« 冬期間限定 | トップページ | 廊下に漂う »

2014年2月 1日 (土)

ある判明

20140118_dscf9200

レコードを聴いていて不可解なことを何度か経験し、その原因が今までわからなかった。確かにわたしのレコード歴は浅く短い。その不可解、例えば輸入盤のキース・ジャレットの『ケルン・コンサート』(独ECM)はキース好きなら誰もが知っている名盤。コンサート当日、前日の寝不足からか万全の体調ではなく弾きはじめたキースのピアノはシンプルで美しいメロディからはじまり、何かを探りあてようと彷徨いながらも時に陶然とし、終盤へと盛り上がりを見せる。グールドより派手なうなり声も入る。

ところが、手に入れたレコードは曲の間、音がでる直前の1~2秒前に直後の音(メロディ)が小さい音で聞こえてくる現象が起こる。これが気になると、演奏に浸ることができなくなるのである。同じことが、こちらも輸入盤であるシェリングによるバッハ無伴奏『ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』(独DGG)でも聞こえた。この2件の共通項はドイツからの輸入盤であること。

そんな中、先日、海坂の電器店でソナスの新しいスピーカーの試聴会へ出かけた際、試聴会終わりに当日の講師の方に、この気にかかる現象をたずねた。すると、この現象は<プリエコー>という説明を受けた。簡単に言えばレコード時代の演奏はマスターテープに録音される。このマスターテープから何工程も経て最終的にはレコードとして販売される。ところがマスターテープ、時が経つうちにテープに磁気転写というものが起こる。つまり重ねられたテープからテープへ音がかすかに移る。そのテープから作られたレコードがプリエコーを起こす・・らしい。

果たしてマスターテープそのものが原因なのか、その子なのかまでは定かではないが製作段階、或は販売段階でこれくらいチェックできなかったものなのだろうかと疑問もある。あの几帳面なドイツ人が・・。プリエコーを避けるには海外なら初期盤、それが叶わないなら鮮度落ちを我慢して国内盤ということになる。いずれにしても、これって買い直し・・?


|

« 冬期間限定 | トップページ | 廊下に漂う »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬期間限定 | トップページ | 廊下に漂う »