« 初夢を見た | トップページ | メイ・ヨーク作 »

2015年1月 4日 (日)

ほげちゃん

20150103_dscf4853

アオ太が持ってきた絵本を読んでくれた。文字は読めなくとも、父母に読んでもらっているアオ太は全てを暗記していた。その絵本とは『ほげちゃん』である。

『ほげちゃん』は衝撃の絵本だった。『100万回生きたネコ』の次くらいに感心してしまった。こんな表現ができる時代にアオ太は遭遇している。




|

« 初夢を見た | トップページ | メイ・ヨーク作 »

⑤ メイ・ヨーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夢を見た | トップページ | メイ・ヨーク作 »