« 時間調整 同窓会篇⑩ | トップページ | 通り抜けてみた 同窓会篇⑧ »

2017年12月 8日 (金)

ゆっくり、走らないで、前にお進みください 同窓会篇⑨

20171204dscf1334

2日前の同窓会の席、「どっか行くの、寄るの?」と問われた私は「明日、銀ノ座で高級パフェを食べ、あさってはいつもテレビで見るだけの皇居でも見るつもり」と答えた。すると幹事M氏が「皇居なら通り抜けを見れば?」とあった。

そーゆーわけで帰る日の午前9時15分、私は<皇居乾通り一般公開>を見るため皇居へ足を向けた。いわゆる、“皇居の通り抜け”である。東ノ都駅から真正面の皇居広場へ入ると、皇居へ向かい大きく左へまわる。途中、警察官が車の上から「ゆっくり、走らないで、前にお進みください」とマイクで声がかかった。

その先に仮設テントが設けられており、バッグなどの荷物と身体検査が行われた。その脇には精悍な顔つきのシェパード犬が控えていた。通過後、整然とロードコーンが並ぶ坂下門に並ぶと、入場整理ゲートが4つ。ひとゲート、1,000人位は入るかなと見た。私が並んだのはふたゲート目の前から三分の一位の位置。そのまま開門時間の10時を待った。

20171204dscf1335

10時になり坂下門が開門し、入場者の列が進みだした。そういえば・・、新年の一般参賀もこんな感じだと思いながらゾロゾロ団のひとりとなった。“皇居の通り抜け”はこのようにしてはじまる。


|

« 時間調整 同窓会篇⑩ | トップページ | 通り抜けてみた 同窓会篇⑧ »

⑧筆者 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間調整 同窓会篇⑩ | トップページ | 通り抜けてみた 同窓会篇⑧ »