« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

焼納祭へ

20161226l1660652

大晦日を迎えた朝、アオ太とウナバラは片手に紙袋を持って近くの神社へ出かけた。紙袋の中には一年間、神棚に祀られた飾り物と人型の御札が入っている。御札は紙袋に入れる前、体の痛みと穢れを取るために家族それぞれから「ハアーッ」息を吹きかけられた。

神社裏には火が焚かれ、アオ太とウナバラの手を離れた御札の袋はすぐに炎の中へ放り込まれた。「少し前は、たくさんの御札類で炎が大きく上がった」と担当者から話があった。あっという間に焼かれた御札は2016年の役目を充分に果たし、煙となって空へと消えた。

あっけなく焼かれた御札にアオ太もウナバラも感想を言葉にする間もなかった。


| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

お年玉の作製

20161230_dscf9240

アオ太とウナバラへの正月用お年玉を作る。いい袋がなかったので写真をプリントしてその中に紙幣を入れた。渡すまで隠しておかねばならない。



| | コメント (0)

2016年12月29日 (木)

到着

20161226_l1660680

アオ太とウナバラがやってきた。一気に賑やかになり、部屋まで明るくなる。さあ、お正月はどうなることやら・・・。



| | コメント (0)

2016年12月28日 (水)

最後に残る

20161216_dscf8603

神棚の飾り物を新しいものへ変えた。来年のカレンダー類も準備した。最後にふたつ残ったものがある。自室の片づけと年賀状である。今年の年末もこのパターンとなった。


| | コメント (0)

2016年12月27日 (火)

三角山

20161226_2

海坂近郊への届けものの帰り、三角山に最接近する。遠くからだともっといい形の三角になる。ここで未確認飛行物体を見かけたことがないので、この山には基地はないと推測される。



| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

月ノ山

20161226_l1660707

御礼と書いた日本酒を2本、車のトランクに入れて海坂郊外へ走った。そのあたりは作家、藤沢周平が生まれた土地に近い。灰色の空の下に月ノ山が見えた。


| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

So this is Xmas

20161225_dscf8861

「今年もサンタ来なかったな・・」、大人になるとそんなものである。




| | コメント (0)

2016年12月24日 (土)

White Christmas

20161223dscf9057

ウィリアムス浩子のアルバム『My Room for Christmas」を毎日のように聴いている。<White Christmas>からはじまるこのアルバム、選曲がとてもいい。スタンダード以外に教会の讃美歌からも取り上げている。教会併設の幼稚園に通っていたというウィリアムス浩子にとって、幼い頃に身近に讃美歌があったようだ。

それにつけても世界。ドイツではクリスマスマーケットにトラックが突っ込み、多くの死傷者を出した。長く続くシリア内戦、アレッポでは「誰も助けの手を差し伸べてくれない」と若い女性が惨状を訴える。エジプトのコプト教会でも最近、襲撃があった。

そういえば10年前、観光客であるわたしもカイロのこの教会を訪ねたことがある。質素な教会内部、同様に素朴なスレンドグラスからの淡い光が印象に残っている。宿泊したエジプトのホテルのロビーにもクリスマスツリーが飾られていた。雪のない暑い国にもクリスマスはあり、トナカイに乗ったサンタがプレゼントを積んでやってくる。










| | コメント (0)

2016年12月23日 (金)

掃除疲れ・・

20161130dscf7281

年末の大掃除で疲れてしまい、ダラダラとボンヤリと過ごす。CDを3枚かけたが半分以上は寝てしまう。明日は予約したクリスマスケーキをもらいに行こう。



| | コメント (0)

2016年12月22日 (木)

大掃除 床編

20161222_l1660622

床と廊下へ最初に掃除機をかけた。次に水拭きをし、乾いたあたりでワックス。最後にもう一度、掃除機をかけた。

それにしても、敵は京壁。壁の表面の砂状の粒が経年のため、廊下へ毎日のように落ちる。
以前、水で薄めた糊を吹き付けたこともあったが効果がなかった。時期を見て、壁紙を貼ろう。



| | コメント (0)

2016年12月21日 (水)

掃除の合い間に・・

20161206dscf8025

大掃除の最中にドイツから荷物が届いた。Isophonのオーバル型ユニットである。先月、求めたTELEFUNKENの長木箱スピーカーシステム、暖かくライブによさそうな音を出したがどうもバランスが良くない。

中を開けてみたら、片方のウーファーがひと回り小さいものに交換されていた。交換されてから随分経つのだろう。ホコリや木くず、クモの糸が少々あった。そーゆー商品を「完璧!これ以上ない状態のヴィンテージだぜ」と販売するのだから、こういうことになる。そこで販売先にはクレームを、と同時に本来のウーファーも捜し求め購入をした。

キャビネットを掃除、補修してひと月。ユニットが届き、交換し、配線に半田ごてを握った。やりかけていた大掃除はどこへやら・・・となった。



| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

大掃除一日目

20161216_dscf8680

天井に掃除機をかける。老眼はホコリがよく見えない。上を見上げていると時々、口が開いていたりする。あわてて口を閉じる。逃げようとするクモを掃除機で吸い込む。

脚立に上って桟や柱などよく絞ったタオルで水拭きにする。古い家屋は本当は乾拭きがいいのだが、水拭きだとより掃除をした気になる。汚れたタオルを何度も洗う。畳に掃除機をかける。畳を拭く。再び、掃除機をかける。

寒くなる前にすばやく済まそうーッと・・・。



| | コメント (0)

2016年12月19日 (月)

大掃除をはじめる

20161205dscf8284

くもり空だが気温が少しだけ上がった。そこで大掃除をはじめることにした。例年、畳から掃除をしてしまっていたが今年は天井から手掛けよう。



| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

性格がいい

20161218_kspdscf8728

ようやくスピーカーが完成した。色は明るいオーク。それにしても塗装は難しい。ネットで実際にやっている方や塗料メーカーの説明を参考にしたが思い描いた完成度は望むべくもない。

音はユニットが元々モニターにも使われていたせいか、クセがない。屈託なく鳴り、キャビネットの作りのせいか明るい。女性ボーカルが皆、性格が良く素直になったかのよう・・。内部配線にベルデンのケーブルを使ったが、ケーブルを変えれば音も変えられる。

音を出し始めて10日間。ますます性格が良くなってきた。



| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

ヘニング・マンケル『流砂』

20161216dscf8650

ヘニング・マンケルの『流砂』(東京創元社)を読んだ。今年の10月に刊行されたこの本は小説ではなく、2014年のマンケル自身の闘病記である。がんの告知を受けたマンケルが治療を受けながら、この病気にどう考え対応し、そこから半生に強い印象を残した記憶を辿り、追憶にとどまらない示唆に富んだ内容になっている。

今年図書館で借りたマンケルの『北京から来た男』(東京創元社、上下巻、2014年刊)がミステリー小説の枠を超えるような社会小説になっており、その中に登場する中国人がアメリカで味わう苦難が見事な描写だった。これは凄いと次に読んだのがマンケルの『殺人者の顔』(創元推理文庫)だった。マンケルはこの作品から刑事ヴァランダーを登場させ、彼の代表作のシリーズになる。

マンケルが遺した『流砂』を読むと、作者がどういう風に自身をそして世界を見ていたのかがわかる。マンケルは人が生きる上で実に哀しみがわかる作家だった。




| | コメント (0)

2016年12月16日 (金)

朝のラジオ

20161216_6dscf8627

目覚めると手を伸ばしてラジオのスイッチを入れる。NHK第一だが、朝4時代はいい話を聞くことが多い。それぞれの分野で地道に活動されている方々の話にはいつも感心させられる。

今週末まで天気が思わしくない。今日は午後から冬の嵐のような天候になった。大掃除は来週からはじめよう。


| | コメント (0)

2016年12月15日 (木)

大掃除へ向けて

20161207_l1660442

床拭き、畳拭き、ワックス、汚れ取りなど掃除用品を買いにいった。後は天気のいい日を待つ。光が射さないとホコリも汚れもよく見えない。


| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

キャビネットの完成

20161206_dscf8335

求めたスピーカーキャビネットの塗装が思うようにならなかった。ニスの選択がそもそも良くなかったのか、寒い時期で塗料の粘度と乾燥に問題があったのか、それとも筆者の技術力のなさからか、キャビネット塗装は遅々として進まなかった。

このままでは年内完成がおぼつかなかったので、これ以上の塗装は諦めた。キャビネットにダクトとターミナルを取り付け、ユニット用の穴をドリルで開けた。次にキャビネットの内部寸法に合わせた型紙を切り、吸音材をカットし内部へ貼った。最後にターミナルからユニットへのケーブル配線をした。

こうして、二日がかりでキャビネットを仕上げた。ふぅーーッと。




| | コメント (0)

2016年12月12日 (月)

朝のガリガリ

20161211l1660546

固まり凍った雪を通勤の車がガリガリ踏んで、朝が来た。

今日は一日かけて整理するものの梱包をする予定。送った先が箱を開けた時、ガッカリしないようにきれいに包む。だから、時間がかかるのである。


| | コメント (0)

2016年12月11日 (日)

頬が冷たい、顔が寒い

20161211l1660547

朝は5時、目を醒ますと頬が冷たく顔が寒かった。見ないでも外に雪の気配がした。来るものが来ないと落ち着かない。久しぶりにラジオ体操をやろう。カーテンを開けよう。



| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

きのうの半月、おとといのミミズク

20161208l1660496

「どこだぁー?」
「ここだよ」

20161208l1660477

この冬もミミズクが公園にやってきた。公園管理の方から教えてもらって、やっとミミズクを発見。二匹いたとの話だったがこの時は一匹だけで、見上げる場所を筆者が変えるとミミズクはその度に首を動かし、じっと見つめ返した。



| | コメント (0)

2016年12月 9日 (金)

大黒さま

20161209_dscf8429

シェフが大黒さまへお膳をふたつ上げた。大黒さまのメニューは
・ハタハタの田楽
・豆腐の味噌田楽
・黒豆のナマス
・黒豆ご飯
・納豆汁
・サラダ
になる。他にデザートとして黄な粉味のオコシ(御越し?)が供えられた。大黒さまがお膳で充分召し上がれた後、わたしたちもいただくことになる。

イナカーナにおける大黒さまというのは『大黒様のお歳夜』と呼ばれ、毎年12月9日の夜に行われ、ハタハタの田楽をメインデッシュとして食べる習わしである。卵を抱えたハタハタや黒豆を食べることで豊作、子孫繁栄を祝う。ちなみに大黒さまは次のようなお顔とお姿をしておられる八百万の神様の中の御一人。

20161209_dscf8107

以上。



| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

朝のキラキラ

20161208_l1660504

昨日から積もらない雪が降る。今朝、光が射したキラキラの世界を歩く。今日は中途半端にしていた製作物を完成してしまおうと決心する。



| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

荒れる

20161203_dscf7881

風が強くなり木々が揺れる。雹がトタン屋根を叩く。時おり雪も飛ぶ。午後四時を過ぎたら夜のように暗い。・・室内ではゴーーーッと石油ストーブの風切り音が間断なく続いている。



| | コメント (0)

2016年12月 5日 (月)

ヒジオール川

20161203_dscf7980

温泉ヒジオールのそば屋「めでてエ」の前にはヒジオール川が流れる。川向うには温泉の旅館街、山と川に挟まれた建物は狭い土地から高層となった。以前当ブログにも書いたがヒジオールは日が射す時間が少ないイタリア地方都市の旧市街のような景観になっている。

この温泉は真っ暗な洞窟風呂で知られている
が、筆者一行の目的はそばなのでいつも入浴する機会がない。いつか湯治ということもして見たいがいつのことになるやら・・・。



| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

屋根に上って

20161204_l1660422

いい天気が今日も続いたので屋根に上って半日かけ松葉を掃除した。車庫の瓦屋根は勾配が緩いので、移動しながら松葉を拾うことができる。そして、雪止めに引っかかった松葉、これが大変。松葉はこの雪止めに留まるために生まれてきたかのようである。

疲れて栄養ドリンクを飲んだ。



| | コメント (0)

2016年12月 3日 (土)

ヒジオールの赤い橋

20161203_dscf8014

天気が良かったので温泉ヒジオールへ出かけた。イナカーナからは一時間と少しの距離、半分は曲がりくねった山道になる。途中の山々はすっかり葉が落ち、木々は茶色い裸の状態。

ヒジオールへ入るにはロータリー状の赤い橋を通る。その手前から温泉ヒジオールの全景を見渡すことができる。何年か前、この坂道が崖崩れで、半年も通行できなくなった。その間、ヒジオールへは対斜面、車がやっと通れる道幅の山道を利用したことがあった。そうこうして、やっとできたのがこの赤い橋である。

秋から今までどこへも出かけず家周りの片づけばかりだったので、数か月ぶりの遠出になった。目的は新そばであった。



 

| | コメント (0)

2016年12月 2日 (金)

風が吹いた

20161130_l1660376

風の強かった夜が明けて、州庁舎駐車場では朝から箒の音がした。駐車場には風で飛ばされた葉が散乱し、竹ぼうきが活躍。ザーッ、ザーッが「掃いてますよ」に聞こえた。



| | コメント (0)

2016年12月 1日 (木)

浮くボード

20161130_dscf7713

CDプレーヤーとターンテーブル用に浮くボードを入れてみた。四隅に磁石が入っており、S極とN極の反発を利用して空中に浮く仕組み。回転系に良さそうだとして導入した。ちなみにスピーカーボードもバネで浮かせている。

設置する前に厳密に聴いていないので、こんなものかなという感じ。



| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »