« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

ディカプリオの白い息

20160427_dscf1579

先日、テレビドラマを見ていたら妻を誘拐された夫が現金2億円を担いで走るシーンがあった。犯人は執拗に2憶を担いだ夫を移動させる。2億円と言えば約20kgの重さになる。体格のあるスポーツ選手だったら軽いものだろうが一般人にとって20kgはかなり重い。まして走らなければならないとなると、ドラマ制作部はその現金を軽くする。走っている役者は重そうに、さぞ大変そうに演技はするが担ぐ袋の動きは見るからに軽い。仮に体力のある役者だったら本番くらい実際に重さのある袋を持たせてもいいのではと思いながら見ていた。

映画『レヴェナント:蘇えりし者』を見た。時はアメリカの開拓時代、映画はインディアンからの襲撃を、-20℃という極寒の激しく美しい自然を、熊との遭遇をこれ以上ないリアルさで見せてくれる。ディカプリオの吐く息でカメラが何度か曇る。見るものがその場にいるような映像が見事。野生動物をワンカットで入れ込んだり、隕石まで撮れるとは!よくこれだけの撮影ができたものだ。

監督は映画『バードマン』(未見)のアレハンドル・G・イニャリトウ(メキシコ出身)。時に観念よりな映像も挟んでしまうが監督の個性なのだろう。敵役トム・ハーディは狡猾さをうまく出している。

この映画では子の復讐が大きなモチーフでありテーマであるが果たしてその先に何があるのかを見せられたかについては疑問が残る。映画を再見すれば、或は原作を読めば理解できるのか、今迷っているところだ。

雪の荒野をゆくディカプリオが『シャイニング』のジャック・ニコルソンに見えた。




| | コメント (0)

2016年4月29日 (金)

ゴールデンウィーク

20160422dscf0969

ゴールデンウィークが始まった。会社勤めをしていた頃はゴールデンウィークを満足に休んだ記憶がない。半分は仕事だったので、遠くに出かけることもなかった。サービス業をはじめ、商業施設も書き入れ時だから、この国の多くの人がゴールデンウィークも働く。まあ、休める人は家族に、実家に、旅行に大変でも楽しんで欲しい。


| | コメント (0)

2016年4月28日 (木)

雨になって

20160428_dscf1729

雨になって、シェフは庭に振った除草剤が土にうまく馴染むことを期待した。わたしはと言えば先日の排水溝掃除で雨水が滞りなく流れる様を見てひとり悦にいるのだった。



| | コメント (0)

2016年4月27日 (水)

深呼吸

20160424_dscf1165_2

杉花粉もようやく少なくなり、窓を開けることができるようになった。深呼吸をしようーッと。



| | コメント (0)

2016年4月26日 (火)

hebaru

20160420_dscf0694

昨日のガラス拭きに気をよくして、今日は排水溝の修理と掃除をしたら午前中でへばってしまった。へばる、つまり、すっかり疲れくたびれて動けなくなってしまった。無理な姿勢で排水溝のブロックを何個も動かしたのがいけなかったのだろう。

そこで、午後から休みにした。



| | コメント (0)

2016年4月25日 (月)

ガラスを拭いた

20160424_dscf1241

いくら天気がいいからと言って出かけてばかりもいられない。と言うことで今日は家のガラスを拭く。家を一周半してガラスを拭く。風雨にさらされたガラスは泥とホコリで汚れ、ザラザラした抵抗があった。絞ったタオルはすぐに黒くなった。ガラスの枚数が多くて途中から数えるのをやめた。

絞ったタオルで大きなガラスを右左と拭いていたら映画『ベスト・キッド』を思い出した。『ベスト・キッド』(1984年製作)では主人公の少年が空手の修行と称して師匠からペンキ塗りや掃除を言いつけられる。師匠のミヤギ役はパット・モリタ。ミヤギはいい役柄でこの映画でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。そのモリタ役を三船敏郎が断っていた。三船は第1作『スター・ウォーズ』(1977年公開)のダース・ベイダー役も同じく断っている(と聞いた)。三船は1920年生まれだから『スターウォーズ』制作時は57歳、『ベスト・キッド』は64歳になる。三船は器用な役者ではないし、自分のイメージもある。まして、オファーしてきた監督(若造)の力量もわからない。かくして、チャンスは逃げた。

ガラス拭きを終えて、次に網戸を出した。これも洗って、取り付けた。



| | コメント (0)

2016年4月24日 (日)

山へ柴刈り

20160422_dscf0972

山へ柴刈りではなく、平地より遅い山桜を見にゆく。山桜は花が細かく、質素な良さがある。今日は餅ではなく、緑茶とドーナッツでお茶にする。天気はいいが風があって冷たかった。山里は起伏があるため風景に動きがあっていい。



| | コメント (0)

2016年4月23日 (土)

20160422_dscf0895

桜が舞い落ちる公園でとち餅を食べた。ポットに淹れてきた緑茶をベンチに座り飲んでいたら桜の花びらが一枚、手にしていたカップに落ちた。ホール・イン・カップ!帰りの車に乗りこむとフロントガラスに桜の花びらが何枚もついていた。人はこれを風情と言った。



| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

また眠る

20160422dscf0990

三歳児ウナバラは幼稚園から戻るとテーブルにもたれかかると、すぐに眠ってしまった。テーブルの上のおいしそうなオニギリを前にしながら・・。きっと、幼稚園でたくさん遊び、先生の話も聞いて疲れたのだろう。夜、寝る時間も早くなったそうだ。

ウナバラは新しい世界を懸命に吸収しはじめた。



| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

春ノ雨

20160420dscf0843

平野を走ると菜の花の黄色が目に入る。田んぼにはトラクターが入り、土を起こし始めた。田んぼも長い眠りから覚め、活動の季節へ向かう。夕方、春のやさしい雨が降りはじめた。

しかし、同じ春の雨でも阿蘇や熊本にとっては無情な雨にもなり得る。


| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

デンキウナギ

20160415_dscf0143

先の日曜、NHNスペシャル「大アマゾン・最後の秘境」でアマゾンに潜む魚たちがとりあげられていた。ドローンを使った空撮や岸辺から見るアマゾン川は濁流のため水の中を見ることができない。その広大なアマゾン川で湧き水で水が透明な場所があり、珍しい魚たちが紹介されていた。ピラニアなどの肉食の獰猛な魚たちや大ナマズ、巨大なピラルクや怪魚が潜むアマゾン川だったがその中に“デンキウナギ”もいた。番組のデンキウナギは近づいた小魚を見えない電気で痺れさせ、パクッと口にした。

イナカーナに近年クラゲで名を馳せた水族館がある。今やクラゲに特化した水族館として有名になったがかつては州の助成もなく、数人の従業員が懸命に働くが一日の入場者も数えるほどでいつ廃館になってもおかしくない、水漏れする水槽さえ修理ができない貧乏な水族館だった。

しかし、水族館従業員は自ら稼がなけばならない。糊口をしのぐために少ない予算で様々な企画も立てた。ラッコという流行に乗ろうとした企画もあったが彼らのエサ代で逆に赤字になる始末。水族館のアクセスも悪く年々、客足は減った。

それより昔、水族館で―筆者の少年時代―最大の呼び物が“デンキウナギ”だった。海のすぐそばに残る旧水族館は古い鉄筋コンクリートの建物でその暗い回廊に小さな水槽が並んでいた。その奥にデンキウナギはの水槽はあった。デンキウナギは体長約70センチくらいだったろうか。顔を見ても、うれしいのか悲しいのか表情はまるでわからない。じっと見ているとなにかの拍子に、水槽上に取り付けられた電光掲示板に“○○ボルト!”と表示が出た。その後、入場した大人も子どもも水槽のガラスを叩いては「わぁー、○○ボルトだ!」と騒ぎ、デンキウナギはその度に電気を起こした。何年かして、デンキウナギの水槽はなくなった。それがウナギの寿命だったのか、ガラスを叩かれたストレスで胃潰瘍になったかどうかまではわからない。

後年、この水族館はクラゲを手掛かりに―そばの海で無料で採取できたクラゲ―併設する食堂でクラゲ入りアイスやクラゲ入りラーメンまで出すようになる。後年、ノーベル賞を受賞した日本人科学者がその研究用にクラゲを自ら採取していたことがテレビで紹介された。ノーベル賞受賞後、有名新聞社主催で受賞科学者の講演がもたれた。そのついでに呼ばれたクラゲ水族館館長の貧乏で苦労な話が記者たちに受けた。このことで、クラゲ展示のイナカーナ水族館が一気に注目を浴びることになる。

クラゲの興隆時代以前にデンキウナギで耐え忍んでいた時代がこの水族館にはあったのである。


| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

ロゴスの市

20160419_dscf0480

時代小説の書き手とばかり思っていた乙川優三郎はいつのまにか現代を描く優れた作家になっていた。『ロゴスの市』(2015年11月刊、徳間書店)は翻訳家の男と通訳の女性の大学時代から中年までを描く。並みの恋愛小説ならそのレンアイの表層を描くが乙川の主人公ふたりは仕事を目指す序盤から、その職業の何たるかまで語らせる。知的で熱くて苦しい、大人の恋愛小説になっている。

感心したので☆三つにしよう。が、いい内容だけに―世界最大の書籍見本市まで話に織りこみながら―この本の装丁(センスとも言う)はいただけない。


| | コメント (0)

2016年4月18日 (月)

たまには駅弁

20160416_dscf0346

たまには駅弁ということで、駅近い店で買い求めた。限定弁当と言うことで数に限りがあった。珍しい食材は鮭巻きだけで、他の食材(すき焼き、山菜、むし卵、しそ巻き、かぶ2種、茄子からし漬け)はなじみのものばかりである。

メインはだだちゃ豆入りのつや姫を海苔で巻き、その上に“めじか鮭”という珍しい鮭で更に巻いている。鮭には焦げ目が入っているから最後にバーナーで焼いたのだろう。

駅弁はやはり電車に乗って食べるものであったが感想になる。


| | コメント (0)

2016年4月17日 (日)

強い風が吹いている

20160415dscf9798

西から上がってきた低気圧で外は強い風が吹いている。背の高い車が前後に横に、車体を揺らしていた。

ギシギシと100年家屋が音を立てている。3歳児ウナズキではないが眠い。本も読めず、音楽も聴けず、ただ眠い。やはり、春は眠い。



| | コメント (0)

2016年4月16日 (土)

地震

20160414_dscf9749

4月15日の夜、熊本で起こった地震が翌日に阿蘇へと続き、被害が更に拡大している。

熊本城へは学生時代、アルバイト中にほんの少し散策した覚えがある。黒く勇壮な城だったと記憶している。その熊本城、昨夜の地震で瓦が落下し、土埃を上げていた。そして、今日、城を築く石垣が崩れようとしている。

南海トラフ、首都直下型地震が近年、増々取り上げられるようになった。今回に限らず災害時、テレビのインタヴューに答える人たちはおしなべて「こんなことは生まれて初めて・・」と口にする。熊本に大きな地震があったのは明治だから100年以上の時間を経ている。東日本の時は500年、1,000年に一度の地震とさえ言われた。だが、それは規模の大きさで比較されたもの。それほどの大きさではなくとも数十年から100年には地震が起こり、甚大な被害をここうむっている。

翻って、イナカーナ。大きな地震があったのが熊本と同じく明治時代。その地震ではほとんどの家が崩壊したと言う。このことからも災害、地震は人ごとではない。その災害という現実が明日、起こってもおかしくない国に私たちは住んでいる。


| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

そんな時も・・

20160414dscf0096_3

じきに雨になるだろうと予報があったので港町の海を望む公園へ桜を見にいった。公園の周囲には出店が並び、芝生真ん中では中学か高校生の一団が騒いでいた。彼らは花というよりは仲間内でふざけていたほうが楽しいらしい。そんな時もあったな・・・。




| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

ウナバラの通園

20160414

三歳児ウナバラはお弁当をバッグに入れて通園バスに乗りました。すると、ウナバラはバスの振動が気持ちよくて、スヤ、スヤ、グー、グーとすぐに寝てしまいました。そう、誰だって春は眠いのです。

やがて、バスは幼稚園に到着です。けれど、ウナバラはまだバスのシートで夢の途中でした。ところが、幼稚園側はそうはいきません。園の手によりバスシートから引きはがされたウナバラはしぶしぶバスから降りるのでした。

めでたし、メデタシ・・。


| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

あやしい彼女

20160412dscf9073

韓国映画のリメイクということだったが映画『あやしい彼女』は楽しめる仕上がり。多部未華子の歌声がいい。昭和歌謡の名曲があってこその映画であり、銭湯をはじめ舞台設定もこの国のレベルとして巧妙である。

倍賞美津子の婆(ばばあ)ぶりもいい。女優としてよく引き受けたと思う。志賀廣太郎を見ているとわが身ではないか・・・。志賀は声もいい。

毎年3月、日本アカデミー賞というイベント―熱心に見たことがない―がある。以前、映画『テルマエ・ロマエ』で阿部寛が最優秀主演男優賞を受賞し、「コメディでも主演獲れるんだ!」と驚いた。なれば、多部未華子で次回最優秀主演女優賞へ一票としたい。


| | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

花ノ日々

20160412dscf9298

昨日、雪が舞った。菜の花に、レンギョウに、水仙に、椿に、梅に、そして咲きはじめた桜に雪が舞った。しかし、時は春。花の日々がはじまった。灯油も一缶、追加しよう。



| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

初日

20160222_dscf6250

三歳児ウナバラ、今日が幼稚園通園初日である。用意したバッグを持って、ニコニコ笑ってバスに乗ったと言う。先の土曜、入園式でも途中で寝たそうだから「きっと、今日も寝てしまうのよ」とメイ・ヨークは園でのウナバラを予想した。さて、どうなることやら・・・。



| | コメント (0)

2016年4月10日 (日)

似てる・・

20160405dscf8896

以前、似てると書いたのが堺雅人と小日向文世。現在、NHKの真田丸で共演しているようだが笑った時の雰囲気がなんとも・・。

昨夜、TBSの番組祭りを見ていたら夏木マリが出ていた。小泉今日子が歳を重ねたら夏木かな・・といつも思う。

さて、先のNHKの朝ドラに桐山照史(きりやま あきと、どうやらジャニーズ)という人が出ていた。彼を見て思い浮かべたのが松山ケンイチとゴルフの松山英樹。最初に松山ケンイチがいて、後に松山英樹(アメリカに行って太った?)、今回の桐山という似てる印象の順番になる。

春めいて、天気も良くて、誰が誰に似てるなどたわいのないことなど・・。









 

| | コメント (0)

2016年4月 9日 (土)

巣作り?

20160404dscf8520

自室の机、机のパソコン越しから見える窓の先に古い木がある。途中から二股に別れ、片方の枝に30センチほどの物差し状の割れ目が入っている。その割れ目の中に出入りしはじめた小鳥がいる。

野鳥図鑑を見ると、たぶん、シジュウカラかコガラのどちらか・・。メスが巣作りをしていると、そばに木にオスがやてきて声をかける。すると巣のメスが顔を出し、一緒に飛び去る。果たして、デートなのか、エサ捜しなのか、それとも新たな巣の物件か。まだ、わからない。



| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

梅ノ里

20160405_dscf8678

車で50分、出かけた山里の梅は白が満開だったが赤い梅はまだ二分咲き程度だった。それでも、せっかく来たのだからと小一時間と少しは散策をした。

毎年のように、同じ場所へ梅を見にゆく。



| | コメント (0)

2016年4月 7日 (木)

ウラニワのツバキ

20160404dscf8464

残念ながら<ウラニアのエロイカ>ではない。正確には”当家の裏庭そばに咲く、隣家のツバキ”である。どうみても隣家でも面倒を見てると思えないツバキだが、毎年いい花を咲かせる。隣りとの境界線の低いブロックに乗ったボクは落ちないようにバランスをとりながらファインダーを覗く。時々、隣家の敷地へバランスを崩し足を踏み出してしまってはすぐにブロックへ足を戻す。



| | コメント (0)

2016年4月 6日 (水)

桜の前に

20160405_dscf8588

庭の梅が満開になった。手入れもしていないのに、毎年咲いてくれる。消毒もしないせいか、梅の実もたくさんはとれない。以前は梅酒も作ったことはあるが飲むこともなくなり、たぶんその瓶はどこか家の片隅でホコリを被っている筈だ。それでも、梅の花は咲く。



| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

スーパーツィーター

20160404dscf8540

オーケストラなど編成の大きな音源を聴く時のスピーカー<欠けた稲妻>(TANNOY Rectangular York とも言う)にツィーターを加えてみた。ツィーターはソナスでも使われていたユニットで40Khzまで再生が可能となる。一気に120Khzも考えたが、違和感が強いのが懸念された。

聴いてみたところ、高域に輝きが少し出てボーカルにより立体感が出たように感じられた。さて、ハイレゾ音源はどう聴こえるのか、遊んでみようーッと!


| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

雨になる

20160404_dscf8359

朝から雨になる。梅の花が見ごろになったが、まだ寒いね。まだ、しばらく灯油を使いそうだ。
夕方雨が上がり日が射した。少しだけ夕焼けが見えた。



| | コメント (0)

2016年4月 3日 (日)

ミレニアム4

20160321_dscf7540

『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』ダヴィッド・ラーゲルクランツ著(早川書房・刊)を二日で読み終えた。『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』『ミレニアム2 火と戯れる女』「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』の著者(作品の成功を知らず刊行前に亡くなった)ステーブ・ラーソンの構築した世界を見事に引き継ぎ、描いている。

ダヴィッド・ラーゲルクランツ、これだけの書き手をよく出版社が見つけたものだと感心する。





| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

新年度

30160321dscf7564

イナカーナの新年度は強風からはじまった。築後100年近いの古家が時々、ミシミシと音がした。隙間から入った風が屋内の空気を押し、戸がガタゴト鳴った。

そんな中でも、日中は鳥たちが盛んに飛び回る。新居選びか、なわばり確保か、エサ捜しか。スズメ位の大きさで黒い頭にグレイの羽姿はシジュウカラ科のヒガラだろうか・・・。





| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

年度末には花束を

20160329_dscf8294

3月31日の午後5時を少し過ぎた時、州庁舎玄関から拍手が聞こえた。何ごとかとブラインドを開けたら、拍手する人たちと花束を受け取る人がいた。そうか、年度末であった。花束を受け取る人は若かったので、何かの終了か移動だったのだろう。拍手に送られ、年度末に人は去る。

そういえば、わたしも会社を去る人へ花束を準備したことがあった。それから何年も後、わたしは花束をもらい会社を去ることはできなかったが、まあ、そーゆー人生もある。


| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »