« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

冬の花

20161125l1660311

冬、たまに東ノ都へゆくと神田の古書街へ足を延ばす。御茶ノ水からぶらぶらと坂を下り、山の手ホテルを左に見、その先で「こんなビルのような大学は苦手だな」と某大学を見上げる。やがて神保町交差点に差しかかると、この辺の昼時はいつもカレーの匂いと思いながら一度もここいらではカレーを食べたことがなかった。

古本屋を何軒か見ると裏通りの喫茶店へ。その喫茶店ではいつも一番奥のテーブルへ。前回初めて気づいたのが店のレンガの壁に埋め込まれたスピーカー。アルテックだったろうか・・。珈琲を飲みながら自分の靴の写真を撮り、歩いた労をねぎらう。さて、夕方までどう時間を過ごそうか・・・。

喫茶店を出ると山茶花。雪のない都会の夕方にも似合う花であった。


| | コメント (0)

2016年11月29日 (火)

暗い日

20161127_l1660364

天気予報ではイナカーナの真上や周囲に雪マークが出るが、当地にはなかなか出ない。雪降れダンスでもしようか・・・な。



 

| | コメント (0)

2016年11月28日 (月)

なかなか雪にならない

20161128_l1660367

家の外回りはほぼ片付いたので一安心。雨が多いので日中は暗い。そう、雪の明るさが欲しい。


| | コメント (0)

2016年11月27日 (日)

LIVE AT WEMBLEY

20161125dscf7683

先日届いたベビーメタルのDVD『LIVE AT WEMBLEY』を見た。DVDは相変わらずパッケージも内容も最小限、特典映像さえない作りだが要は彼女たちのパフォーマンスこそ見てくれればいいということなのだろう。

ベビーメタルの世界ライブツアーはヘビメタの本場を意識しているのかイギリスが一番多いようだ。今年になってようやく武道館に次ぐ規模のステージがウエンブリーでも実現した。野外での海外コンサートはどうしても散漫になるが、ホールだと集中感が増す。彼女たちが駆け回れるステージは広く、ホール中央まで伸びる円形ステージもあり、階段は3ヵ所、加えてステージ周りの炎も、照明も一段とスケールアップ。最後はスーメタルのドラで締めた(昔の状況劇場みたい!)。

もう、2度見たが彼女たちの歌とダンスには魅せられる。最初の頃の新鮮さは薄れたがステージング、曲とダンスが公演という経験で深化したのだろう。なによりも、彼女たちの表情に充実、達成感を感じた。保護者になったような気分になる。


| | コメント (0)

2016年11月26日 (土)

最後の・・

20161126l1660344_2

今年最後の落ち葉掃除を終えた。落ち葉掃除はこれで5回目になる。やはり、最後は手による熊手作戦。庭の岩や草の下に入りこんだ落ち葉を掻き集めた。ふぅー、疲れた。

届いたばかりのベビーメタル海外公演のDVDでも見よう。



| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

朝焼け

20161125dscf7647

肩口が寒いと思いながら朝を迎えた。太陽が顔を出す前、朝焼けになった。

学生時代、『サンダカン八番娼館 望郷』(1974年)という映画を見た。原作がノンフィクション作家の山崎朋子さん、監督は熊井啓。九州から南の島へ渡ったからゆきさんを題材とした映画で栗原小巻がからゆきさんを調査する研究者に扮し、訪ねた元からゆきさんを演じたのが田中絹代だった。からゆきさんだった老婆は朝、起きると廃屋のような住まいから外に出て真っ先に出たばかりの太陽を拝み、礼の言葉を言った。その田中の姿と言葉がこの映画で最も印象が深かった。

そんなことを思い出しながら、寒い一日を過ごした。








| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

そして今は・・

20161110_dscf6541_2

高校生の冬、雪の時期に遠くから長靴で電車通学する生徒を見て内心「なんてかっこ悪いのだろう」と思っていた。その時、ボクはブーツで通学をしていた。

そして今は・・冬への準備にかかせないのが長靴である。履いてみてはじめてわかる長靴の素晴らしさ。汚して汚して汚して、洗って洗って洗って、泥と戯れる。


| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

輝き

20161118_dscf7160

晩秋から初冬にしっかり輝いた庭のモミジ。今年はどこへも紅葉見物に出かけなかった。その代わり、庭仕事の最中に何度も空を見上げた。



| | コメント (0)

2016年11月22日 (火)

朝の地震

20161118_l1660207

朝、6時前に地震があった。家屋がミシミシ言うのを聞き、感じながらベッドから出ようかどうか迷う内に地震は収まった。イナカーナの震度は3、ラジオでは福島が震源と伝えた。

津波が予報の高さより低く、被害が少なくて良かった。



| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

モミジという風流

20161120_dscf7266

今日もモミジという風流を片付けた。コンテナに長靴で押し込んで、4個分。雪になるまで作業は続く。



| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

紅葉ゴジラ

20161118dscf7074

落ち葉掃除が終わらない。集めても集めても次々と葉が舞い落ちる。そんな時間、時々空を見上げる。

見上げると言えば「夜空見上げりゃ、星ふたつ、パック・イン・ミュージック・・」というフレーズで記憶に残る深夜ラジオがあった。好んで聴いていたその番組の本が出たようなので買いにいこう。


| | コメント (0)

2016年11月19日 (土)

あなたはどっち?

20161117l1660178

モミジとカエデ、植物分類上は区別がないという。園芸や盆栽ではその形から区別しているという。例えば葉の切れ込みが多く、深いものがモミジで切れ込みが浅いものをカエデ。また、秋の紅葉に真っ赤になるのをモミジとも・・・。

先日、テレビで宮崎アニメ『トトロ』をやっていた。昼寝中のトトロのお腹の上でメイがトトロにたずねた「あなたはだあれ?」。それと同じようにモミジやカエデに「あなたはどっち?」と言いたくなる。

雨になった。濡れた落ち葉は掃除ができない。できないというよりはしない。


| | コメント (0)

2016年11月18日 (金)

4回目の・・

20161118l1660220

天気が崩れる前に一日かけて4回目の落ち葉掃除をする。初冬の日射しを受けてモミジが赤く燃えている。モミジが散ったら最後の落ち葉掃除をしよう。おっと、年賀状をまだ全然考えていない。



| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

スコーン

20161117_dscf6881

メイ・ヨークからスコーンが届いた。正確に言えば“メイ・ヨークが手作りした、作りたてのスコーン”が送られてきた。ジャムと珈琲、それにアオ太とウナバラが描いた絵まで付いてきた。
いい一日になった。



| | コメント (0)

2016年11月16日 (水)

まだ、準備が終わらない

20161112dscf6647

まだ、冬の準備が終わらない。いい天気が二三日欲しいところだ。これをして、あれも片付けて、年末の大掃除も早くしたい。



| | コメント (0)

2016年11月15日 (火)

塗装の途中

20161114_dscf6748

ようやく、スピーカーキャビネットの塗装をはじめた。冬支度の合い間にやるので天気を見ながらの作業になる。何度かオイルスティンを塗り重ね、「こんな感じかな?」で止め、次に透明ニスを希釈せずに塗ったらキャビネットの縁にダマ(液ダレ)が出来た。果たしてこのダマ、紙ヤスリでうまく落とせるものか・・。

夏目漱石の『草枕「』ではないが、トカク塗装ハ難シイ。


| | コメント (0)

2016年11月14日 (月)

黄色から赤へ

20161114dscf6793

天気が良かったので一日かけて冬用のパイプ車庫を建て、車のタイヤをスタッドレスにした。外の作業もいい空のおかげで気持ちがいい。タイヤを交換した頃にはすでに暗く、手もとが見えない。

そうこうしている内に月が上がってきた。大きな月も眺めた。




| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

予防接種

20161103_l1650664

今年もインフルエンザの予防接種を受けた。町医者の診察室は人で溢れ、受付の女性は寄せてくる人波に次々と対応した。

「冬のはじめはいい波が来るねえ」なんてとても言えず、待合い室の椅子に座り、中勘助の『銀の匙』を大人しく読んだ。






| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

誘われて

20161109l1650920_2

山に街に銀杏の黄色が光を浴びて輝いている。誘われて銀杏の実を拾った。先客にほとんど拾われていたので場所を変えて拾った。帰宅し、雨どいのない軒下に拾ってきた実を置く。これからは冷たい雨が中の実を取り出す役目を果たす。

冬、焼くかレンジに入れて酒のサカナにしよう。


| | コメント (0)

2016年11月11日 (金)

初アラレ

20161109l1650861

そういえば、一昨日、アラレが降った。犬はヨロコビ庭駆け回り、わたしは炬燵でミステリーを読んだ。読んだミステリーは桜木紫乃・著『氷の轍』。柴咲コウ主演で先日ドラマがあり、光のない冬の撮影はとても暗く、小説もドラマも内容にぴったりということか・・。






| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

毎日柿を・・

20161119dscf6590

毎日柿を食べている。当家の柿の木はずいぶん前に無くなったが隣りの元消防署にも柿があり、その隣りにも柿の実がたわわに実っている。文字通り隣りの柿だらけである。

柿は固いのがいい。カリッと齧れる固いのが・・。






| | コメント (0)

2016年11月 9日 (水)

燃える・・

20161108_dscf6461

寒気が下りてきそうになったら、周囲の赤が一気に進んだ。後は日の光りを浴びたり、風に逆らったり、冬へますます近づくことになる。


| | コメント (0)

2016年11月 8日 (火)

冬準備

20161108

午後から雨になり、庭木の冬対応を中止した。明日、山は雪の予報。


| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

窓から忍びこむ

20161103_dscf5894

今夜は海坂へ今年度の海坂大学クロージング講座に出かける予定である。家の玄関に鍵がかけられても入れるように、部屋の窓に鍵をかけないでおく。





| | コメント (0)

2016年11月 5日 (土)

見上げる

20161103dscf5878

終わりそうな紅葉を気にしながら庭の掃除をする。出かけられないのは残念だが天気がいいと働いていても気持ちがいい。今日も落ち葉を集めて日は暮れてゆく。



| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

ユニットのむし布包み

20161103dscf6005

ドイツの古いスピーカーユニットだがよく布で包まれているのを目にする。音対策なのか、ホコリ対策なのか、それとも両方なのか・・。そこで、せいろや蒸し器に敷く布があったので試してみることにした。素材は棉100パーセント、「ご使用前はお湯でよく手洗いしてください」とあった。

洗う、洗わない、音は変わる?




| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

陽も射した

20161103_dscf5818

雨の一日になったが風も少しあり、早い流れの雲の隙間から陽も射した。外での片づけ仕事が出来ずに室内で過ごす。静かに自然が変化していく様を窓から眺めた。



| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

梯子を上って

20161102_l1650608

冬が早いというので梯子を屋根にかけ、雨どいの掃除をする。屋根片側の雨どいは松葉と桐の葉と泥で溢れるほどに詰まっていた。鳴き声を聞いて上を見るとハクチョウが一羽飛んでいった。たぶん、仲間のいる田んぼへ向かうのだろう。

地下足袋を履きヘルメットを被って、雨どいはやはり手が一番だなと思いながら掃除をした。




| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

部屋に炬燵を

20161101_l1650512

寒くなり部屋に炬燵を出した。これで、ぬくぬくと本が読める。外は冷たい風が吹いている。モミジの葉も寒そうに揺れている。



| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »