« 平野 | トップページ | フォノイコライザーの導入 »

2017年3月14日 (火)

商売

201703103dscf1047

髙田郁の『あきない世傳 金と銀』も三作目奔流篇となった。大坂の呉服商へ父を亡くし幼くして奉公にあがった幸の苦難の物語。まあ、その苦難を後添えとして、女子としてどう乗り切ってゆくかが見せどころ、読みどころである。

このシリーズ、商いがどういうものであるのかを改めて教えてくれる。



|

« 平野 | トップページ | フォノイコライザーの導入 »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平野 | トップページ | フォノイコライザーの導入 »