« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

こんなふうに

20140927dscf0048

こんなふうに生きてゆけたなら・・。浅川マキの歌に確か、あった。



| | コメント (0)

2014年9月29日 (月)

次のニンジン

20140927dscf0077

まあ、ボクの場合は音に関してだが次はどんなニンジンを目の前にぶらさげて、ヒヒーン!走ろうかと思案している。



| | コメント (0)

2014年9月28日 (日)

・・でございます

20140926dscf0222

銀ノ山温泉でとてつもなく甘いスチューベンを食べてからというもの、わたしはブドウと言えばスチューベンを追い求めるようになった。一昨年だったかほど近いスーパーでスチューベンを見つけ求めたものの、その品質にガクゼンとした。そこで、片道30キロほどの海坂のはずれにブドウを買い求めるようになった。

土と気候と生産者が揃ったはずれ(イナカーナの平野から見て端にある)で育てられたブドウにハズレは少ない。


| | コメント (0)

2014年9月27日 (土)

ブドウを買いに

20140926dscf0176

海坂のはずれにブドウを買いに出かけた。海坂の山地は地下水が高いため、果物の生育によいとシェフは言う。平日の午前中なのに駐車場は混んでいた。ブドウ以外に栗、洋なし、イチジクも買う。いつものスチューベンも忘れずに・・ね。



| | コメント (0)

2014年9月26日 (金)

カーカラカッダー

20140926dscf0281

去年の夏、ボクはアオ太と話す度に「カーカラカーダー」と言った。電話でも事あるごとに話したのでアオ太は「カーカラカッダー」を完全に覚えた。カーカラカッダー、つまり「蚊から食われた」という意味になる。

今日、香りに誘われたキンモクセイの下でボクは顔や手を合計4か所「カーカラカッダー」のであった。



| | コメント (0)

2014年9月25日 (木)

傘を7本

20140925l1590551

朝から雨になる。海坂からの帰り、傘を7本買った。傘屋になれるほどの本数ではないが、こんなに一度の傘を買ったことはなかった。アジア大会ではないが、記録更新である。



| | コメント (0)

2014年9月24日 (水)

時のまにまにⅣ

20140919dscf9743

連日、井筒香奈江の『時のまにまにⅣ』を聴いている。Ⅰ、Ⅱでは4曲だけだったがⅢと今回のⅣは7曲に増えた。今回のⅣは中島みゆきの<時代>からはじまる。井筒のボーカルとピアノかベースだけなので歌そのものがやはり勝負どころとなる。歌う表現をほんの少しでも変えたら、また違う世界を見せてくれそうな歌ばかりである。だから、聴く度に納得したり、疑ったり、思い返したりと感情をさまざまに変化させられる作品に仕上がっている。



| | コメント (0)

2014年9月23日 (火)

彼岸

20140920dscf9826

おはぎを食べてから墓参りへゆく。午後だったので墓の人出は少ない。墓に手向けた花に曼珠沙華が入っていた。花は朝一番でシェフが準備したもの。曼珠沙華はこの彼岸を狙って咲いたかのよう。わたしが子どもだった頃に接した大人の多くがすでに墓に入っている。

子どもの頃、その活躍をテレビで見ていたのはまず相撲、次に歌手や野球選手だろうか。スポーツや音楽家の盛りは若く短い。それぞれの世界で若くして活躍する人たちを見ながら、年齢だけは次々に追い越してしまった。そして、仕事をしているうちに歳月は瞬く間に過ぎていった。最後に残ったのが政治家の方々くらい。やがて、その政治家の方々も年下に見てしまう時を迎えるのだろう。

時は簡単に過ぎてゆく・・ようにできている。シャンソンのようでもある。




| | コメント (0)

2014年9月22日 (月)

シイタケハウス

20140920dscf9850

何日もかけ、やっとシイタケハウスの補修と掃除が終了した。マスクが埃で汚れ、毎回新しいものを使った。フクミミは泥だらけでもお構いなしで、とても困る。




| | コメント (0)

2014年9月21日 (日)

風邪が治る

20140920_dscf9770

やっと風邪が治った。変なストレスはない筈なのに近頃見る夢は良くないのが多い。今日も朝の光が眩しい。




| | コメント (0)

2014年9月20日 (土)

しいたけ山のフクミミ

20140919dscf9718

いい天気が続いている。外で遊ぶには最適な季節だ。そういう時に限って、やらねばならぬ仕事が発生する。

フクミミがしいたけ山でまたシイタケを栽培すると言う。そして、300個もの菌床が届いた。届いたのはいいが、しいたけ山のシイタケハウス(作業小屋とも言う)は掃除を全くしないフクミミのせいで、物は散乱、埃は堆積、ガの大量発生と見るに堪えない状態になっていた。

その惨状を見るに見かねた私がここ数日をかけて、天井から床の隅々まで掃除をしている。こういう時に限っていい天気が続くことになっている。


| | コメント (0)

2014年9月19日 (金)

初DIANA KRALL

20140919_dscf9734

聴こうと思っても中々聴く機会がなかったのがダイアナ・クラール。評判になったアルバムが出てからもう何年も過ぎてしまっていた。選んだ初クラールは「LIVE IN PARIS」、タイトル通りライブである。

近年、心動かされる音楽はライブ音源が多い。スタジオのような完璧さや細工もないのでそのシンガーの実力が試される。人柄だって垣間見る(聴く)ことができる。

「LIVE IN PARIS」で一番良かったのは11曲目の<A Case of You>。ピアノだけで歌った曲がとりわけ気にいった。いったい誰が書いた曲かとカードを手に取るとJoni Mitchllとあり思わず「そうか」と頷いてしまった。ジョニ・ミッチェルには<Both Sides Now>という曲があり、「青春の光と影」と邦題が付けられていた。学生運動が激しかったあの70年代を感じさせる名曲と言えばいいか・・。

このアルバムでクラールは最後にビリー・ジョエルまで歌う。ジャズの枠はクラールによってどんどん拡げられ、パリの夜は更けてゆくのである。




| | コメント (0)

2014年9月18日 (木)

オミナエシ

20140831_l1590254

朝晩が寒い!体がまだ秋に慣れていないからだろう。今日は簾を片づけ、明日は簀戸を外そう。家の装いを夏から冬バージョンへ変えるのだ。



| | コメント (0)

2014年9月17日 (水)

稲刈り

20140916_l1590503

海坂に出向いたら、もう稲刈りがはじまっていた。同じイナカーナでも土質に違いがあるとのこと。中学の時、稲刈りをしたことがある。我ながら、ヘタであった。


| | コメント (0)

2014年9月16日 (火)

平野

20140916_l1590519

平野は稲だらけである。稲刈りがもうすぐ始まる。




| | コメント (0)

2014年9月15日 (月)

元気になろう

20140912dscf9563

夏カーゼをひきながら、家まわりの片づけをしていたせいか疲れてしまった。少し休んで、再び元気になろう。




| | コメント (0)

2014年9月14日 (日)

走る

20140913dscf9598

夕方、急に雨が降り、すぐに雨は上がり、虹を見る。走ってカメラを持って戻った頃には虹も薄くなり、写真など撮らないでそのまま見ていたほうが良かったような・・・。天候不順な秋の入り口である。


| | コメント (0)

2014年9月13日 (土)

夏カーゼ

20140907_l1590351

夏カーゼである。これは手強い。もう、3度も医者へゆき、薬ももらった。それでも治らない。熱はないのでついつい働いてしまう。汗をかいて、シャワーを浴びる。すると、ビールもうまく飲めるというわけである。しかし、風邪である。


| | コメント (0)

2014年9月12日 (金)

寒くなった

20140912_dscf9537

寒くなった。半ズボンが妙に思えてきた。夕方、靴下まで履いた。明日は、お風呂を沸かそう。




| | コメント (0)

2014年9月11日 (木)

水族館の帰り

2014082853dscf9412

水族館の帰り、メイ・ヨークがアオ太を海で遊ばせたいというのですぐそばにある岩場へ出向いた。すると、岩場と砂浜のちょうどいい場所があり、アオ太を素っ裸にした。海に入るつもりはなかったので替えの下着がなかったからだ。もとより、アオ太は何の抵抗もなく、裸になった。

確か去年の夏、アオ太はここからそう遠くない海水浴場で怖くて海に入れず、メイ。ヨークの足にしがみついて離れることがなかった。あれから一年、アオ太は嬉々として海で遊べるようになった。

岩場でメイ・ヨークがカニを捕まえた。アオ太はまだ海初心者なのでヤドカリを捕まえるのがせいぜい。アオ太の背中に海藻を載せても、アオ太は嫌がりもしない。こうして、夏を重ねて、子どもは海に染まってゆく。




| | コメント (0)

2014年9月10日 (水)

大クラーゲン

20140828dscf9290

水族館クラーゲンの一番大きな展示水槽、大クラーゲン。メイ・ヨーク情報によると最初にクラゲを運び水槽に入れたところ、水槽の下にクラゲが溜まってしまって動きがなかったとのこと。そこで、副館長が水槽内の水流をいろいろ変えて、ようやく全体をクラゲたちが回遊できるようになったと言う。

クラゲは英語だと<jellyfish>か<medusa>。ゼリーフィッシュとはなんとも味気ないし、メデューサと言ったらギリシャ神話に出てくる髪がヘビの恐ろしい怪物である。もし、メデューサが目の前に現れたら、こちらは千手観音で立ち向かわせたい。





| | コメント (0)

2014年9月 9日 (火)

水族館クラーゲン

20140828

水族館クラーゲンで見るものと言えば、クラゲとアシカショーそれだけである。イナカーナの海岸に昔からあった古く、みすぼらしい水族館は2008年、クラゲを実験に使ったS博士がノーベル賞を受賞したことでおまけに注目を浴びた。ところが館長のユニークな個性もあり、クラゲ展示に特化したことで注目が継続、今年の夏前に新装オープンとなった。

新装オープンした今でも、見るものはクラゲとアシカショーしかない。しかし、そのクラゲ展示の種類の多さと見せ方もあり、水族館は子どもからお年寄りまで平日でさえ混んでいる。

アオ太はこの水族館は二度目。一度目同様、触れるヒトデやヤドカリに熱心だった。ウナバラ1歳5ヶ月は同じ目線を泳ぐアザラシを見てヨロコビ、目を輝かした。



| | コメント (0)

2014年9月 8日 (月)

夏風邪

20140819dscf8621

夏風邪をひいた。夏の風邪なんてはじめてである。そういえば、先月すぐそばででクシャミをしていた人物がいたので、風邪をもらった確率は高い。すこし、おとなしくしていよう。



続きを読む "夏風邪"

| | コメント (0)

2014年9月 7日 (日)

素っ裸

20140825dscf9355

八月の終り。アオ太が来たので少しばかり出かけた。月ノ山を望む開墾場へはソフトクリームが目的、水族館へはクラゲを見るために。

クラゲを見た後で、メイ・ヨークがアオ太を海で遊ばせた。海水パンツも替えのパンツも用意していなかったので、三歳児は素っ裸になり海に入った。

岩場と砂浜でアオ太を遊ばせながら、わたしは時々後ろの空や山を眺めた。見えたのは夏の雲、もくもく湧き上がる雲だった。



| | コメント (0)

2014年9月 6日 (土)

アオ太のリュック

20140825dscf8807

アオ太のリュックにはハンカチ、ティッシュ、おもちゃといった定番以外にラムネ菓子がひと瓶入っている。本物のラムネの瓶を模し、小さくしたブラステック容器に菓子が入っている。

映画ドラえもん「スタンド・バイ・ミー」を見ている間、アオ太は何度かラムネをひと粒、ふた粒、口に入れ、満足げな表情をかすかに浮かべてはスクリーンに目を戻した。人も三歳にもなると、いっぱしの大人のようにラムネ菓子を嗜む。

 

話はそれるが初のCGアニメになった映画「STAND BY ME ドラえもん」はよく出来ていた。
実写映画のようなタケコプターが飛ぶシーンもあった。ドラえもんはゴムのような、或はヌイグルミのような質感。大人になったしずかちゃんがかわいかった。

・・・なんて、月並みな感想だろう。



| | コメント (0)

2014年9月 5日 (金)

パン屋になりたい!

20140827dscf8932

「パン屋になりたい」と子どもの頃言っていたメイ・ヨークは今でもパン好きである。成長して大学時代に望んだ職業は海外での<日本語教師>だったり、ピアノをやっていたことからドイツで「パイプオルガン製作者」にもなりたかったらしい。結局、彼女は卒業後、パソコンを少し売り、最後にはクマ売りになった。全国を股にかけ、メイ・ヨークはたくさんのクマを売った。

レストラン柘榴亭でのランチ。メイ・ヨークはパンのおかわりを頼んだ。出されたふわふわの白いパンを眺めながら、子どもの頃に思った職業に就けた人はよほど少ないと思った。


| | コメント (0)

2014年9月 4日 (木)

柘榴亭のデザート

20140827dscf8944

再び柘榴亭。デザートは<アイスクリームと手焼きバームクーヘン、そしてマンゴープリン>であった。今まで何度も昔、昔と恐縮だが、おみやげに結婚式の引き出物にとバームクーヘンばかりいただいた子ども時代があった。たぶん、バームクーヘンがこの国に出はじめ、認識された時代だったのだろう。そして、度重なるバームクーヘンのおやつにボクは飽き、やがて見向きをしなくなった。

そして、時は過ぎ、飛行機から降りたメイ・ヨークは木の株の形をしたバームクーヘンの紙袋を手に、イナカーナへ帰省した。おいしく進化したバームクーヘンはボクのリクエストである。ファッションに限らずバームクーヘンも時代のように繰り返しては復活するように・・できている。


| | コメント (0)

2014年9月 3日 (水)

夏の名残り

20140902l1590339

ふぅ、今日も30℃だ。平野はもうじき、黄金色に染まる。


| | コメント (0)

2014年9月 2日 (火)

牛フィレステーキ ダルフロエ風

20140827dscf8941

レストラン柘榴亭は駅から少し遠く、海坂の込み入った住宅街の一角にある。店までの道は入り組み、道幅も車一台やっと通れるほどの狭さである。雑誌で<隠れ家レストラン>と柘榴亭が紹介されたことがあった。そうか、オープンして20年も隠れていられるというのは、よほど隠れ上手なレストランなのだろう。案の定、メイ・ヨークもボクも初めて訪ねるレストランだった。そこで、予約のランチをいただいた。

「周囲の家の多くが空き家になった」と給仕してくれた女性主人が話す。今や7軒に1軒が空き家というこの国で、それ以上の空き家増加が海坂でも進む。テーブルに就くとレストランの大きな窓から向かいの家がよく見えた。破れ放題の障子が目に入った。料理を味わってもらうレストランにとって破れ障子は雰囲気を損なう。ボクが店のオーナーだったとしたら、夜中に向かいの空き家へこっそり忍び込み、破れた障子戸をカタッと外し、たっぷり糊の付いた刷毛を片手に障子紙の張替えをやりかねない。

そんな敗れた障子を眺めながら、<牛フィレステーキ ダルフロエ風>を食べた。但し、ダルフロエ風がどんな意味かもわからずに・・・ね。


| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

秋の空

20140831_l1590285

朝晩が寒くなり、掛けるものに迷うことが多くなった。空もすっかり秋の空になり、夏さぼっていた家の周囲の片づけを少しずつやりはじめよう。



| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »