« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

役目

20160831_l1640584

タイーフーンが過ぎても暑さが続く。・・セミの鳴き声が聞こえなくなった。この夏もセミは役目を果たした。短い夏を精一杯、セミは鳴き尽くした。


| | コメント (0)

2016年8月30日 (火)

雨と風

20160623_dscf6729

タイフーンで暴風警報が出た。おとなしく、読書することにした。



| | コメント (0)

2016年8月29日 (月)

読書の再開

20160828_dscf0470

読書をようやく再開した。『あきない世傳 金と銀二』(髙田郁・著 角川春樹事務所)は広告を見てすぐに買いに走った。この作者は『みおつくし料理帖』が初めだったが、どの作品も時代という制約の下で懸命に生きる女性を描く。

今回の『あきない世傳』は呉服屋が舞台。女衆として奉公に入った幸が阿保ぼんの三代目に嫁ぎ、次第に<あきない>に関わっていく。情報が少なく、また世間も狭い時代、世の流行りや仕事の基本は自ら気づき、考え、自分のものにしていかなければならない。ましてや、幸は女である。その制約はいくらでもある。

そういえば、昔『細うで繁盛記』(古いネ)というテレビドラマがあった。駄目な旦那や意地の悪い小姑、乗り越える難儀が険しいほどヒロインは強くなる仕組み。パターンのひとつ。

<あきない>とはどういうものなのかを作者・髙田は幸を通して教えてくれる。つまり、勉強になるのである。





| | コメント (0)

2016年8月28日 (日)

再び、タイフーンが

20160828_l1640574

再び、ターフーンがやってくると言う。今度のは中心気圧が低く、前回より強烈だそうだ。すでの外は風が強くなりつつある。万全とはいかないが備えをしよう。


| | コメント (0)

2016年8月27日 (土)

テレサ10

7_dscf8698

今日だけ平年の9月下旬の気温となり、日中の最高気温が25℃とかになる。そのため、昼からよーく眠れた。テレサ10の歌声を聞きながら・・・ネ。



| | コメント (0)

2016年8月26日 (金)

枝豆は忙しい

20160826dscf0188

夕方、知り合いより枝豆を枝ごといただいた。枝ごとなので実はひとつずつ外さなければならない。たくさんだったので一人では時間がかかる。そこで家族に協力を求めた。結果、食べるには多すぎる量。そこで、80サイズのダンボールへ枝豆を詰め、車で15分の宅急便営業所へ走った。

当日発送締め切り直前の宅急便営業所の受付では近くの農家のおばさん、おじいさんが獲れたばかりの野菜を送ろうと混んでいた。見るとやはり枝豆が多い。イナカーナのこの時期は枝豆の最盛期であった。

そういえば、家に出入りする薬屋さん―越中富山方式の―が言っていた。この時期、海坂の有名な枝豆の集落へいこうものなら「こんな忙しい時に顔を出すな!」と怒られるそうだ。それ以来、薬屋さんは枝豆の収穫繁忙期を過ぎた9月に入ってから家々をまわると聞いた。


| | コメント (0)

2016年8月25日 (木)

夏風邪

20160822dscf0179

夏風邪をひいた。数日前に喉が痛くなり、ここ二日は夜、頻繁に咳が出た。そこで町医者へ、薬を5日分処方してもらう。

そういえばお盆、アオ太とウナバラが咳をしており薬を飲んでいた。そのふたりからもらったようにも思える。



| | コメント (0)

2016年8月24日 (水)

夏に果物

20160824dscf0411

三度の食事をきちんと摂って、スイカ、桃、メロン、ブドウ、ブルーベリーをその前後に食べている。おまけにビールときているので夏はよーく太るようにできている。



| | コメント (0)

2016年8月23日 (火)

タイフーンの翌朝

20160823_l1640526

幸い雨も風もたいしたこともなく、タイフーンは通り過ぎていった。落ちていた栃の実を蹴って、歩いた。


| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

もしもの・・

20160816_dscf9775

フェーン現象で暑い中、タイフーンに備えて家まわりを見回る。排水溝は出口付近を掃除、健康状態のいいたくさんのミミズと遭遇。移動願う。キウイの伸びた枝を切る。滝のように汗が流れた。午後は風に備えて窓のスダレを巻く。蛍光灯を交換、乾電池も準備した。

乾電池と言えば懐中電灯。アオ太とウナバラは帰省する度に大型の懐中電灯を点灯させ、家中を駆け回る。おかげで乾電池の消耗は早い。子どもはもしもの備えがどういう意味なのか、まだわからない。



| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

気づいたら・・

20160811_dscf9406

気づいたら、鳥にブドウを三分の一ほど食べられていた。お盆前後の準備とこの暑さで関心が向かなかったこともある。そこで本日、ブドウ棚を薄い紗幕で覆った。

紗幕は長さが足りず、隙間も多い。鳥はこの現状にどう対応するかが注目される。



| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

籐の椅子を洗う

20160811dscf9461

納戸にしまってあった籐椅子を水洗いする。今日も着ぐるみを脱ぎたいほどの暑さ。ふーッ。



| | コメント (0)

2016年8月19日 (金)

電線の国のゴジラ

20160819dscf0034

この暑い中、映画『シン・ゴジラ』を見に行った。とても面白い。新しいゴジラは気持ち悪く、恐ろしく、よく創られている。成長してからの鎌倉への再上陸は能舞台の橋掛かりを進むかのようでまさしくこの国、日本のゴジラである。ただ、ゴジラの目が死んでいるようで、作り手の意図だったのかどうか・・。

首相はじめ政府や官僚の無能ぶり、どうしようもなさがよく描けている。ゴジラ対応(攻撃)は憲法でがんじがらめになっており、そこが皮肉でもあり、自分が住むこの国の現実を見るようである。

『シン・ゴジラ』は世界へ向けて「この国はこーなんです」と見せる格好の映画となっている。つまり、世界へ売れる!


| | コメント (0)

2016年8月18日 (木)

シャワー

20160813dscf9683

一日に何度かシャワーを浴びている。この暑さは当分続く模様である。オリンピックがあると、やはり日中に眠くなる。



| | コメント (0)

2016年8月17日 (水)

やっと雨になる

20160814dscf9788

やっと、雨らしい雨になった。当家の池も水を充分に貯え、金魚もメダカも息を吹き返した。



| | コメント (0)

2016年8月16日 (火)

お盆の終り

20160816_dscf9735

16日の早朝はお盆の供え物や飾り物を片付けるのが決まりである。灯篭をはじめ仏具は箱へ入れ、ぶら下げたものは外す。そういえば供えた花は子どもの頃、朝一番に近くの川へ流していた。今は環境に駄目だということで、そーゆーことはしない。



| | コメント (0)

2016年8月15日 (月)

ブッチ一家 キャンプへ行く

20160812

この夏、キャンプづいているブッチ一家がイナカーナから出かけたのは月ノ山キャンプ場。キャンプ場で木の枝を使ったブランコを見つけたブッチ氏はさっそくアオ太、ウナバラを促し一家でブーランコを楽しんだ。

さて、キャンプ場での楽しみと言えばバーベキューが定番だがこの日キャンプ場では羽根アリが大量発生。火のまわりやテーブルへ羽根アリが集まり、外での食事ができない有り様だった。ブッチ一家はしょうがなくワゴン車の中でメンチカツにパクつくのであった。

そして、災難の次には幸運。この日がどういう日なのか知らずに山のキャンプ場へ訪れたブッチ一家が目撃したのが『ペルセウス座流星群』だった。明りの多い街では見ることのできない多くの流れ星を見ることができた。「5分に一回は見れるんですよ」とブッチ、「外のマットで流れ星を見ながら寝ちゃった」とメイ・ヨーク。

かくして、ブッチ一家に新たなキャンプ体験が刻まれていった。


| | コメント (0)

2016年8月14日 (日)

遅くなりましたが・・

20160812_dscf9527

暑ーい夏をお体を大切に、お過ごしください。

筆者



| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

お盆にトナカイ

20160813_dscf9626

お盆に入った。仏壇をお盆バージョンへ整える。花、果物、菓子を供え、灯篭、木魚、鐘を出し、先祖の戒名の入った巻物を吊るした。

最後にキューリの馬と茄子の牛を作る。お箸で脚を、トウモロコシの毛でしっぽを、南天の葉を耳に見立て挿す。例年なら一枚の葉を挿すところ、まとめて挿したらトナカイになってしまった。

トナカイになった馬と牛にお経を上げたお坊さんは果たして気づくかどうか・・・。



| | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

暑い、熱い

20160812_dscf9517

夏の暑いこの時期、テレビでは終戦に関連する多くの特集番組が流される。昼は夏の甲子園があり、真夜中にはリオオリンピックがLIVE中継される。印象は暑く熱く刻まれる。



| | コメント (0)

2016年8月11日 (木)

帰省ラッシュ

20160811_dscf9504

お盆の帰省ラッシュはじまった日、カブト虫と一緒にアオ太とウナバラがやってきた。



| | コメント (0)

2016年8月10日 (水)

海坂通い

20160716dscf7703

今日も用があり、海坂へ。海坂に海の文字が入るが城下(市内とも言う)から海まではかなり遠い。車でなら15分、歩けば数時間。江戸時代、武士の嗜みとして釣りがあり、釣りへ行く口実を足腰の鍛錬としたそうである。海坂の博物館へ行くと竹の釣り竿が展示してあるが生憎釣りに興味がない筆者にとって、その釣り竿がどれほど優れているものなのか価値がわからない。豚に真珠状態なのであった。

その海坂へここのところ4度通った。イナカーナから海坂へは車で45分、歩いたら・・たぶん着かない。


| | コメント (0)

2016年8月 9日 (火)

チンパンジーの夜

201608079349

昨夜は海坂へ『想像する力:チンパンジーが教えてくれた人間の心』と題された講座を聴講した。講師は松沢哲郎氏。「アイ・プロジェクト」という一連の研究、調査でチンパンジーの生態から人間の心や行動を探る「比較認知化学」と呼ばれる新たな研究領域を開拓した(講師紹介より)。

ヒト科は4属あり、ヒト属、オランウータン属、ゴリラ属、チンパンジー属。知らなかった!近年のDNA解析の進展で遺伝子がヒトに近いと言う。松沢氏は京大文学部哲学科を卒業。なぜ哲学という世界からチンパンジー研究へというと「人を知り、人を考えるにはアウトグループ(当該の集団の外にいる者)のチンパンジーを観察、研究する」ということであった。

NHKの番組でも見られたチンパンジーの数字の認識(テレビモニター画面に1から9まで数字が出、チンパンジーは指で順番にタッチしていく)を氏は詳しく丁寧に説明された。チンパンジーの数字認識の速さは人間を超える、言わば瞬時に判断する能力を持つ。

チンパンジーは「今、そこにあるもの見る」に対し、人は「見るものから想像することができる」とし、人間は見た体験を仲間と分かち合うように進化した。「チンパンジーにはチンパンジーの心があり、人間が一番ではない。それは違いであって優劣ではない」と松沢氏は語った。

会場の照明を落とし(メモが取れない)、パソコンで写真を紹介。動画でも見せるのでひとつひとつの事柄がたいへんわかりやすかった。研究者らしい講座のまとめ方、見せ方の工夫と聴講してたいへん収穫の多い講座だった。




| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

A社試聴会

20160807_l1640501

猛暑日の日曜、A社の試聴会へ出かけた。試聴会はA社の最新プリアンプC-2850をはじめ、レコードプレーヤーを除き、機器は全てA社の製品。入り口であるプレーヤーはDP-720、出口は主催したオーディオ店が修理、メンテナンスしたタンノイのレクタンギュラーヨークとJBLのハーツフィールドとなる。

A社の陣容、製品の技術的な変遷や進化を聞くことができて良かった。



| | コメント (0)

2016年8月 7日 (日)

熱帯夜

20160807_dscf9356

西日本の猛暑がこちらにもやってきて、夜まで暑いと言う。寝苦しい熱帯夜になりそうだ。眠れなかったらリオ・オリンピックでも見よう。



| | コメント (0)

2016年8月 6日 (土)

ブラインドからカーテンへ

20160805_dscf9315

気分を変えようと部屋のブラインドを外してカーテンに戻した。数年振りのカーテンになる。ただでさえ暑い夏の二階の部屋、汗をかきながらの作業になった。ところで、汗は二の腕からよく出ることに今更ながら気づいた。



| | コメント (0)

2016年8月 5日 (金)

うなだれる

20160805dscf9331

暑さもあるが、いろんな意味でうなだれる。



| | コメント (0)

2016年8月 4日 (木)

ア・ミ・ド

20160803_dscf9202

網戸を貼り換え得意がっていたら「そんなのは、普通でしょ!」と電線の鳥が言う。屋根に住むスズメとの付き合いは長いが、スズメは率直であった。



| | コメント (0)

2016年8月 3日 (水)

虹が出た

20160801_dscf9148

雨がくるかと思って、排水溝の掃除をした。排水溝まわりの草も鎌で落とした。排水溝でスズメが1羽落命。草と一緒に片付ける。

結局、雨が降ったのはスズメの涙ほど。死んだスズメにふさわしい雨となった。



| | コメント (0)

2016年8月 2日 (火)

飽きるので

20160802dscf9200

そうめんも飽きてしまうので、本日のランチはあんかけそうめん。



| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

グラジオラス

20160730_dscf8831

シェフ庭のあちらこちらにグラジオラスが咲いている。この時期、雨が降るとあっちでジュッ、こっちでジュッ・・・。それにしても、暑い。


| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »