« 本日のミミズク | トップページ | ミッドセンチュリーへの道 その5 »

2016年6月11日 (土)

ミッドセンチュリーへの道 その4

201606034dscf4390

4.穴を開けそうになる

ユニットのフレーム外周部分にスポンジが貼ってあった。触ると簡単に崩れた。以前、カラヤン指揮のベート-ヴェン交響曲全集(グラムフォン)・未開封レコードをドイツから求めた時、ボックスの中にスポンジシートが入っており、手にした途端これも崩れたことがあった。これを加水分解と言うらしい。

半世紀を経て駄目になったスポンジを歯ブラシで落とし、掃除機で吸った。スポンジ後には接着剤のデコボコが残った。そのデコボコをマイナスドライバーで可能な限り削ぎ落していたらドライバーが滑り、もう少しでコーンに穴を開けそうになった。初心者はそんなものである。

次にスポンジに変わるパッキンはないかと思案。ウレタンやフェルトも考えたがうまく楕円形にカットするのも難しいそう
。そこで、ドアに使う『隙間テープ』を思いつく。・・・素人なりに貼る。


|

« 本日のミミズク | トップページ | ミッドセンチュリーへの道 その5 »

⑨音ノ賜物 或は 音ノ砂漠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日のミミズク | トップページ | ミッドセンチュリーへの道 その5 »