« 目的もなく・・ | トップページ | 裏通りで珈琲を・・ »

2015年12月10日 (木)

蕎麦を食べる

20151205_dscf3308

目的を持たないようにぶらつけば昼時である。今回は食事の予定をまるで立てて来なかった。知ってる老舗の蕎麦屋には行列ができていた。他にあてもなく並んだ。

案内された席は六人掛けのテーブルだった。肩が触れ合う狭さの席である。『大ごま蕎麦』を頼む。幅のないテーブルの真向いには女、男、女の三人連れが猪口を手に日本酒で盛り上がっていた。こんな間近で他人の酒を見る機会もない。人口密集地、江戸であった。

そういえばこの蕎麦屋は作家、池波正太郎がよく通った店でもある。池波の文章通り、従業員の客あしらいが今も良い。店の習いに客も大いに習うことになる。



|

« 目的もなく・・ | トップページ | 裏通りで珈琲を・・ »

⑧筆者 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目的もなく・・ | トップページ | 裏通りで珈琲を・・ »