« 通り抜けてみた 同窓会篇⑧ | トップページ | 風邪をひいた »

2017年12月10日 (日)

大黒さまへ

20171205_dscf1583

ずっと空が曇り、雪落としの雷が轟くと海にハタハタがやってくる。

20171209dscf1702

12月9日、イナカーナの家々は七福神の一人である『大黒さま』をお迎えするお歳夜をした。お膳に左下から黒豆入りご飯、黒豆とタイコンの酢の物、ナットウ汁、数の子、香の物、焼き豆腐の田楽、ハタハタの田楽が供えられた。ちなみにお膳は大黒さまが召し上がれるように神棚へ正面が向くように置く。

深夜、お膳を前にした大黒さまはひげを撫でながら供えられた品々を眺めまわした。そしておもむろに箸袋を手にすると木箸をするりと取り出した。大黒さまのことだから「今年はどれから食べよかな・・・?」なんて、迷い箸なんてしない、しない。


|

« 通り抜けてみた 同窓会篇⑧ | トップページ | 風邪をひいた »

④ フクミミ家 食卓の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通り抜けてみた 同窓会篇⑧ | トップページ | 風邪をひいた »