめのデスクを求めた。深夜まで取り組む勉強も今は必要ないので、パソコンと本と耳かきと爪切りが置ければいい。

早く届かないかと指を折る。


| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

tutuji

20180521l1710139

もうじき、躑躅の花が終りを迎える。と言うことから庭木の剪定に取りかかろう。今年も花の咲く木はなるべく刈り込みが過ぎないように・・・ね。



| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

快晴につき・・

20180522_l1710231

昨日に引き続き、空が快晴になる。遠くの山もはっきり見え、新緑と来れば車で出かけない手はない。と言うわけで車のハンドルを握り、ドライブがてらソフトクリームを食べに行った。ソフトクリームがある産直まで片道30分もかかった。

思えば最初にイタリアへ出かけたのが12年前。秋、夕暮れのローマ市内、ジェラートがあるバルのドアを開けるのに30分かかったことがある。いや、40分だったか・・。旅行では一人旅、言葉も話せず、バルの中のジェラートの買い方がわからなかったのであった。ガラス越しにジェラートを眺めていたな。困ってはじめて、その国の、その街の、その店のやり方を知る。

ソフトクリームに30分、ジェラートに40分、次の旅行では何に時間をかけよう、困ろうか・・な。




| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

虫よけ

20180520_dscf9988

長澤まさみの濃い演技に誘われ、虫よけを玄関と裏玄関に下げた。両玄関共、開いていることが多々あり、長澤虫よけに頼ってしまった。さて、虫の家屋侵入は減少するものかどうか・・。



| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

ようやく晴れた・・

20180520dscf9838_2

雨が多かったがようやく晴れた。イナカーナの田植えも終りを迎え、平野一面が水をたたえた。そういえば、以前この季節に来たピアニストは水にちなんだドビュッシーの曲をプログラムに組んでいた。水が入ればカエルが鳴きはじめる。次に来た時、同ピアニストはどのようにカエルに絡むのか思案することになる・・・。





| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »