« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

そして、・・・

20141216_dscf3734

12月はいろいろとあった。自分のことは置いといて、外出することが多かった。しかし、何とか始末も合い、慌ただしさの後にくる静けさの中にいる。充分に本も買ったし、音楽を聴く準備も整った。蕎麦も山のようにある。

そして、年は暮れてゆく。




| | コメント (0)

2014年12月30日 (火)

本日の予定

20141230_l1600554

頼んであった餅を取りにゆく。神棚を掃除して餅を供える。門口へ杠を飾る。昨夜の酔いを醒ます。まだ、いろいろとある。




| | コメント (0)

2014年12月29日 (月)

深夜、ポストへ

20141205dscf3556

実はグズグズして、年賀状の宛名書きをサボっていた。<ベビーメタル>のせいである。切羽詰まって、ようやく書き終えた。そういえば、中学の頃の期末テスト前夜を思い出す。試験前日まで、あれやこれやと言い訳しながらテスト勉強から逃げていた。もちろん、一夜漬けだから、浅い漬け加減、結果はいい筈がない。

そんなことを思い出しながら、年賀状の宛て名を書いた。そして、深夜のポストへ。唯一、幸いなことに玄関から郵便ポストまでは歩数で50歩。これで、ベビーメタルがまた聴ける。




| | コメント (0)

2014年12月28日 (日)

ブッチ一家

20141220_l1600442

今日、ブッチ一家がやってくる。ブッチ氏は暖かな土地で育ったせいか、雪が好きでたまらないらしい。毎年、この時期にイナカーナにきてはいたものの、雪が少なくて内心ガッカリしていた。しかし、この正月は違う。降雪予報がどーんと出た。さあ、雪かきを楽しんでもらおうーッと。



| | コメント (0)

2014年12月27日 (土)

買い物指令

20141222_dscf3823

シェフから買い物指令が出て、半日かけてグルグル、イナカーナを回る。この時期に車で出かけるものではない。街中はいたるところで渋滞し、倍の時間がかかる。帰ると疲れて寝てしまった。



| | コメント (0)

2014年12月26日 (金)

ヘドバン、ヘドバン

20141224_l1600492

NHKの特番でベビーメタルを見てから、ユーチューブ三昧をしてしまった。そろそろ現実に戻り、大掃除と年賀状の宛名書きに励もう。それにしても、ベビーメタルはモアメタル、ユイメタルの踊りが面白い。ヘドバン、ヘドバン、ヘドバン、ギャッ!



| | コメント (0)

2014年12月25日 (木)

そう・・

20141225_dscf3908

So this is Xmas
クリスマスがやってきたね

今朝、眼を覚ましたアオ太はサンタクロースから、うまくバズ(トイストーリーに出てくる宇宙服を着たオモチャ)をもらえただろうか・・?なにせ、ひと月ほど前からバズ、バズと言っていたアオ太である。きっと、真新しいバズがアオ太の枕元にあった筈だ。

アオ太はこれでトイストーリーの両主役を持つことになる。会話と気持ちが倍になる。三歳半のアオ太はさらに成長することになる。




| | コメント (0)

2014年12月24日 (水)

ケーキを買いに

20141213dscf3710

茶色のジャケットに紺色のラインが入ったマフラーを巻いた。冬の帽子はツィードの生地、皮の手袋はジャケット同様の茶色。そして、ハンドルを握って、街へケーキを買いに・・。空は雨、夜には雪になると言う。




| | コメント (0)

2014年12月23日 (火)

花を置いた

20141223dscf3803

冬の家の中は暗い。雪で眩しい外から玄関に入ると、どこかの穴倉にでも入ったかのように感じることがある。その暗さを少しでも払拭し、華やぎを持たせるためにシェフは黄色のシンビジウムと白とピンクのシクラメンを家の各所へ置いた。

これで、気分を明るくするのである。



| | コメント (0)

2014年12月22日 (月)

積雪の積雪

20141212dscf3695

一夜明けたら、イナカーナは36センチの積雪だと言う。先の雪が乗ったままの木々は50センチからの雪を頭に乗せている。車を道路へ出せる状態まで雪かきをしていたら1時間かかってしまった。




| | コメント (0)

2014年12月21日 (日)

渋滞と混雑

20141117dscf2932

この時分、イナカーナでもショッピングセンターへ向かう道は車で渋滞し、また休日も重なり、店の中は人で大混雑である。それでも、クリスマスプレゼントは買わないとね。

また、雪が舞ってきた。明日の朝までに積もりそうな雪である。


| | コメント (0)

2014年12月20日 (土)

風が収まる

20141212_dscf3685

風は収まったが、大掃除をやる気がでてこない。体と気持ちが楽な方を選ぼうとしている。少し、ラクダに乗ろう。ひとこぶ、ふたこぶ、どちらのラクダにしようか・・。




| | コメント (0)

2014年12月19日 (金)

いーち、にぃ、さぁん、しぃ・・

20141212dscf3705

「いーち、にぃ、さぁん、しぃ」、子どものボクはお風呂の中で、肩までお湯に浸かって数を数える。ようやく数え終わり上がろうとすると「後、30数えてからね」と家人が追加した。よーく、暖まらないといい子にはなれない。

子どもの頃に入った風呂は木でできていた。大きな桶状の風呂でたぶん、薪を燃やして入った。風呂から煙突も伸びていたように思う。冬、吹雪の晩、その煙突の隙間から雪が吹き込んだ。とんだ、雪見風呂であった。




| | コメント (0)

2014年12月18日 (木)

ゴーストマン・時限紙幣

20141216dscf3750

冬はミステリーを読むのに最適な季節である。先日、衆院選だったので夜は選挙特番ばかりで時間があった。

ロジャー・ホッブスの「ゴーストマン・時限紙幣」(文藝春秋社)は収穫である。著者は作品刊行時、25歳という若さ。この若さで、これだけの小説が書けることはやはり凄い。犯罪、武器、麻薬、化学と言った素材にたけ、しかもゴーストマンというキャラクター設定を作り上げる巧みさ!きっと、几帳面でAが並ぶような成績をとる優秀な若者だったのだろう。

次々とストーリーを繋ぐテクニックはどうやら、ミステリー小説のベストセラーに学んだ感が見え見えだが、文末や章末の短い(警句、自戒、指摘などの)フレーズもうまい。簡単に人を殺してしまう描写に眉をひそめる方もいると思うが、これはクライム・ノベル。

ラストはハリウッド映画のように甘いが、25歳でよく書けたと感心しきり。


| | コメント (0)

2014年12月17日 (水)

アイス南天

20141212dscf3698

凄い風になった。イナカーナにほど近い島では風速が33メートルともあった。郵便局やコンビニへ歩いて出かけたら、強い風に上半身を傾けて歩かなければならないような姿勢になった。こんな日は出歩いてはいけない。




| | コメント (0)

2014年12月16日 (火)

夕刻ガリガリ

20141212dscf3714

日中の最高気温が2℃ほどなので、夕方になると気温はさらに下がる。部屋でパソコンに向かっていると、すっかり暗くなった外から、ガリガリ、ガリリと音が聞こえる。すぐそばに州庁舎の駐車場があり、そこを利用する車が道路に出入りをする際にタイヤで氷を砕く音だ。日中、路上に付いたタイヤ痕が日暮れに凍り、デコボコを作る。一日の仕事を終えたドライバーたちは夕刻、ガリガリとした音を立てながら家路へ就くわけである。


| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

足を運ぶ

20141212_dscf3685

今回の衆院選は投票用紙に記入したい人もいなければ、党もなかったのでとても困った。最後まで迷って、ようやく投票所に足を運んだ。投票用紙に記入する鉛筆が以前より濃い感じがした。これは、Bの書き味だなと思いながら記入した。




| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

ゴーン・ガール

20141117dscf2845

急に見たくなって、デヴィッド・フィンチャー監督の「ゴーン・ガール」へ。D・フィンチャーはセブン」が衝撃的だったが、今回の「ゴーン・ガール」もそれに負けない作品の仕上がりになっている。ベストセラーの原作があるようだが、2時間44分をかけてじっくりと、さまざまに思いを巡らせることができる題材をフィンチャーは見せてくれた。

結婚5周年目の朝、夫ダン(ベン・アフレック)の前から妻エイミー(ロザムンド・バイク)が消える。キッチンの上にはかすかな血痕。さて、妻はいったいどこへ消えたのか・・・。

夫のベン・アフレック。監督もしているようだが、デビューしたての頃の彼ははっきり言って、どことなく冴えない感じがした。・・が、この「ゴーン・ガール」で見直してしまった。見た目と違い彼は実にクレバーな俳優なのではないか・・。

妻・エイミー役のロザムンド・バイク。はじめてスクリーンで見たが、彼女なくしてこの「ゴーン・ガール」は成立しない。終盤、キッチンでの姿、その美しさも含めて、それほど決まっていた。

冒頭、ミズーリ州の朝。事件が起こる朝。6時55分。辺りはうっすらと明るくなりつつあり、静けさに包まれている。家の前、道路の上に立ったダンはどんな一日になるのかまだ知らないでいる。

もう一度、見ようか・・、迷っている。



| | コメント (0)

2014年12月13日 (土)

やはり、雪に・・

20141213_dscf3673

早朝から雪になった。イナカーナは平野だから、大丈夫だろうと高を括っていた。一日で積雪は20センチを越え、何度も雪かきをするはめになった。水分の多い雪は腰にくる。




| | コメント (0)

2014年12月12日 (金)

ブラウン管テレビ

20141128l1600277

ブラウン管テレビが2台あったので、物置の整理をする。ブラウン管テレビは大きく重く、場所をとる。片づけをはじめたら、止まらなくなった。右のものを左に、左のものは右に、要は移動なのだが見た目だけでもきれいにするのは、これしかない。思いでの品々は極力開けずに片づけをした。

これで、ブラウン管テレビともサヨナラする準備が完了した。




| | コメント (0)

2014年12月11日 (木)

終日、雨が・・

20141117dscf2870

終日、雨が降った。しかも、雨粒が大きく、傘を差しているのにも関わらず、車の乗り降りの度に濡れた。いっそのこと雪なら、払えば落ち、そっちの方が気持ちは楽である。




| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

リクエストに応えて

20141209_dscf3604

リクエストに応え、昨夜、12月9日の「大黒様」のお膳をアップした。翌朝、「黒豆」を食べていたら、釘が入っていた。釘は黒豆をまっ黒な色にするためだと言う。錆びた釘の鉄分と黒豆の色素(アントシアニン)が結託して「俺は黒豆だぞー」状態になるらしい。

ハタハタは子が身の半分を占め、どっちがメインかわからなくなる。



続きを読む "リクエストに応えて"

| | コメント (0)

2014年12月 9日 (火)

Mr.ダイコク

20141205l1600407

廊下に出たら、納豆の匂いがした。今日、12月9日が「大黒様」の日だったことをこの匂いで思い出した。

シェフは午後一杯の時間をかけ「ハタハタの田楽」、「焼き豆腐の田楽」、「黒豆煮」、
「黒豆とダイコンの酢の物」、「黒豆ご飯」、「数の子」、そして「納豆汁」を作った。ハタハタはこの寒い時期に獲れ、身を膨らますほどの子をお腹に抱えている。そのハタハタを焼き、甘い味噌を塗る。酢の物の下ろし大根は黒豆から色が移り、薄い紫色になっている。納豆汁はミキサーで砕いた納豆が汁に入る。これらをお膳に乗せ、神棚へ捧げる。

かつて、仕事で明け暮れていた12月、遅い帰宅が毎日にように続いた。一年に12月が無ければどんなにいいだろうと当時は思っていた。ヘトヘトになって家に帰ると、神棚から下げられたお膳を遅い夕飯として食べた。ハタハタの白い淡泊な身と身より大きな子を甘い味噌で(ハタハタは焼いたため香ばしい)、温め直した納豆汁にはネギを入れ、「そういえば、ご飯も紫色だな」などと言いながら食べた。

そんな「大黒様の日」の夜を今年も無事に過ごしている。





| | コメント (0)

2014年12月 8日 (月)

もう、すっかり

20141204_l1600394

もう、すっかり雪がとけてしまった。まあ、雪ダルマを作れるほどの量でもなった。次の雪はうまくクリスマスに合いますように・・。



| | コメント (0)

2014年12月 7日 (日)

ヒヨドリの鳴き声

20141205_dscf3530

外で盛んに鳴く鳥がいて、シェフがいつもの鳥が南天に来ているのだと言う。いつもの鳥と言えばヒヨドリ。夏には池に水飲みに、秋には家の葡萄をついばみに、そして今は南天が目的である。その南天にも雪の粉砂糖がまぶされた。



| | コメント (0)

2014年12月 6日 (土)

初雪になった

20141205_dscf3585

昨日の夕刻、初雪になった。今朝、起きてみると5センチほどの積雪。湿っぽい雪だったので道路ではじきになくなる。

大ノ蔵村の積雪が86センチと朝のラジオとニュースで流れていた。秋に3度も出かけた大ノ蔵村にある温泉ヒジオーリも雪の中だろう。こんな寒い時は、熱い蕎麦もいいな。



| | コメント (0)

2014年12月 5日 (金)

運転手の天ぷら蕎麦

20141130_dscf3476

もう30年も前になるだろうか・・。フクミミが隣り州で仕事をしていた時代、フクミミには運転手が付いていた。隣り州までは車で約2時間、早朝、イナカーナからフクミミを乗せた車が途中まで走り、決めた場所でフクミミを下す。すると、隣り州の州都から迎えにきていた車が引き継いでフクミミを州都の職場まで運ぶのである。

これを日帰りの時は往復同じことをし、隣り州の州都へフクミミが泊まる時は州都内の旅館に宿泊することが慣わしになっていた。加えて、州都での打ち合わせ、会合、宴会も隣り州の運転手が運転する車が専属でついた。

そんな折、蕎麦を好物としたフクミミは昼食に必ずと言っていいほど外出して蕎麦を食した。その足として使った車の運転手をフクミミはいつも同席させた。フクミミがざる蕎麦を頼むと、運転手は天ぷら蕎麦を頼んだ。誰も知るように、天ぷら蕎麦は高い。ざる蕎麦の2倍もすることも多い。フクミミは自分より高い蕎麦を食べる運転手の蕎麦代を毎回支払い続けた。

フクミミは蕎麦が好きだ。蕎麦屋では蕎麦だけしか目に入らない。つまり、気前のいい人物である。


 

| | コメント (0)

2014年12月 4日 (木)

風が止んで

20141130dscf3497

強い風が止んで静かになったが、雨がまだ続いている。池の水も満杯だった。風に飛ばされた落ち葉が排水溝を何か所か塞いでいたので、取り除く。途中、足もとのブロックに気づかず、こける。こけつまろびつ・・排水溝を管理するわたくしであった。




| | コメント (0)

2014年12月 3日 (水)

見えない山

20141128l1600315

朝、起きた時にはすでに地面に雹の名残りがあった。相変わらず風は強く、イナカーナ空港では風速27メートルという報道もあった。アラレや雹が何度か降って、夕方には雷まで光り、轟いた。空は暗く灰色で、見えない周囲の山々はきっと雪なのだろう。




| | コメント (0)

2014年12月 2日 (火)

凄い風

20141122dscf3185

朝から凄い風が吹いている。こんな日はおとなしくネギでも食べていよう。



| | コメント (0)

2014年12月 1日 (月)

タイヤ交換が・・

20141129_l1600335

雨風が強い。低気圧の等圧線間隔が狭まっている。明日は雪が舞うかもしれない。天気の悪さと疲れたこともあってタイヤ交換ができない。


| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »