« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年1月

2016年1月28日 (木)

しんどい

20160126_dscf5102

「人がいる場所でじっと動かずにいるのはなかなかしんどい」、・・わかる、わかる。



| | コメント (0)

2016年1月27日 (水)

水羊羹

20160124_l1640310

こんな冬に水羊羹を買いに行った。目的のケーキ屋が定休日のため、次の候補に浮かびあがったのが水羊羹だった。いい小豆を使った甘さも硬さも程よい水羊羹を食べた。



| | コメント (0)

2016年1月26日 (火)

疲れる

20160126dscf5112

そりゃあ、疲れるさ・・。物事をようやく理解をし始めた4歳児とまだまだわからない3歳直前の2歳児は騒きまくり、食べまくり、笑い、泣きわめく。疲れをしらない子どものように・・を実感している。


| | コメント (0)

2016年1月24日 (日)

到着

20160124_l1640324

西日本に雪が降り、多くの飛行機が飛べなくなった。そんな中、イナカーナ空港の到着ロビーでは「悪天候の場合、羽田へ戻っちゃうかもよ」とアナウンスがあったものの、ANA便が無事に
到着。そして、アオ太とウナバラ、それにメイ・ヨークが階段を降りてきた。



| | コメント (0)

2016年1月23日 (土)

ツラーラ

20160123_dscf5075

雨どいにツラーラが出来た。そういえば、太くたくましいツラーラを見かけることがなくなった。子どもの頃はツラーラ片手に敵に向かったものだったが、今や武器になるツラーラがない。アオ太の赤いライトセーバーにどう立ち向かえばいいのか・・・。



| | コメント (0)

2016年1月22日 (金)

予行演習

20160123_l1640305

「ガオーー」と白い息を吐いて冷えた廊下を進む。子どもと戦う怪獣は予行演習に余念がない。


| | コメント (0)

2016年1月21日 (木)

ジャンプ

20160120_aa_dscf4982

「これがすっごく楽しいんだよね」雪の塊は次々に屋根を滑っては記録を延ばした。



| | コメント (0)

2016年1月20日 (水)

50センチ

20160120_dscf4963

一晩で50センチ程、雪が積もった。よくソバを食べにゆく温泉ヒジオールで積雪が204センチと朝のニュースにあった。午前中かけて車が道路に出ることができるように雪かきをした。こんな雪だとしばらくはソバを食べにいけない。


| | コメント (0)

2016年1月19日 (火)

サンドイッチ系

20160118dscf4894_2

パンを買うなら菓子パンだがサンドイッチ系ではカツサンドとフルーツサンドを好んで選ぶ。どこぞのお子さまと同じである。


| | コメント (0)

2016年1月18日 (月)

都心の雪

20160116l1640257

都心でも雪とのニュース。慣れない雪に転ばぬようにご注意ください。長靴いいですよ。



| | コメント (0)

2016年1月17日 (日)

ダウントン・アビー4

20160113l1640222

NHKで『ダウントン・アビー4』が始まった。貴族のみならず、使用人たちまでどう、どこまで描くか。前シリーズではやたら騒がしく「これでは散漫・・」という回もあったが新シリーズはどうだろうか。



| | コメント (0)

2016年1月16日 (土)

静かに・・

20160116_dscf4763_2

風のない夜、静かに雪が積もる。深夜の廊下が冷える。



| | コメント (0)

2016年1月15日 (金)

雪になる

20160115_l1640238_2

雪の朝。カラスが「ニィー、ハオ」と鳴いた。寝ぼけたカラスである。



| | コメント (0)

2016年1月14日 (木)

暖房の音

20160110h80sdscf4415

暖房ファンヒーターで部屋を暖めて音楽を聴いている。いつもの冬なら、ゴーとしたヒーターの音がいやで敬遠するのだが、新しいアンプの音が聴きたくて毎夜、火を入れている。




| | コメント (0)

2016年1月13日 (水)

素顔

20160113_l1640220

昔、知人の女性ディレクターから「山崎豊子さんはほんと普通の大阪のおばさんよ」と聞いたことがある。女性の父親が関西の経済人で山崎豊子を知っていたらしい。

『山崎豊子先生の素顔』(野上孝子著、文藝春秋)を読んだ。著者は1962年に大学卒業以来52年間、作家・山崎豊子の秘書を務めた。相性もあるがこれだけ長い期間続いたということは互いに立場を認めたということだろう。

山崎作品を読んだ印象から有能なスタッフを幾人か揃えた事務所を設け、膨大な取材をし、あれだけの作品群を執筆したものと思っていた。しかし、実際は山崎自ら現地へ足を運ぶ取材、題材になり得る人との出会い、編集者たちの協力、そして野上さんという秘書がいて生まれた小説の数々であった。

山崎豊子は中国共産党総書記・胡耀邦(こようほう)へ取材の要望を言えることができるおばさんでもあった。戦争に関わり苦難な時代を生きた人たちをなんとしても小説として描かねばならなかった執念の人だった。




| | コメント (0)

2016年1月12日 (火)

冷え込む

20160112_dscf4603

明朝は冷え込むと予報があった。そこで、毛布を一枚布団の上に横掛けにして休んだ。それでも肩あたりが寒くて目を覚ました。おまけに暖房タイマーを間違えて設定し、朝6時20分にスイッチが入らなかった。

教訓は次に生かすためにある。



| | コメント (0)

2016年1月11日 (月)

成人

20160111_dscf4580_2

ずいぶんと昔、成人になった。当時住んでいた区の区役所から成人の日の式典案内ハガキをもらった。その頃、ボクは素直ではなかったので、加えて出席を共にする友人もいなかったので式典に欠席した。たぶん、当日はアパートで本でも読んで過ごしたと思う。

そして、イナカーナは「今日も小雪の降りかかる」になった。




| | コメント (0)

2016年1月10日 (日)

騒がしい

20160110_l1640194

温泉にいくのも面倒で温泉の素を入れてお風呂に入った午後のこと。外がやたらと騒がしい。何事かと窓を開けたら、裏庭の木に鳥がたくさん止まっていた。折しも、この日はいいお天気で冬の日射しが降り注いでいた。きっと、鳥たちも「雪がなくてこりゃケッコウ」と騒いでいたのだろう。


| | コメント (0)

2016年1月 9日 (土)

弁証法的アンプ

20160109dscf4471

ハイレゾを聴きたいとDACを求めたら、ノートPCとアンプが必要―欲望と言う名の必要―になった。検討後、届いたのが弁証法的アンプである。

とても軽やかで自然、広い音場という印象を持った。このブランドを立ち上げたを人は半導体物理学者だったとのこと。まあ、音は理屈ではなく聴いてナンボであるが・・。

ところで、先のDACのなんと手強いことか。プリントした説明書が61ページもある。家族に高校生がいたら、解読して欲しいくらいである。


| | コメント (0)

2016年1月 8日 (金)

やっと雪になる

20160108_dscf4565

やっと雪になる。果たして今度は雪かきできるほどに積もることができるかどうか・・。少しだけ期待することにする。



| | コメント (0)

2016年1月 7日 (木)

ク・ラ・イ

20151228l1640090

うれしいと“歓喜ヨダレ”をこぼす2歳児ウナバラは人の言うことを理解することはかなり出来たがまだ話すことができなかった。そんな中、キッチンに入ってきたウナバラは天井を見上げるとなにげにひと言「ク・ラ・イ」と言った。その時、蛍光灯はいつもの半分しか点灯していなかった。

その“暗い”イナカーナからピーナッツ州へウナバラは帰っていった。



| | コメント (0)

2016年1月 6日 (水)

火花

20151223dscf3874

遅ればせながら又吉直樹の『火花』を読んだ。芥川賞作品は読んで良かった試しは少ないが『火花』はその例外となった。主人公、徳永と彼が師匠とした神谷の会話がそのまま、漫才の掛け合いさえ超えるようなヤリトリになっている。互いのメールのヤリトリさえ、いいぶっ飛びようである。

そういえば、芥川賞受賞時に<情熱大陸>に又吉が出ていた。思いついたことを書きためた大量のノートから又吉の勉強熱心さがうかがえた。

筆者も実は本書『火花』を書店で『花火』と読んでいた。縦書きに“火花”とタイトルを入れたら間違うこともないだろうにと思っていたが小説を読めばタイトルを横にした装丁の意味がわかる。「エビシンゴノビーオーライ」、わたしもボブ・マーリーよく聴いてましたよ。





| | コメント (0)

2016年1月 5日 (火)

ライトセーバー嫌い

20151228_l1640094

映画『スターウォーズ』の最新作をすでに見たアオ太は赤く光るライトセーバーを構えると敵―つまり、わたし―を倒そうと向かってきた。このライトセーバー、伸縮自在で敵はすぐに倒され降参するのだがアオ太の攻撃はその後も止まないのであった。

アオ太はスターウォーズでも恐竜でも“なりきる期”を迎えている。





| | コメント (0)

2016年1月 4日 (月)

雪のない・・

20151228l1640083_2

雪のない正月も久しぶりのこと。10年に一度くらいだろうか。雪かきをしないですむのは助かるがイナカーナの冬としては味気ない。

図書館でイナカーナを題材とした写真集を手にとったことがある。題材は1月から2月の吹雪だった。顔をまともに上げることができないような吹雪の写真。写真として絵になる以前の撮影者の実体験が写真集にする動機だったのだろう。そんな吹雪も少なくなった。



| | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

インドクリスタル

20160102_dscf4346

篠田節子著『インドクリスタル』(角川書店、2014年12月30日初版)を読んだ。上下2段に組まれた大作を2日間で読む。それほど、面白い。

水晶製品を手掛け、その開発にあたる甲府の中小企業社長がインドで高品質の水晶原石に出会い、その原石を確保するために奔走するが、そこはインド、難題が次々に立ちはだかる。登場するインド商人はいずれも商習慣、人物と一筋縄ではいかない。インドの複雑さ、わからなさをこの小説は、この作者は見せてくれる。


| | コメント (0)

2016年1月 2日 (土)

今年もおせちは・・

20151229dscf4313

3年前だったろうか、コンビニに高価なおせちを注文したことがある。届いたおせちはりっぱなボックスに入り、薄い紫色の上品な布に包まれ、桐箱に模した容器三段重に詰められていた。高いだけあって見た目は豪華で最大限気を使ったおせちだったが、少ない量から切り詰められた原価もうかがわれ、箸を付けた途端に魔法が解けてしまった感があった。

というわけで今年もおせちは頼まない。シェフが作った料理を食している。干した大根をカリカリと・・・ね。


| | コメント (0)

2016年1月 1日 (金)

あけまして・・・

2016_dscf5282

新年あけましておめでとうございます

皆さまにもよいお年でありますように
心よりお祈り申し上げます

グールドの帽子

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »