« 少し日が射すと | トップページ | セブンの帰り »

2014年11月20日 (木)

ロマンスをもう一度

20141018_dscf1041

ウエムラケイの「Dolce」は<今年の爽やか大賞>をあげたいくらい爽やかな歌声のアルバムである。ボサノバのリズムに乗って歌われる「ロマンスをもう一度」はもう何度聴いたか忘れるくらいに聴いた。コードを変える時の擦過音さえ、歌声同様初々しく新鮮。楽器はウエムラ自身のギターがメインで他にパーカッションとフルートだけのシンプルな編成に加えて、録音も大変優れている。

「ロマンスをもう一度」、この曲を聴けば「ロマンスはいくらでも」になる。




|

« 少し日が射すと | トップページ | セブンの帰り »

⑨音ノ賜物 或は 音ノ砂漠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少し日が射すと | トップページ | セブンの帰り »