« 裏通りで珈琲を・・ | トップページ | 気がかりは・・ »

2015年12月12日 (土)

007 スペクター

20151205_dscf3426

ロンドンオリンピックの時、開会式セレモニーの中で『007』が使われた。<女王陛下の007>をまさに地で行くうまい、洒落た演出だった。今回の『007 スペクター』も冒頭のメキシコシティーでの大活劇はともかく、終盤テムズ川とロンドン塔を舞台にアクションが繰り広げられた。

主役の007がダニエル・クレイグになった時、007の時代が一気に変わったように思える。時代は一気に混沌とした現代になった。007の敵も世界を破壊というよりは知的に操りたいに変わった。近作は個人的な恨み、つらみ、欲望がよりクローズアップされている。しかし、昨年からのISの活動を見ると、再び逆戻りがあるかもと懸念される。

今回の作品もずいぶんと時間とお金をかけている。そんな中で北アフリカの列車内での格闘が少し笑えたが、ここでは詳しく触れない。それが映画のルール。

例えば、ヴェネチアのホテルにある上品なバーのカウンターで、或は北アフリカの砂漠を走る高級列車のレストラン内でカクテルドレスを身につけた女性が「ウォッカ・マティーニにオリーブを入れて」とオーダーするのを―今まで生きてきて―現実に見かけた試しがない!うーむ、そうか、ボクはジェームズ・ボンドじゃなかったからね・・・。









|

« 裏通りで珈琲を・・ | トップページ | 気がかりは・・ »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裏通りで珈琲を・・ | トップページ | 気がかりは・・ »