« そんな時も・・ | トップページ | 強い風が吹いている »

2016年4月16日 (土)

地震

20160414_dscf9749

4月15日の夜、熊本で起こった地震が翌日に阿蘇へと続き、被害が更に拡大している。

熊本城へは学生時代、アルバイト中にほんの少し散策した覚えがある。黒く勇壮な城だったと記憶している。その熊本城、昨夜の地震で瓦が落下し、土埃を上げていた。そして、今日、城を築く石垣が崩れようとしている。

南海トラフ、首都直下型地震が近年、増々取り上げられるようになった。今回に限らず災害時、テレビのインタヴューに答える人たちはおしなべて「こんなことは生まれて初めて・・」と口にする。熊本に大きな地震があったのは明治だから100年以上の時間を経ている。東日本の時は500年、1,000年に一度の地震とさえ言われた。だが、それは規模の大きさで比較されたもの。それほどの大きさではなくとも数十年から100年には地震が起こり、甚大な被害をここうむっている。

翻って、イナカーナ。大きな地震があったのが熊本と同じく明治時代。その地震ではほとんどの家が崩壊したと言う。このことからも災害、地震は人ごとではない。その災害という現実が明日、起こってもおかしくない国に私たちは住んでいる。


|

« そんな時も・・ | トップページ | 強い風が吹いている »

① イナカーナ・スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そんな時も・・ | トップページ | 強い風が吹いている »