« 出かけよう | トップページ | ヒジオールで新蕎麦を »

2015年10月16日 (金)

スープが逃げる

20151015dscf9569

また、カニに逃げられてしまった。よく、あることである。カニがきた当日に調理すればいいのだが、シェフの体調もある。遠慮があるから、調理はまかせることになる。結局、それで逃げられてしまう。

ここで言うカニとは川ガニのことである。以前、フクミミの知人が秋になると毎年のように川ガニを持ってきてくれた。口を縛られた厚手の袋に入った状態で川ガニをいただくのだが、毎年のようにカニは逃げた。袋の口はヒモで縛ってあるのだがカニの力は強い!ある年は座敷の畳の上で、ある年はふすまと壁の間でもがいていたカニをわたしは見つけた。秋の深夜、正体不明の音を屋内で聞くと、カニの確率は高い。

今年は町のまつりで川ガニを購入した。もう、随分前になるが、K元首相のかけ声で地方の合併がなされ、イナカーナ州も川が生活の一部になっている町と一緒になった。その町の方がまつりで川ガニを売っていた。

カニは今回、売られていた網を切って夜の闇の中へ逃亡した。明日、カニスープになる予定のカニたちは袋から出るとあたりの様子をうかがった後、時々止まって考えたふりなどをしながら、遙か彼方の川を目指した。



|

« 出かけよう | トップページ | ヒジオールで新蕎麦を »

① イナカーナ・スケッチ」カテゴリの記事

④ フクミミ家 食卓の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出かけよう | トップページ | ヒジオールで新蕎麦を »