« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

セミ注意報

20150725l1610940

只今、当州においてセミによる衝突事故が多発しております。セミが盛んに鳴く木々付近をご通行の際は前方中空にくれぐれもご注意願います。



| | コメント (0)

2015年7月30日 (木)

夏はアクセサリー

20150720_302dscf4706

暑くて、聴く音楽が身に入ってこない。そう、身に沁み渡らないのである。そーゆー時は電源、コード、ケーブル、インシュレーターといった機器まわりのアクセサリーを頭の中で取り換えたり、交換したりする。

もっと、良く鳴る。いい音になると考えながら暑い夜を過ごす。



| | コメント (0)

2015年7月29日 (水)

毛虫に刺される

20150725_l1610934

気づかないうちに毛虫に右手首を刺された。発疹がすぐにでき、赤くなり、とてもかゆくなった。かゆみ止めがなかったのでそのままにしていたら、やはりかゆい。結論、毛虫も蝶に苦手である。昆虫研究者にもなる予定もない。



| | コメント (0)

2015年7月28日 (火)

夏が来た 第2弾

20150727_l1610965

夏になるとメロン、桃、スイカと次々と果物がやってくる。つまり、体重は増え続けることになる。




| | コメント (0)

2015年7月27日 (月)

夏が来た

20150727l1610951

梅雨明けと共に一気に夏が来た。日陰を見つけながら、真昼の街を歩いた。




| | コメント (0)

2015年7月26日 (日)

梅雨が明ける

20150721_dscf4907

梅雨が明けた。今年の梅雨は例年になく雨が少なく、前線がイナカーナまで上がってこなかった。これから、子どもたちにとっては楽しく、大人たちにとっては何かと費用のかかる、そして、老人たちにとっては苦しい夏がはじまる。



| | コメント (0)

2015年7月25日 (土)

鬱陶しい

20150723dscf4946

梅雨、湿度が高いと鬱陶しいこと、この上ない。かと言って梅雨明けの暑さも苦手である。社会人生活に入った年、仕事で海抜1,000メートルの高原地帯で夏の一時期を過ごしたことがある。レタスやトマトと言った高原野菜に溢れた村は確かに快適で、朝夕は寒いほどだった。

別荘計画も全然進んでいないな。




| | コメント (0)

2015年7月24日 (金)

ヒグラシの都合

20150723_dscf4965

雨の中、ヒグラシが鳴いている。ワタシにとってヒグラシはいつまでも晩夏のイメージなのだがヒグラシにはヒグラシの都合があるのだろう。梅雨で湿気が凄い。窓を閉じた。




| | コメント (0)

2015年7月23日 (木)

待望の雨

20150723dscf4933

早朝から待望の雨となった。池の金魚も木々も人もやっと息を吹き返した。



| | コメント (0)

2015年7月22日 (水)

新州立競技場

20150720dscf4812

イナカーナ新州立競技場のデザインが決定しましたので、ご報告いたします。ちなみに、デザイン料はメロン1個分ほどになります。


| | コメント (0)

2015年7月21日 (火)

キャステイングに自信?

20150720dscf4762

先日、A新聞に載った「三谷幸喜のありふれた生活761」を読んだところ、“キャスティングに自信あり”というタイトルの下、妄想キャスティングを紹介。その中で桃太郎を映像化するとして、犬に松山ケンイチ、サルを大泉洋、キジは尾野真千子。桃太郎は中村勘九郎(先代?)、お爺さんに浅野和之、お婆さんに戸田恵子。桃を小池栄子とした。

それにしても、キジが尾野真千子に感心してしまった。では、ワタクシも桃太郎キャスティングを妄想しよう。犬は堺雅人、サルは柔道の篠原信一、キジは清水富美加。桃太郎には満島ひかりを!お爺さんはでんでん、お婆さんは薬師丸ひろ子。桃は土屋太鳳。

ついでにもう一案。犬は小日向文世、サルは杉本哲太、キジは真木よう子。桃太郎は武井咲。お爺さんは吉田綱太郎、お婆さんに桃井かおり。桃は吉田羊。

吉田羊なら桃でもきっと引き受けてくれると思う。


| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

ほんの少しだけ

20150720_dscf4738

ほんの少しだけ―困ったものだが―雨が降って、シェフは畑に降りた。最近、熟す前のトマトを取る家人がおり、何度注意しても聞かず「困ったものだ」とシェフは嘆いた。



| | コメント (0)

2015年7月19日 (日)

20150718dscf4602

つい先日、アメリカの探査機「ニュー・ホライズンズ」が冥王星に最短距離で接近したと話題になった。次第に冥王星表面の詳しい画像が送られつつある。

そういえば、冥王星はその地位を惑星から準惑星に分類し直されたのは2006年の国際天文学連合総会でのこと。それまで惑星の順番を水金地火木、土天海冥(ドッテンカイメイ)と教えられてきたワタクシはある意味、落胆したことを覚えている。その後、ドッテンカイメイは「ドッテンカイ」に置き換わったのだろうか?

話は変わるが、ジュン絡みで言えば”助”教授が“准”教授に変わったのが2007年のこと。こちらのジュンにはようやく慣れてきた感がする。



| | コメント (0)

2015年7月18日 (土)

雨を待っている

20150718l1610856

昨夜、海坂での講座受講を終え、駐車場の車へ向かう途中に雨が落ちてきた。しかし、その小雨もそこまでであって、イナカーナにまでは届かない雲と雨だった。

本日のイナカーナ、午後の雨の確率は60パーセント。池のメダカ、金魚共々首を長くしてお待ち申し上げております。



| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

ダ、ダッダッダ、ダ、ダン!

20150717dscf4687

『ターミネター:新起動/ジェニシス』を見た。キャメロンの監督した第1作『ターミネーター』を超えることはまず無理と思っていても見にいくのだから、ハリウッドの商売はしぶとくかつ手強い。

今回の『ターミネーター/ジェニシス』、サンフランシスコの有名な橋の上でのバスのシーンは―高所が怖い―よく作ってあるが、物語はより複雑になり、新ターミネーターは更に強くなり、見せ物の度合いだけが膨らんだ映画になってしまった。シュワちゃんはご愛嬌だが・・。このシリーズは液状金属ターミネーターが出てきたあたりから、どうもつまらなくなった。

シリーズになった作品はどんな映画でも最初の作品が最も優れている。今回はまあ、その確認作業の一環、ダ、ダッダッダ、ダ、ダン!とも言える。




| | コメント (0)

2015年7月16日 (木)

一瞬の雨

20150716_l1610860

瞬ほどの雨が降る。災害ほどの雨量は困るが真剣に雨が欲しい。




| | コメント (0)

2015年7月15日 (水)

37℃

20150709_l1610814

気温が37℃にもなり、何度か「はふー」と言ったのは一昨日のこと。干上がった池に毎夕、貯め置いた水をやる。まだまだ雨は降らない。




| | コメント (0)

2015年7月14日 (火)

氷を巻く

20150711_dscf4300

昨日はどではないが暑さは続いている。そこで、頭に氷を巻いた。これで机に向かうと受験生のようである。




| | コメント (0)

2015年7月13日 (月)

朝から暑い

20150709l1610759

送る荷物を梱包する。もっと、うまくきれいに梱包したいのだがやり直す気力がなくなる。暑さで「まあ、いっかぁ」となる。



| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

卵が4個

20150711dscf4508

シューベルトの交響曲第7番は<未完成>として知られており、残された楽章は第1と第2楽章だけである。なぜ、第3と第4がないのか諸説あるようだが、逆に考えれば“未完成”だからこそ印象が強められ、名を残したとも考えられる。

シューベルトも日記くらいつけて、「もう、これ以上書けない」「あぁ、なんて言うことだ。音符が出てこない」「気分転換に次の仕事でも」「ボク、飽きちゃた!」とか言い訳でも書き残してくれれば後世も手掛かりができたのに。



| | コメント (0)

2015年7月11日 (土)

静かになる

20150710_dscf4345

隣りにあった消防署分署が移転して3ヶ月になる。静かになった。その前は救急車要請の連絡が日に何度も聞こえたし、火事になると夜中でも真っ先に騒がしかった。

今日は土曜、鳥は鳴き、風はサワサワと枝を揺らす。最高気温は26℃。車の走行もまあ、少ない。



| | コメント (0)

2015年7月10日 (金)

合歓い

20150708l1610789

熟睡できていないのか日中に眠くなる。合歓の花を見かけたので、ネットで調べた。すると、中国医学ではネムの花を生薬として用いるとあった。精神安定や不眠解消に効果があると言う。どうりで、合歓い。



| | コメント (0)

2015年7月 9日 (木)

紫陽花

20150708_l1610800

雨が降らないので、今年はまだ紫陽花を見にいっていない。このままだと見ないでシーズンが終わりそうである。




| | コメント (0)

2015年7月 8日 (水)

今なお不良

20150707_dscf4268

マッドマックスと言えばメル・ギブスンだが、最新作の「マッドマックス・怒りのデス・ロード」は主役も当然変わっていた。そこへ、監督は第1作「マッドマックス」の産みの親、ジョージ・ミラーである。もう70歳になる監督は依然としてロック野郎なのであった。

自らを核で滅ぼした人類は水もなく、油もなく、食糧もなく、今や原始人と変わらない。あるのは荒野と化した砂漠だけである。

撮影はさぞ大変だったろう・・・。爆走する車と車上での戦いを映画のほぼ全編で繰り広げ、見せてくれたことは評価していい。CGもあるが許せる範囲。車に立てられた棒のしなり具合が画面上でも戦いにおいても効果的。原始はよくハイテクを凌駕するのである。「オレの血液袋を車に載せろ」やトレーラーでのギター演奏には笑わせられる。監督ジョージ・ミラーは今なお不良である。

ショートヘアのシャーリーズ・セロンがいい。映画に体を張っている。主役(トム・ハーディ)には、無いものねだりなのはよくわかるが色気が欲しかった。ダニエル・グレイグ(ジェームズ・ボンド、007)くらいの色気があれば、ラストはぐっと良くなる。

この映画にドラマ性や精神性を求めてはいけない。ひたすらアクションを愉しむだけでいい。


| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

額に入れる

20150707dscf4238

ベビーサラミではない、<BABY METAL>である。



続きを読む "額に入れる"

| | コメント (0)

2015年7月 6日 (月)

講座へゆく

20150705dscf4147

先月から月に一度、海坂で開講された講座へ通いはじめた。講座テーマは「旅することと生きること」。新聞記事で見つけ「旅」に魅かれた。そう、旅に出ていないと旅に魅かれるものである。第一回は「司馬遼太郎の東北紀行」、学習院大学で民俗学を専門とするA教授の講義であった。

教授は「人間にとって旅とはある種の病気である」と講義をはじめた。全部で6回の講義なので12月まで海坂へ通うこととなる。




| | コメント (0)

2015年7月 5日 (日)

夏への扉

20150705dscf4053

朝、みそ汁にトウモロコシが入る。二度目である。こうして夏への扉は開かれてゆく。



| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土)

ついで

20150701dscf3211

金魚のエサを買いにいったら、隣りにメダカのエサも売っていた。ついでなので、買うことにした。今までエサやりなどしたことのないメダカヶ池の金魚だが、さてどうなることやら・・・である。

| | コメント (0)

2015年7月 3日 (金)

わたしが一番きれいだったとき

20150626_dscf2832

深夜のラジオでたった一曲聴いたことが脳裏に残り、沢知恵のCDアルバム『わたしが一番きれいだったとき』を求めた。2005年のアルバムだが、沢さんの伝えたいことが充分に詰め込まれている。

沢さんのこのアルバムは全てピアノの弾き語りである。それが何故なのかは、一度聴いてみるとわかる。個性的なのである。誰にもマネのできない、詩の選択、強い主張、時にコミカルと韓国の血をも感じさせる独自の世界を作っている。詩への曲は彼女自身の手になる。

詩で言えば、このアルバムで採り上げられた<わたしが一番きれいだったとき>と<自分の感受性くらい>は2006年に79歳で亡くなった茨木のり子の作品である。「わたしが一番きれいだったとき」は国語の教科書にも多数載ったとあったが、わたしは知らなかった。茨木さんは大正15年生まれなので、先の大戦終戦時は二十歳くらいである。確かに“わたしが一番きれいだったとき”になる。ちなみに、彼女が埋葬された地がイナカーナからほど近い海坂のある地区とあった。ご主人の実家の寺だと思うがその地は海に面している。墓からは海が見えるかもしれない。

沢さん歌には魂が感じられる。他のアルバムも聴きたくなった。


| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

暑くなった

20150702_dscf3763

昨日まで寒かったのが嘘のように暑くなる。コンビニの発注担当者はこの気温の変化にすぐに対応しなければならないし、食品製造工場では生産ライン担当者が製造数量の調整に必死になっている筈だ。

そんなこととはお構いなしに客1のボクはコンビニ入って、正面突き当りの陳列棚の前で“冷やしたぬきうどん”にしようか、それとも“オムライス”にしようかしきりに悩んでいる。



| | コメント (0)

2015年7月 1日 (水)

梅雨に入る

20150701_dscf3208

イナカーナもやっと梅雨に入った。でも、例年より雨は少ないようだ。金魚も不満そうである。



| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »