« シイタケハウス | トップページ | 時のまにまにⅣ »

2014年9月23日 (火)

彼岸

20140920dscf9826

おはぎを食べてから墓参りへゆく。午後だったので墓の人出は少ない。墓に手向けた花に曼珠沙華が入っていた。花は朝一番でシェフが準備したもの。曼珠沙華はこの彼岸を狙って咲いたかのよう。わたしが子どもだった頃に接した大人の多くがすでに墓に入っている。

子どもの頃、その活躍をテレビで見ていたのはまず相撲、次に歌手や野球選手だろうか。スポーツや音楽家の盛りは若く短い。それぞれの世界で若くして活躍する人たちを見ながら、年齢だけは次々に追い越してしまった。そして、仕事をしているうちに歳月は瞬く間に過ぎていった。最後に残ったのが政治家の方々くらい。やがて、その政治家の方々も年下に見てしまう時を迎えるのだろう。

時は簡単に過ぎてゆく・・ようにできている。シャンソンのようでもある。




|

« シイタケハウス | トップページ | 時のまにまにⅣ »

① イナカーナ・スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シイタケハウス | トップページ | 時のまにまにⅣ »