« 一瞬の雨 | トップページ | 雨を待っている »

2015年7月17日 (金)

ダ、ダッダッダ、ダ、ダン!

20150717dscf4687

『ターミネター:新起動/ジェニシス』を見た。キャメロンの監督した第1作『ターミネーター』を超えることはまず無理と思っていても見にいくのだから、ハリウッドの商売はしぶとくかつ手強い。

今回の『ターミネーター/ジェニシス』、サンフランシスコの有名な橋の上でのバスのシーンは―高所が怖い―よく作ってあるが、物語はより複雑になり、新ターミネーターは更に強くなり、見せ物の度合いだけが膨らんだ映画になってしまった。シュワちゃんはご愛嬌だが・・。このシリーズは液状金属ターミネーターが出てきたあたりから、どうもつまらなくなった。

シリーズになった作品はどんな映画でも最初の作品が最も優れている。今回はまあ、その確認作業の一環、ダ、ダッダッダ、ダ、ダン!とも言える。




|

« 一瞬の雨 | トップページ | 雨を待っている »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一瞬の雨 | トップページ | 雨を待っている »