« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

ケーキの予約

20151127l1630901

クリスマスケーキのチラシを菓子屋に送ってもらった。どうしても毎年同じケーキを予約してしまう。これを『モンブランの法則』と言う。



| | コメント (0)

2015年11月29日 (日)

ブフォーー

20151129_dscf2803

ブフォーーとほら貝を鳴らしながら山からひげ山伏が降りてきて、御札を置いていった。「寒いですね」と声をかけたら「うーむ、寒い。今朝、峠は10センチの雪でした」と山伏は応えた。愛想のいい山伏である。山伏は平野の町々をまわり、御札を配り、時にコミュニケーションを取り、ブフォーーーーと帰る。



| | コメント (0)

2015年11月28日 (土)

あらしの夜に・・

20151127l1630882_2

低気圧が三つも集まり北上し、当イナカーナにも暴風警報が出された夜。つまり、あらしの夜にキッチンに面した庭から風の音をものともしないうなり声が「ウー、ニャーーーー!」とあった。すぐ後に、その威嚇に応える「ニャ、ニャーー!」もあり、姿の見えないにらみ合いがしばらく続いた。

猫もこの激しい嵐にきっと血が騒いだのだろう・・。


| | コメント (0)

2015年11月27日 (金)

初アラレ

20151127_l1630899

朝8時、この冬初めてのアラレが降った。昼は熱いそばにしようか、うどんにしよか、フーフー吹いて、箸持とか・・。


| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

もう、すっかり

20151115_dscf2606

雨と風で、もうすっかり葉が落ちた頃、『マイナンバーの案内』が届いた。


| | コメント (0)

2015年11月25日 (水)

マフラーや、マフラー

20151125dscf2763

マフラー、手袋、帽子が冬は欠かせない。モスラーのメロディで♪マフラーや、マフラーである。


| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

寒くなる

20151119dscf2666

寒くなった。灰色の曇り空の下、風もあり、時おりの雨。残った冬支度は天気を見ながら、その日の朝に計画する。日が射す天気がますます貴重になってゆく。



| | コメント (0)

2015年11月23日 (月)

天国でまた・・・

20151118dscf2617

フランスの作家、ピエール・ルメトールの『天国でまた会おう』(早川書房)を読んだ。この作品、単行本(¥3200)と文庫(上下巻、各¥740)の同時刊行の形をとっている。このことからも、2014年のベストミステリーと評価された『その女アレックス』からはじまったピエール・ルメトールの人気の程がうかがえる。そういう私も『その女・・』、『死のドレスを花婿に』、『悲しみのイレーヌ』と読み、今回の『天国で・・』を手に取った。

『天国で・・』は第一次世界大戦に従事した兵士アルベールが主人公。元銀行員(経理係)で見るからにオドオドした気の弱いアルベール。著者ルメトールの小説の主人公はすべからく個性的である。読みはじめはこんな主人公で長い小説を読ませ続けることができるの?と思わせる。しかし、そこはルメトールである。登場人物たちの際立ったキャラクターはもちろんのこと、こんなのあり?という題材に着想を得て、他作家の引用にしても警句にしても、見事に料理して見せる。

元教師ピエール・ルメトールの読書体験という蓄積で一風変わった小説を物語る。



| | コメント (0)

2015年11月22日 (日)

疲れた

20151106_l1630511

天気が変わる前に、庭木の冬支度と冬期間用の車庫を設置した。いい天気だったので気持ちよく出来た。おかげで疲れた。褒美は何にしよう?



| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

風情の掃除

20151119_dscf2638

庭が落ちたカエデで赤くなったが、これから天気が荒れそうなので急いで掃き集めた。風情より掃除がイナカーナでは勝つことになっている。



| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

冬タイヤへ

20151106_dscf2058

来週から天気予報に雪マークが付きはじめた。そこで、タイヤの交換をした。午後4時にとりかかったら、すぐに日が暮れてしまい、ボルトの穴が見えなくなる。タイヤ交換は明るいうちにやるように・・・ネッ。



| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

メダカヶ池

20151119dscf2671

庭のカエデもほんの少しの雨風で落ちてゆく。さらばッ!



| | コメント (0)

2015年11月18日 (水)

新しい洗濯機

20151114dscf2447

新しい洗濯機が入って、シェフが喜んでいる。というのも、洗濯後の絡まりがないからである。これだと皺がつかないそうだ。ということは前の洗濯機で18年間、洗濯後に絡まりを外して干していたことになる。

家電洗濯機は“カラマール”から“カラマラン”へ進化していたのだった。



| | コメント (0)

2015年11月17日 (火)

歯石を取る

20151115dscf2602

ここひと月、歯医者に通っている。欠けた歯を治し、歯周病を検査し、ようやく今日から歯石を取ることになった。やはり、うまく磨けていないところに歯石はあった。

歯医者の帰り、港町へ寄り、ケーキを4個購入する。ある、お祝いをしよう。



| | コメント (0)

2015年11月16日 (月)

最後の輝き

20151114_dscf2505

先日、庭のカエデが最後の輝きを見せた。これが愉しめるのも、ほんの数日となった。



| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

晩秋の日々

20151110dscf2413

カエデやモミジの紅葉、銀杏の黄葉もその盛りを終え、雨や風にさらされては舞い落ちてゆく。最後の落ち葉掃除まで晩秋が日々深くなる。


| | コメント (0)

2015年11月14日 (土)

終了証

20151109dscf2201

海坂で行われていた旅がテーマの講座が終り終了証をいただいた。毎月一度の講座へ6回出席し、話を聞いただけでもらったものだ。若い時だったら、受け取ることもなかったろうが、今は違う。よろこんでもらった。副賞はある写真家の来年のカレンダー。

終了証を入れる額でも探そうか・・・な。



| | コメント (0)

2015年11月13日 (金)

放射冷却

20151112_l1630648

昨日、今日の朝と放射冷却で温度が下がった。隣り州では零下になったそうだ。朝6時50分、ジェット機が南西へ向かってキーーーーンと飛んだ。


| | コメント (0)

2015年11月12日 (木)

第二次落ち葉掃除

20151112l1630677

いい天気になったので、第二次落ち葉掃除をすることにした。欅とモミジの葉が多い。それに秋にたくさん食べた栗の葉。コンテナの中の落ち葉を長靴で何度も踏んでギュウギュウに詰めた。小さなコンテナで10杯分の落ち葉になった。


| | コメント (0)

2015年11月11日 (水)

洗濯機の選択

20151109_dscf2112

平成8年に購入、19年も使った洗濯機が先日、突然動かなくなった。修理ができないかメーカーのサービスに問合せしたところ、もう、すでに部品がないとニベもない。そこで、電気量販店へ出向き、新しい洗濯機を選択し、購入した。

量販店の家電製品総合アドバイザーは洗濯機を選ぶにあたり、パンプレットを広げ丁寧に答えてくれた。これだなと選んだ洗濯機は洗濯物の出し入れの良さ、洗剤の投入のしやすさ、透明な蓋で洗濯が見えるで選んだ。しかし、以前のものよりふた回りも大きくなり、脱衣場が狭くなる。そこで水道工事を依頼、飛び出た蛇口を無くしてもらうよう手配に至った。

こうして、ピンクの蓋の洗濯機がやってくることになった。



| | コメント (0)

2015年11月10日 (火)

週末の予定

20151109dscf2137

週末には第二次落ち葉掃除の予定である。雨が上がらないと、いい掃除ができないからね。


| | コメント (0)

2015年11月 9日 (月)

デンキン柱

20151105_l1630448

デンキン柱(イナカーナでは昔、電信柱をこう呼んだ)の移設をした。もちろん、わたしが移設をしたということではなく電力会社の委託を受けた工事会社が移設をしてくれた。頼んだのが9月のはじめだったから、実際の工事まで3ケ月かかったことになる。工期は3日間。作業延べ人員は1日10人として、合計30人となる。

デンキン柱を元の位置、1メートル20センチを動かすのに30年かかった。この国は1年間に1センチ移動しているそうだから、当該デンキン柱は大陸移動より遙かに早い4倍のスピードで移動したことになる。


| | コメント (0)

2015年11月 8日 (日)

川クダール船

20151106_dscf2037

紅葉も終りの川をクダール船が通る。汽車と同じように船の観光客も手を振ると、返してくれる。新そばを食べながら、曇り空の午後、川を眺めた。



| | コメント (0)

2015年11月 7日 (土)

黄葉へ

20151106_dscf2076


周囲の木々に黄色が目立つようになってきた。紅葉から黄葉へ移り変わる晩秋を迎えている。


| | コメント (0)

2015年11月 6日 (金)

いい雲が・・

20151106l1630465

いい雲が場流れてゆく。明日からは雨の予定なので、少しでかけることにした。



| | コメント (0)

2015年11月 5日 (木)

モットの功罪

20151030dscf1406

“bonsai”と名付けられた小型のスピーカーを聴いている。軽やかで、華やかで、ほんのり色気がある。「もうこれで、ボーカルや小さな編成の音楽は充分じゃないか・・」、小型スピーカーを求める度にそう思う。そして、しばらくするとモットいい音で聴ける筈、モット豊かに聴けないか、モット低音は?と始めてしまう。これを『モットの功罪』と言う。


| | コメント (0)

2015年11月 4日 (水)

芋ほり

20151104_dscf1889

天気がいいとシェフは芋ほりに忙しい。秋の天気は貴重なのだ。畑で掘られた小ぶりの芋は食べる分と次の収穫のための種に分けられる。洗われた芋は日の光を浴びて白く輝いた。


| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火)

『黒衣の刺客』

20151102l1630119

車のハンドルを握り、急に見たくなって出かけた映画はホウ・シャオシェン監督の『黒衣の刺客』。実はこの監督の『非情城市』は途中で退屈になり、やめたことがあった。

翻って今回の『黒衣の刺客』、全編を通して自然も建物も室内も映像がすばらしい。自然描写だけでもこの映画を見る価値がある。日本の名刹でもロケをしたというが全くわからないし、しっとりとした色彩が美しい。カラスや虫の鳴き声がとても自然。室内の紗幕を使う撮影も雰囲気を作りだしている。アクションはあくまでリアル、剣の音さえ冴えている。

この映画、製作期間が5年、総製作費が13億円とあった。監督の力量とそれを見込んだ製作サイド、出資者あってこそ映画は成り立つが、リスクを伴うのも映画である。第68回のカンヌで監督賞受賞ということだったが、映画作りの困難さをしっている監督たちだから選出したのだろう。

監督ホウ・シャオシャンが映画に求める美を見ることができる。あくまでも媚びることない美である。役者たちんも大変だったろう。過多な表情や演技がまるで使えない。たぶん、この映画は多くの観客の指示は得られない。この日の観客数はわたしを含め5人だった。



| | コメント (0)

2015年11月 2日 (月)

月曜は・・

20151027_dscf1159

寒い。曇り空の下、風にカエデが揺れている。月曜はどういうわけなのかわからないが、たぶん統計上か分析からか映画館ではメンズデイ。そこで映画を見にゆくことにした。




| | コメント (0)

2015年11月 1日 (日)

ガテマラの行方

20151029l1620933

切れたガテマラを買いに出かけた。最近、ガテマラを飲みはじめた頃の感動がない。味に慣れてしまったのか、それとも淹れ方が上達していないのか。ネットで名のある店の豆も試している。確かにおいしいが高価だ。挽き方を変えようか、思案中である。

珈琲を買いに車から降りた時に空から鳴き声が・・。「ガテマラ、どうする!」と聞こえた。



| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »