« サリナ・ジョーンズの尾崎豊 | トップページ | 夜中に雨が »

2014年6月30日 (月)

シェフの足踏みミシン

20140630_dscf6805

シェフの足踏みミシンのベルトがのび太ので替えのベルトを捜した。ネットで売っていたので注文すると真新しい皮のベルトは3日後に届いた。ネットですぐに見つかったので、まだまだ多くの人が足踏みミシンを使っているのだろう。

既製服が十分にない(或は高価だった)時代、シェフはミシンを使って服を縫った。ボクは白い下着パンツを縫ってもらったことがある。それはいいのだが、はいて見るとパンツの前側のちょうどへそ辺りに黒糸で×印がついていた。「これだと前がわかるでしょ」とシェフは言った。

小学校の体育の時間。たぶん、ボクはパンツの×印を友人たちに見られないよう気をつけて体操着へ着替えた筈だ。×印のパンツをみんなに見せて喜ぶようなキャラクターではなかったからだ。昔のプレタポルテには、こんな苦労の時代もあったのであーる。






|

« サリナ・ジョーンズの尾崎豊 | トップページ | 夜中に雨が »

⑦ シェフ・ゴロタン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サリナ・ジョーンズの尾崎豊 | トップページ | 夜中に雨が »