« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

夏は・・

20140729_dscf8316

夏は、やはり夏である。毎日、30度を超える暑さが続いている。おかげで梅の日干しの前半戦が終了し、再び漬け込みへ入る。




| | コメント (0)

2014年7月30日 (水)

実はJAPAN

20140729dscf8265
英国より前世期の遺物のような巨大ヘッドフォーンを購入したら、本体に<JAPAN>という文字。使ってみると短い曲を1曲だけでもう十分という重さで、800g近い。そこで、頭にかけないで逆にして聴けるかどうかを検討している。

かつて、携帯電話の出はじめ、その大きさはショルダーバッグほどもあった。それには負けるがやはり重さのハンディは大きい。コレクションとしてなら認めてもいい・・かナ。



| | コメント (0)

2014年7月29日 (火)

朝、畑から・・

20140729_dscf8157

野菜の出始めは成長がそろわない。キウリが1本だけということもあった。まあ、出荷なんて考えていないので、そんなものである。「カボチャが病気だ!」シェフが嘆いた。どうやら、悪い菌がついたようである。




| | コメント (0)

2014年7月28日 (月)

夏のこまりごと

20140726l1580845

梅雨が明けて、より暑さが増すと困ることがある。毎年、夏はくだものを食べ過ぎ、太ってしまうのである。今はメロン腹だが、じきにスイカ腹になるかも・・。



| | コメント (0)

2014年7月27日 (日)

サボる

20140717l1580681

寝苦しいままに夜明け前、強い雨が二度降った。そういえば、窓を開けていたので部屋と二階へ窓を閉めに足を運んだ。NHKのラジオを点けると山口県を題材としたトークがあり、昔の長州だけに明治以降に政治、経済で名をなす人物をこの県は多く輩出している。

そして、朝。ラジオ体操は雨のためか、集まったざわめきが聞こえない。ボクも今朝の体操はサボることにした。


| | コメント (0)

2014年7月26日 (土)

夏に負けないために

20140726l1580830

シェフの梅が日干しに入った。これをメイ・ヨークは子どもの時に食べていたのである。おかげでメイ・ヨークは強くなった。



| | コメント (0)

2014年7月25日 (金)

ラジオ体操

20140722l1580743

朝、州庁舎前の広場からざわつく人声が聞こえ、眠りから覚めた。カーテンを開けると、親子たちが集まり、6時30分を待っている。「新しい朝」が今日からはじまる。



| | コメント (0)

2014年7月24日 (木)

深夜の雨

20140710_l1580576

深夜に雨の音を聞いた。ラジオを消した闇の中で、眠りに誘われながら・・。


| | コメント (0)

2014年7月23日 (水)

キウイ・ジャングル

20140722_l1580764

少し目を離していたら、畑のキウイがジャングル状態になっていた。ボクは真夏日にもかかわらずキウイ・ジャングルに分け入った。脚立に上り、空に一気に伸びた茎を全て切り、日をふさぐ葉を間引いた。そして、真夏のジャングルには再び平和が戻ったのである。アーー、ァ、アーーーーーッ!


| | コメント (0)

2014年7月22日 (火)

熱が残る

20140719l1580717

夕飯の時、缶ビールでもと磁器のグラスを棚から取り出したらが温かい。エアコンを3台同時に稼働させると当家はブレーカーが落ちてしまう。だから、キッチンにはエアコンを入れていない。夕方まで西日を浴びたキッチンに、料理のガスコンロの熱も加わり、熱気は中々収まらない。夜、階段を上ったら、そこにも熱気が澱んでいた。


| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

書留めを出しに

20140717l1580694

急に現金書留めを出す必要があり、隣りの街へ車を走らせる。大きな街だと休日でも用をたせる郵便局がある。書留めは速達にした。




| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

こういう日、こういう時

20140706l1580524

朝のウォーキングの帰り、青空にまっすぐな二本線を描くひこうき雲を見かける。こういう日、こういう時に限ってカメラを持っていなかった。内心の地団太を隠して、帰るのであった。



| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

君たちは

20140710l1580572

君たちはもうジャムになってしまったので、次はパンと仲良くすることだ。




| | コメント (0)

2014年7月18日 (金)

すもも

20140717dscf8115

知り合いから「すもも」が届いた。知り合いの住む土地は山地で朝夕の寒暖差が大きく、果物の産地として有名である。「さくらんぼ」もいただいたばかりだというのに・・。

「すもも」、漢字も和名もうまくあてたものだ。やはり、ほんのりと酸っぱい。



| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

シッソ、ノッ葉

20140708dscf6967

シェフが梅の実に漬け込むためにシソの葉を揉んでいる。シソの葉1㎏に塩40gだから、9㎏のシソの葉に対して3.6kgの塩を使うことになる。大きなボールの中でシソの葉を少しづつ回転させるように揉み込んでゆく。すると、ボールの中には徐々に濃い紫色の液体が溜まってゆく。

シッソ、ノッ葉をギュッギュッギュッギュッ、ボサノバ<イパネパの娘>のリズムにとても合う。




| | コメント (0)

2014年7月16日 (水)

いつの間にか・・

20140710_l1580595

いつの間にか、ミミズクの夜鳴きが聞こえなくなった。離れた子ミミズクを見つけそこなったか、捜すのを諦めたのか、その事情はよくわからない。しかし、ひと月近くも鳴き続けたから
親の情(本能かもしれないが)は濃い。

街の中でミミズクの鳴き声を毎夜のように聞いた、2014年7月だった。




| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

夏色の花

20140711_l1580622

夏は原色に近い濃い色の花がよく似合う。「わたしを見て!」とそれぞれ主張が激しい。





| | コメント (0)

2014年7月14日 (月)

本日の昼食に・・

20140714dscf7615_2

ホットケーキを焼いた。近年はパンケーキとも言うらしい。毎回のことだが、2枚目に焼くホットケーキが一番いい色に焼ける。きっと、いい条件がそろうのだろう。



| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

梅を10kg買ったとサ

2014071010dscf8014

マーケットで見た梅がとてもいいものだったので、シェフはたまらず2箱、10kgを買ってしまった。シェフにとってメイ・ヨークの好物はいつも優先順位が高い。



| | コメント (0)

2014年7月12日 (土)

雨が少ない

20140710dscf8061

梅雨なのに雨が少ない。例年だったら、わたしの部屋のすぐそばの池はこの季節に二~三度は水が溢れだすことになっている。今年の夏はまだそれがない。だから、池の金魚も溢れだした水に乗って地上の散策が実現していない。




| | コメント (0)

2014年7月11日 (金)

朝から雨

20140708_dscf6952

朝から雨になった。街中を流れる堰は茶色に濁って流れている。気分転換に車庫の片づけをする。溜まっていた新聞、ダンボールも小分けして紐で縛る。相変わらず、縛り方がヘタである。サディストにはなれないし、もちろん、マゾヒストにもならないことにしている。



| | コメント (0)

2014年7月10日 (木)

タイフーンの前に その2

20140710_l1580611_2

ウォーキングの帰り、公園を通ったら長ーいヘビを見かけた。1メートル50センチほどありそうだった。堰の欄干に身をからませたヘビは「暑くて、湿度も高くて、もう、やってらんないよ」とこぼした。「そっか、皮でも脱いじゃえば!」わたしはダッシュした。




| | コメント (0)

2014年7月 9日 (水)

タイフーンの前に

20140709dscf7559

梅の実をとるようにシェフから指示があった。梅の木は毎年害虫がつくので先月思いっきり枝を落とした。そのため収穫できた梅は29個だけである。

シェフはあまり実の数が少ないので梅ジャムにすると言う。



| | コメント (0)

2014年7月 8日 (火)

深夜、カタッと・・

20140706_l1580454

昨日の深夜、カタッと屋根の瓦が音を立てた。その直後、もののけが軒下を移動する気配が引き続きしたので、あのハクビシンがやってきたのだ。ハクビシンには昨年の1月に屋根裏から退去してもらっていた。

思えば昨夏に簾(すだれ)を屋根に張った夜、屋根でけたたましい音がした。たぶん、ハクビシンの爪がすだれに引っかかり、うまく外れないままに足か体を瓦にしたたか打ちつけたのだ。

あれから、1年。ハクビシンは今回、すだれに爪を引っかけることなく、深夜の屋根を歩いた。塞がれた屋根裏を確認したハクビシンは外柱に爪の跡を軽ーく残すと「今年もそうか・・」(言ったか言わないかして)去った。




| | コメント (0)

2014年7月 7日 (月)

破獄

20140706l1580524

吉村昭著『破獄』(新潮文庫)を読んだ。破獄と言うのは刑務所からの脱獄のことである。主人公の佐久間清太郎は生涯に4度、脱獄する。佐久間の身体能力と獄舎や看守への観察眼があり、刑務官との攻防が興味深い。時代は太平洋戦争を挟み、当時の社会情勢や生活、戦争状況と刑務所の関わりにも触れる。すべてに厳しい状況の中で人と人、知力の戦いである。著者は敢えて佐久間の内面には踏み込まない。各刑務所の直接の責任者の脱獄を阻む対策を具体的に描くだけである。著者の作風をそこに感じる。

少し前に、深夜のラジオで元女子バレーの選手が好きな映画を語るコーナーがあり、彼女がとりあげた映画が『ショーシャンクの空に』だった。原作はステーブン・キング。これも脱獄の話だった。このラジオでの話が書店の平台から『破獄』をわたしに選ばせた。

『破獄』を読むと当時のこの国の刑務所の実情や刑務官たちの苦労も知ることができる。あの有名な網走刑務所の当時の現状も知ることもできる。そこへ佐久間という斜視で小柄で見た目がさえない、しかし、超優秀な犯罪者がどうやって脱獄を果たしてしまうのか・・、ハリウッド映画では味わえない読む面白さがこの小説にはある。

こうして、夏の読書ははじまった。





| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

アイスクリームデイ

20140706l1580513

毎日、真夏日のような日射し。あわてて窓やトタン屋根にすだれを吊るした。

コンビニで買い物をしたら、抽選で大きなアイスの箱がふたつ当たった。ひとつはチョコレート、もうひとつはスイカ&メロンバーだった。スイカとメロンバーは夏に来るアオ太へとっておくことにした。そうこうしていたら、ハマの古い友人からアイスクリームのお中元が届いた。今日はアイスクリームデイだった。



| | コメント (0)

2014年7月 5日 (土)

失敗の夢

200140512l1570825

夜明け前、オークション入札失敗の夢で目ざめた。よほど気がかりだったのだろう。パソコンに電源を入れた時は4時を少し過ぎていた。すでにオークションは終了していたが、落札はできていた。この国の市場に出てこないものは海外で落札することが多くなった。



| | コメント (0)

2014年7月 4日 (金)

気が向いたので・・

20140702l1580392

気が向いたので、窓ガラスを拭く。雨風で汚れており、タオルを何度も洗った。サッシではない木枠の窓もあり、力を入れ過ぎないように慎重に拭く。昼までかけて三分の二ほど拭けた。残りは明日に残す。



| | コメント (0)

2014年7月 3日 (木)

ジャケットは飛行場

20140627_dscf6722

ピム・ヤコブス・トリオで『Come fly with me』を聴いた。ピム・ヤコブスはオランダのピアニスト。軽快なピアノで気楽にもまじめにも聴ける。奏者もこちらも汗が飛び散らない。ヨーロッパ人のジャズは洗練されているのが多いように感ずる。

オタンダ人ピム・ヤコブスなのでジャケットの飛行機はKLMである。そういえばPETER,PAUL,AND MARYの『Live In Japan,1967』もASTRUD GILBERTOの『the essential』のジャケット写真も飛行機を背景にしていた。

飛行機ものには傑作が生まれるとジャケットが語る。



| | コメント (0)

2014年7月 2日 (水)

メロンを買いに

20140702l1580376

メロンを買いに砂丘へ出向く。もちろん、砂丘にメロンがゴロゴロと転がっている筈もなく、砂丘近くの産直へ足を運んだ。選んだメロンの生産者の女性がいて、会話を少し。「いつも一番目立つところへ置いてますね」と言ったら、帰りにメロンとイチゴをくれた。

たくさんメロンを買うとたまにはいいこともある。食べ頃は7月4日。7月4日は確か、アメリカの独立記念日。あと、少し熟すのを待つ。


| | コメント (0)

2014年7月 1日 (火)

夜中に雨が

20140701_dscf6849

夜中に雨が降った。少しだけ息をついて、7月がはじまった。




| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »