« ミッドセンチュリーへの道 その5 | トップページ | ミッドセンチュリーへの道 その7 »

2016年6月13日 (月)

ミッドセンチュリーへの道 その6

201606036dscf4348

6. キャビネットを磨く

ミッドセンチュリー(デザイン)であるから、スピーカーは1950年頃の製造になる。半世紀を経たキズや汚れがある。そこで、汚れを拭いた後、蜜蝋を塗った。キャビネットが美しいと音も良くなることになっている。蜜蝋はやがて馴染んだ。窓を開けても蜂は飛び込んでこない。



|

« ミッドセンチュリーへの道 その5 | トップページ | ミッドセンチュリーへの道 その7 »

⑨音ノ賜物 或は 音ノ砂漠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミッドセンチュリーへの道 その5 | トップページ | ミッドセンチュリーへの道 その7 »