« 躑躅の終り、紫陽花の始まり | トップページ | 海坂の駐車場にて »

2015年6月16日 (火)

PC-Triple C

20150615_dscf2556

一昨年くらい前から騒がれていた「PC-Triple C」と言う新たに製法されたオーディオケーブル用の鋼がある。その鋼を使った導体(ケープル)を一度借りて聴いたことがあった。味付けのない率直な音だと思ったが、物の出始め(新製品)は高価でもあった。費用対満足度から、その時は却下した。

それから一年が経過、その「PC-Triple C」導体の表面に金銀をコーテングしたスピーカーケーブルが届いた。太くて使い回しに手こずるが以前の印象を超えた音に感じられた。おそらく、導体表面で金銀の粒子がダンスでもはじめたのかもしれぬ。

そこで、ボクは「霧が晴れ」と名付け、使うことにした。


|

« 躑躅の終り、紫陽花の始まり | トップページ | 海坂の駐車場にて »

⑨音ノ賜物 或は 音ノ砂漠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 躑躅の終り、紫陽花の始まり | トップページ | 海坂の駐車場にて »