« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

鳥ごぼう おこげ付

20150222_dscf5833

メイ・ヨークはおこげが好きである。もちろんシェフもそのことを知っており、炊き上がった鳥ごぼうご飯の上におこげを乗せた。他に煮物やらお菓子やらを詰めて宅急便で送るのであった。



| | コメント (0)

2015年2月27日 (金)

ナチュラル・ボイス

20150225dscf5995

SHANTIの『SHANTI'S LULLABY』(SAVOY・日本コロンビア)というアルバムを最近はよく聴いている。パッケージ写真からして森林浴そのもの。「温もりのあるナチュラル・ボイスに身をまかせ、今年の冬はSHANTIに包まれたい」と帯にあったので、彼女の声に包まれたわけである。

ナチュラル・ボイス。穿った見方をすればジャニス・ジョップリンもベッド・ミドラーもナチュラル・ボイスなのだが、今の時代は透明感のある、聴いて心地よい歌声をそんなふうに言うのだろう。

今回のSHANTIのアルバムでは一曲目の『フィールズ・オブ・ゴールド』がすばらしい。勝負は一曲目に限る。最後の『夢で逢えたら』は日本語なので、彼女の声質がよりわかる。


| | コメント (0)

2015年2月26日 (木)

フェルトのスカート

20150225dscf5979_2

黒いフェルトが5メートルも届いた。何もスカートを作ろうというわけではないし、スコットランド人になってバグパイプを吹こうというわけでもない。5メートルから必要な分だけを切り出して、音楽を聴くボードやラックの下に敷こうという魂胆である。床と機器の間にフェルトを挟んで、床にキズをつかないように、或は機器が移動しやすくするのである。

それにしても5メートル。使いでが充分にある。スカートに仕立て、くるくる回って踊る?・・でも、きっと似合わない。


 

続きを読む "フェルトのスカート"

| | コメント (0)

2015年2月25日 (水)

ポテト・アンカーケー

20150223dscf5904

そう言えば、春は花粉で憂うつな季節でもあった。梅見でも桜見でも外出時にはマスクをかけ、大きなプラスチックのメガネをかけ、帰宅してからは花粉を払い、水で顔を洗う。テッシュは極端に柔らかいものを探し、目薬は欠かせず、クール度の高いものこそスッキリ。

花粉グッズも売れるわけである。



| | コメント (0)

2015年2月24日 (火)

粉眠

20150222_dscf5809

花粉症の薬を飲んだ途端、わたくしは粉眠になった。そういえば毎年、薬の飲みはじめがたまらなく眠くなるのを思い出した。そーゆーわけで、春眠の前に粉眠を覚えることになった。




| | コメント (0)

2015年2月23日 (月)

さらばモクレン

20150221dscf5814

木を切った。毎年、春先にりっぱな白い花を咲かせるモクレンの木である。昔植えた当人シェフの了解もとった。整理もひとつひとつしていかねばならない。


| | コメント (0)

2015年2月22日 (日)

甘い酒

20150222_dscf5873

メイ・ヨークが甘酒作りに2度失敗したと聞いたシェフは早速作って、宅急便で送った。「(自分が)持って行こうとしたら時間もお金も大変だ。比べたら、安いものだ」とシェフ。

ご飯の保温器で甘酒は簡単に作ることができる。できたら、容器ごと冷たい水で冷やすととても甘ーくなる。こっちの水は・・・。




| | コメント (0)

2015年2月21日 (土)

冬を外す

20150219_l1600939

天気に誘われて、雪吊りを外した。雪吊りと言っても家庭版なので大がかりなものではない。去年の晩秋に設置した時は一日半かかり、外すのは一時である。




| | コメント (0)

2015年2月20日 (金)

光が・・

20150220_dscf5798

光が春に近づいてきた。日も長くなってきた。雪が島のようになって日陰に残る。汚れちまった悲しみである。




| | コメント (0)

2015年2月19日 (木)

下書きは鉛筆で・・

20150219_dscf5781

確定申告である。記入する項目はそれほど多くないのだが、保険など内容が変わるととても面倒である。ああでもない、こうでもないと呟きながら下書き用申告書に鉛筆で記入する。そういえば、鉛筆を使うことが滅多になくなった。




| | コメント (0)

2015年2月18日 (水)

雪が消えた

20150216l1600930

まだ寒いのに周囲の雪が消えてしまった。白い冬景色からうすい灰色と建物の茶のリアルな世界が戻ってきた。


| | コメント (1)

2015年2月17日 (火)

コンシェルジュ

20150214_l1600919

昨夜、NHKを見ていたらコンシェルジュを取り上げていた。その道のプロを紹介する番組で登場したコンシェルジュは女性。活字中毒だというその女性の本棚もチラリと映像があり、見るとロバート・B・パーカーのスペンサーシリーズが並んでいた。

スペンサーシリーズ、途中から少し飽きて読むのをやめたが初期の作品は優れていた。探偵スペンサーの気の利いたセリフと彼の厚い義理人情、加えて黒人ホークとの絡みに何度も顔を緩めたものだ。

話を戻そう。番組の中、ホテルの宿泊客で当日帰国する女性がパスポートを無くしたと女性コンシェルジュへ言ってきた。コンシェルジュはその女性が前日に行った築地と利用したタクシー会社へすぐに問い合わせをする。幸いにも間もなく築地から連絡がありパスポートは見つかる。コンシェルジュはその女性を築地へ向かわせ、無事にパスポートは戻る。喜ぶ女性とその連れ、そしてホテルスタッフ。その直後、NHKスタッフが女性コンシェルジュへ「ホテルを出て空港へ向かう時に(パスポート紛失女性の)お見送りは?」と問う。コンシェルジュ答えて「見送らない。これ以上だと“くどく”なる」

コンシェルジュと探偵、どちらも経験という刃を日々、鍛えてゆく。


| | コメント (0)

2015年2月16日 (月)

氷を蹴って

20150215_l1600932

氷を蹴りながら、朝の街を500メートルほど歩く。蹴られた氷は積雪のない道路に削られ、少しずつ身を減らす。最後に思いっきり蹴ると、氷は交差点の横断に成功。日曜の朝は車も少なく、存分に氷が蹴れるぞ。



| | コメント (0)

2015年2月15日 (日)

凛の顔

Dscf5665

“凛”で音楽を聴いている。古いCDになるがキース・ジャレットがチェンバロで弾いた『ゴールドベルグ変奏曲』(ECM)を最初から最後まではじめて聴くことができた。いつもは退屈になって途中で投げ出していたのだが・・。

“凛”というCDプレーヤー、見た目と聴かせる音楽が一致するから不思議である。


| | コメント (1)

2015年2月14日 (土)

そうか・・

20150128dscf5145

そうか、今日はチョコレートの日だったのか・・じっと皿を見る。



| | コメント (0)

2015年2月13日 (金)

暴風雪警報

20150210l1600901

まだ、冬が居座っている。風が強いと外出する気にならない。だから、音楽でも聴こう。



| | コメント (0)

2015年2月12日 (木)

コンビニの帰り

20150210l1600884

コンビニの帰り、グランドに立ち寄る。メイ・ヨークは友人と一緒にこのグランドか、その近くに中学卒業記念のタイムカプセルを埋め、未だに見つけられずにいる。そんなわけだから、タイムカプセルが地上の空気を吸い、陽の目を見る確率は年々、ますます低くなっている。




| | コメント (1)

2015年2月11日 (水)

綿雪

20150209_l1600890

夕方になって綿雪が雨になった。ふわふわと舞い落ちる綿雪がもっと見たかった。寒気は緩んだ。



| | コメント (1)

2015年2月10日 (火)

寒波

20150210_l1600908

朝も夜も、白い息を吐いて廊下を進む。ゴジラのように、ガオオオオーーーン!



| | コメント (1)

2015年2月 9日 (月)

真冬日になる

20150209l1600905

平野にある本屋へ車を走らせたら、-3℃の外気温表示が2度続いた。どうりで部屋が暖まらないわけである。寒さの底にいる時はなるべくおとなしくする。



| | コメント (1)

2015年2月 8日 (日)

サラナメ目撃情報

20150128_dscf5168

ブッチ家に再び<サラナメ>が現れたという。しかも今度は二匹同時に出没したとメイ・ヨークから連絡があった。詳細は未定だが、幼いサラナメが元祖サラナメを見よう見まねしてナメナメしたというから、どうも兄弟のサラナメのようだ。



| | コメント (0)

2015年2月 7日 (土)

晴れたので

20150205l1600860

晴れたので冬期間だけのパイプ車庫を解体し、片付ける。家の敷地が開け、気分もいい。ところが、明日から一週間ほど雪という天気予報。ナンテコッタァ!




| | コメント (0)

2015年2月 6日 (金)

箱が届く

Dscf5364

頑丈なケースの箱が届く。中には<凛>が入っている。この凛はいったいどんな音を聴かせてくれるのか・・。愉しみがまたひとつ増えた・・とさ。


| | コメント (0)

2015年2月 5日 (木)

キャタピラーの終り

20150205_l1600852

夕方、薄桃色の夕焼けになった。明日はもっといい天気になるかもしれない。キャタピラーの活躍の終りも近い。



| | コメント (0)

2015年2月 4日 (水)

みんな夢の中

20150202dscf5281

<VOICE>(EMI Records)は由紀さおりの歌謡曲カバーアルバムである。なにせ昭和の時代に育ったのですべて聞いた曲ばかりである。子どもから大人まで聞ける歌が歌謡曲だった。『別れの朝』といい『涙くんさよなら』といい、由紀さおりの歌声には説得力がある。

アルバム最後の曲が『みんな夢の中』、秀逸だと思う。


| | コメント (1)

2015年2月 3日 (火)

新聞紙

20150202_dscf5209

曇り空の毎日だが、つかの間、晴れ間が覗くほとがある。そんな時を狙ってシェフは窓ガラスを拭いた。新聞紙を使って汚れを落としていた。新聞は重宝なものである。




| | コメント (0)

2015年2月 2日 (月)

冬は朝

20150201l1600838

冬は朝、誰も踏んでいない雪に足跡をつけ一人悦に入る。



| | コメント (0)

2015年2月 1日 (日)

予祝

20150201l1600837

カラフルな色の餅玉を枝に刺しているニュースを先日見かけた。これは早く春を呼ぼうとする地方の行事である。これを<予祝>と言う。イナカーナはまだまだガリガリの季節である。




| | コメント (2)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »