« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

甘酒ができた!

20151228dscf4281

ブッチ一家が帰省するのでシェフは毎日が忙しい。今日はメイ・ヨークが好きな甘酒ができた。


| | コメント (0)

2015年12月30日 (水)

同窓会の前日

20151204_dscf3171

同窓会の前日午前9時、暴風で乗る予定の電車が止まった。そういえば10年前の12月、この近くで特急電車が風にあおられ、高い土手から脱線し、死傷者を出した。以来、イナカーナでは風が強いとよく電車が止まるようになった。

運休した特急の代わりにバス代行が急きょ、手配された。到着したバスに乗りこんで荒れた海を眺め、新幹線が出る都市へ向かった。この時期の海は石川さゆりの歌のような情景を見せる。

たぶん、これだと東京駅に着くの夕方。着いたら、ホテルへ向かうまでどこで何をしようか・・・?



| | コメント (0)

2015年12月29日 (火)

J・ディーヴァー『スキン・コレクター』

20151228l1640125

年賀状を遅らせたJ・ディーヴァー『スキン・コレクター』(文藝春秋)を読み終えた。ライムシリーズ、もう何作目だろうか?と思うほど続いている。途中、中だるみもあったが今回の『スキン・コレクター』は今までのシリーズ中、ベストスリーに入れてもいいなと思うほどの完成度を誇る。これ以上ないほどの緻密なプロット!J・ディーヴァーの腕は冴えに冴えている。

故、児玉清さんに読んで欲しかった。



| | コメント (0)

2015年12月28日 (月)

やっと・・

20151223dscf3753

今朝、年賀状を投函した。昼は大掃除、夜はミステリー小説を読み、年賀状のチェック、宛て名印刷の時間を作ることができなかった。これでやっと正月を迎えることができそうだ。


| | コメント (0)

2015年12月27日 (日)

開けてくださぁーい!

20151227_l1640073

少しだけ雪になる。夕方になると道路を走る車がガリガリ、バチバチとタイヤで氷を踏みつぶしていく音が聞こえる。この時分、玄関のカギを早めにかけたりすると「宅急便ですけど、今、玄関前にいまーす。開けてくださぁーい」と電話がきたりする。外の世界は暗くなってもまだ稼働中なのであった。


| | コメント (0)

2015年12月26日 (土)

ドナルド・DAC

20151222dscf4025

DAC(ダック)が届く。正確に言えばD/Aコンバーター(Digital to Analog Converter)である。CD以上の音質というハイレゾ(ハイレゾリューション、高解像渡)が聴きたくなった。加えて、このドナルド・DAC、アナログの録音ができると言う。それならばというわけで、急きょトナカイに載せた。年明けから愉しむ―試行錯誤―ことにした。


| | コメント (0)

2015年12月25日 (金)

クリスマスに・・

20151224dscf4152

クリスマスに眼医者へゆく。眼医者の待合室は老人で一杯で「ここはどこ?」と訝った。2時間待って診察。てっきりドライアイかと思ったら、ばい菌が悪さしたとのこと。指で目をこすらないように注意される。



| | コメント (0)

2015年12月24日 (木)

平野を走る

20151224_l1640030

予約したクリスマスケーキを受け取りに平野を走る。このイナカーナでこの時期にこんないい天気の日はない。雪さえない。帰ったら大掃除の続きをしよう。



| | コメント (0)

2015年12月23日 (水)

大掃除を・・

20151223l1640013

天気が良かったので大掃除をはじめた。掃除用品を山のように買ってきて、座敷の畳拭きからはじめる。天井が最後になり、正しい掃除的には逆である。下から上へ、たまには許してくれ給え。


| | コメント (0)

2015年12月22日 (火)

心残りがあって・・

20151205_dscf3294

夕方の新幹線へ乗るまでの時間を利用して再び神保町へ戻る。散々迷った末、古本を16冊選んだ。自宅へ送るように店に頼んだところ、1万円以上購入の場合、送料を無料にすると言う。そこで、もう6冊を追加した。翌々日、イナカーナへ届いた本の重量を計ったら9.5キロもあった。持って帰らなくて良かった。



| | コメント (0)

2015年12月21日 (月)

ペレーニのバッハを

20151206_dscf3487

アンコールは2日共、バッハ無伴奏チェロ組曲の中から二曲づつ演奏された。何年かぶりに来日したハンガリーのチェリスト、ミクローシュ・ペレーニ。どうしても聴きたかったので同窓会の日程になんとか組み込んだ。

築地にあるコンサートホールは大手新聞社ビルのロビーを抜けた先にあった。小編成の音楽を目的に作られたホールは木を生かした作りで客席数は4~5百だろうか。満席で予想以上に女性の観客が多い。地味なチェリストの真面目なブログラムに関心を持つような観客はボクのような興味の狭いオジさん、ジイさんたちだろうという予想は見事に覆された。

2日目のコンサート中に寝てしまう。これを『同窓会のタタリ』と言う。演奏に入る前、微笑みに似た表情を見せたペリーニは淡々と自然にバッハを弾いた。まるでケレンを見せない人である。アンコールで高音を巧みに弾いた第6番2.アルマンド(初日)も良かった。

イナカーナに戻ったらレコードでバッハ無伴奏を聴きなおそうーッと。



| | コメント (0)

2015年12月20日 (日)

金曜の夜、そして土曜の朝

20151205_dscf3271

京したその夜、宿泊したのは茅場町のビジネスホテルだった。706号のひとつしかない窓からは首都高速が見下ろせ、その手前左にこれも高さのあるビルが見えた。

この夜、コンサートから帰ったのは午後9時30分。ホテルにほど近いコンビニで求めたサンドイッチと缶ビールで遅い夕食を摂った。テレビで少し前の007を「あまり出来が良くないな」と見終え、バスに浸かり就寝したのは深夜。

寝る場所が違ったせいか早朝に目覚め、ロールカーテンを開け、窓から朝焼けを眺めた。この時がたぶん5時半とか6時。ところが向かいのビルの明かりはまだ付いており、動く人の気配があった。前夜、ビルのブラインドの隙間から机に向かう人が見えたので、この人は金曜の夜から土曜の朝まで徹夜をしたことになる。

そう、徹夜。筆者も二十代半ば、企画書をまとめるために徹夜ばかりしていた。体力と気力がある年齢の徹夜は疲労より充実感が勝る。向かいのビルの明かりを眺め、そんなことを思いながら、夜の同窓会までどこでなにをしようか・・・考えた。


| | コメント (0)

2015年12月19日 (土)

見上げる

20151204_dscf3250

たまに都会に来ると、上ばかり見上げることになる。飛行機はよく見かけたがスーパーマンは難しい。



| | コメント (0)

2015年12月18日 (金)

地にシクラメン

20151205_dscf3300_2

神保町の路上にて・・。

そういえば、この前、小椋佳の『彷徨』のLPレコードが届いた。真っ白なジャケットにショートカット女性の写真がデザインされている。少年から青年期へ成長する多感な時期を歌ったこのアルバムの歌をラジオで聞いていたのは高校生の時だった。

今ごろになって、このようなアルバムを買ってしまう年代になったというべきか・・。





| | コメント (0)

2015年12月17日 (木)

街に山茶花

20151205dscf3326

神保町の珈琲店で見かけた山茶花。冬の街の美しい彩りで珈琲がグーーンと美味くなる。



| | コメント (0)

2015年12月16日 (水)

明神前

20151205_dscf3356

神社本殿へ詣でた後、人はそれぞれの思いを胸に帰途に着く。ボクは晩秋の傾いた日射しの中の銀杏を眺めながら、地下鉄の駅へ戻った。



| | コメント (0)

2015年12月15日 (火)

祝う日

20151205_dscf3367

渓谷にかかる橋を越えて、少し歩き神社の境内へ入った。土曜だったので、結婚式の記念撮影に遭遇した。青い空を背景に、建物の赤や金、新郎新婦の黒と白に「あぁ、日本だな」と思う。



| | コメント (0)

2015年12月14日 (月)

橋の上から

Dscf3419

神保町から御茶ノ水へ戻り、橋の上から渓谷を覗いた。傾きの早い冬の日射しが谷間に影を落とし、谷の底は暗い。そうだ、ここからさほど遠くない神社へ行こうと橋を渡った。



| | コメント (0)

2015年12月13日 (日)

気がかりは・・

20151203_dscf2900

同窓会へ出かける二日前、注文していた洋なし『ル レクチェ』が届いた。まだ青くてカチカチの時に収穫されたル・レクチェは十日間ほど追熟期間が設けられ発送される。それが旅行直前に届いたわけである。食べ頃はバナナの皮が熟成した色合いになる。それが果たして何日後なのか・・・?

旅で留守の間にル・レクチェが食べ頃になってしまったらどうしよう?という気がかりを抱えたままボクは旅立った。


| | コメント (0)

2015年12月12日 (土)

007 スペクター

20151205_dscf3426

ロンドンオリンピックの時、開会式セレモニーの中で『007』が使われた。<女王陛下の007>をまさに地で行くうまい、洒落た演出だった。今回の『007 スペクター』も冒頭のメキシコシティーでの大活劇はともかく、終盤テムズ川とロンドン塔を舞台にアクションが繰り広げられた。

主役の007がダニエル・クレイグになった時、007の時代が一気に変わったように思える。時代は一気に混沌とした現代になった。007の敵も世界を破壊というよりは知的に操りたいに変わった。近作は個人的な恨み、つらみ、欲望がよりクローズアップされている。しかし、昨年からのISの活動を見ると、再び逆戻りがあるかもと懸念される。

今回の作品もずいぶんと時間とお金をかけている。そんな中で北アフリカの列車内での格闘が少し笑えたが、ここでは詳しく触れない。それが映画のルール。

例えば、ヴェネチアのホテルにある上品なバーのカウンターで、或は北アフリカの砂漠を走る高級列車のレストラン内でカクテルドレスを身につけた女性が「ウォッカ・マティーニにオリーブを入れて」とオーダーするのを―今まで生きてきて―現実に見かけた試しがない!うーむ、そうか、ボクはジェームズ・ボンドじゃなかったからね・・・。









| | コメント (0)

2015年12月11日 (金)

裏通りで珈琲を・・

20151205dscf3335

食事を終えたら珈琲である。再び神保町まで戻ると通り裏の店に入った。幸い、先客は老人が一人だけで、彼はビールを飲んでいた。ボクはブレンドを頼むと手帳を開き、何年かぶりに歩いた街の見かけたことなどを記入した。


| | コメント (0)

2015年12月10日 (木)

蕎麦を食べる

20151205_dscf3308

目的を持たないようにぶらつけば昼時である。今回は食事の予定をまるで立てて来なかった。知ってる老舗の蕎麦屋には行列ができていた。他にあてもなく並んだ。

案内された席は六人掛けのテーブルだった。肩が触れ合う狭さの席である。『大ごま蕎麦』を頼む。幅のないテーブルの真向いには女、男、女の三人連れが猪口を手に日本酒で盛り上がっていた。こんな間近で他人の酒を見る機会もない。人口密集地、江戸であった。

そういえばこの蕎麦屋は作家、池波正太郎がよく通った店でもある。池波の文章通り、従業員の客あしらいが今も良い。店の習いに客も大いに習うことになる。



| | コメント (0)

2015年12月 9日 (水)

目的もなく・・

20151205_dscf3298

夕方の同窓会まで、御茶ノ水と神保町を目的もなくぶらつく。正確には“目的もなく”ではなく“目的を持たないように”ぶらつくである。というのも、これ以上荷物を増やして街歩きはしたくなかったからである。加えて、この都の地下鉄はどうだ?この複雑さと乗り換え距離の長さはどうだぁ~。イナカーナではこんなに歩いたことがなかった。

古書、古本には昔からそれほど興味がなかった。価値ある古書は高く、古本なんて「どうして、わざわざ読む?」と思っていた。それが、イナカーナへ帰る次の日になって再びこの街へ足を向けることになるのだから、人の気持ちの変化というものはわからないものである。


| | コメント (0)

2015年12月 8日 (火)

同窓会の翌朝

20151206dscf3437

4年ぶりに会った友人たちは子どもたちや孫の話題こそ増えたが、その個性は学生時代とさほど変わってない。宴半ばで近況や関心事のひと言をいただき、まあ、そのひと言で会は盛り上がる。最後にこの同窓会には締め専任担当がおり、たった一瞬で終わる一本締めまで「いつ終わるの?」と思うくらい延々と時間を費やした。次に「もう、バーボンしかアルコールはありません」という二次会へも行った。ホテルへ帰ったのは深夜。

こんなふうにアルコールが過ぎた翌朝は早く目覚めるようにできている。さあ、今日はどこへ行こうか・・。



| | コメント (1)

2015年12月 7日 (月)

同窓会を終えて・・

20151202_dscf2874

4年ぶりの同窓会を終えて、昨晩の深夜に帰る。入浴剤を入れた風呂から上がり、人のことや自分のことに思いを巡らす。友人たちはどんな思いで同窓会を後にして、いつもの日常へ帰っていったのだろう・・・。



| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

続・誘われて

20151202l1630942

「あぁ、いい天気だ」と呟きながら平野を走る。産直2店をハシゴ。匂いに誘われて焼き芋を買って帰る。



| | コメント (0)

2015年12月 2日 (水)

誘われて

20151202l1630948

朝、たくさんのジェット機が飛んだ。きっと、天気に誘われたのだろう。



| | コメント (0)

2015年12月 1日 (火)

ダイアナのポップス

20151130dscf2811_2

ダイアナ・クラールがポップスの名曲をカバーした『Wallflower』をLPレコードで聴いた。最初の「California Dreamin'」(ママス&パパス)の歌い出しだけで、もう痺れてしまう。パリライブのような乗りもいいが、こんなしっとりや切なさも彼女はしっかり表現ができる。選曲をはじめデビッド・フォスターの力が大きいのだろう。センスがいいとはこういうこと。ストリングスが生かされたお洒落で大人のアルバムに仕上がっている。

レコードは一面に3曲だけという音質を重視した2枚組。オーディオファイルでもある。





| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »