« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

冬期間限定

20140129dscf0003

メイ・ヨークからリクエストがあり港町へ『バターもち』を買いに行く。初めて買うが、メイは長年、目ぼしをつけていたわけだ。こーゆーのを目のつけどころが違うと言うのだろうか?いつもこの店ではどら焼きと饅頭だけを買っていたのでバターもちは目に入らなかったのである。

そういえば新聞のコラムである女性作家が書いていた。おいしいと評判の店で女性は毎回違うものを注文するが男はいつも同じものだと・・・。つまり、食べものに関して言えば女性の方が好奇心があり柔軟、男は保守的なことになる。

もちにバターを練り込んだバターもち!フライパンで焼いてそのままでもいいが砂糖しょうゆをを塗って、海苔で巻いてのが美味しかった。

皆さん。バターもち、リクエストがあれば送ります。但し、冬期間限定、代金と送料はもちろん、いただきますが・・。



追記)メイ・ヨークとアオ太はメープルシロップをかけて食べたそうだ。うまそうだ!

| | コメント (0)

2014年1月30日 (木)

灯油タンクを抱いて

20140128dscf9684

夜になり、温風ヒーターの灯油タンクが次々に空になる。屋外へ灯油を詰めに出たら雲のない夜空にたくさんの星だ。いつも曇った空しか見たことがないので灯油タンクを抱いて、しばし星を眺めた。明日の早朝はキーンと冷えることになる。


| | コメント (0)

2014年1月29日 (水)

欄干のサギ

20140129_dscf9738

朝、公園を通った時、顔を上げたらサギがいた。堰の欄干の真ん中、5メートルほどの距離になる。「やあ、おはよう!」と声をかけようとした直前、サギは大きく白い羽を広げ悠然と飛び立った。つれないサギである。


| | コメント (0)

2014年1月28日 (火)

眼医者にて

20140121dscf0013

「空いている方を言ってください!」

わたしが答えに詰まるほど視力検査を担当する女性の声は次第に強くなっていった。「ウムム、右か?下か?」と迷うわたしに女性検査員は言外にますます圧力を加えてくる。「だって、わからない・・」を許さない雰囲気だ。

陽水の<とまどうペリカン>を口ずさみそうになる。


| | コメント (0)

2014年1月27日 (月)

あれから一年

20140121dscf9628

あの見た目はかわいいが実は凶暴な―野生の動物なのでまあ当然のことがだ―ハクビシンが出ていって一年が経つ。ハクビシンはひと月半の真冬の攻防の末、昨年の一月中旬に屋根裏から出ていった。当時、軒下に一ヶ所、ベニヤ板の破片は散乱し、破られた後があった。その穴が果たして脱出による穴なのか、それとも再侵入は図った穴なのか判然としなかったが、侵入されそうな弱い部分をすべて塞ぎ、この事件は決着した。

その後、深夜に屋根瓦を歩くハクビシンの気配を何度か感じたが今のところ大丈夫である。


| | コメント (0)

2014年1月26日 (日)

冬はミステリー

20140121dscf9577

冬に雨が続いたが、再び荒れて雪になると言う。お餅でも食べて、静かに本でも読もう。本は北欧のミステリー、以前読んだ『ミレニアム』のスティーグ・ラーソンはスウェーデン(ストックホルム)、『湿地』のアーナルデュル・インドリダソンはアイスランド(レイキャビック)、『スノーマン』のジョー・ネスボはノルウェイ(オスロ)。そして、今読んでいる『特捜部』シリーズのユッシ・エーズラ・オールソンはオランダ(コペンハーゲン)とそれぞれ国の違いや都市の描き方もあり面白い。

冬、ミステリーと炬燵に胸まで浸かっている。


| | コメント (0)

2014年1月25日 (土)

朝の霧

20140121dscf9610

朝、公園を通るとほのかにかすみ、公園からつながる平野が灰白色でまるで見えない。調べると1キロ以上が見えると「もや」で、1キロ未満は「霧」だと言う。だから、今朝の現象はもやではなく霧になる。実はイメージとしてもやと霧を今までこの逆にとらえていた。じゃあ、霞(かすみ)はと言うと、気象用語にはないそうだ。それも、つれない。


| | コメント (0)

2014年1月24日 (金)

和菓子を買いに

20140121dscf9640

和菓子を買いに港町へハンドルを握った。この日は朝から天気がよく「、西日本では日中の温度が二ケタになり、3月並みの気温になるでしょう」とテレビで言っていた。そこまでいかなくともイナカーナである、気温は6℃くらいにはなる。そのせいか、街を歩く人が普段より多い。

今日の和菓子はどれにしよう・・。どら焼きは外せないしね。


| | コメント (0)

2014年1月23日 (木)

In a pocket

20140121_dscf9607

切らした珈琲豆を挽いてもらっている間にスーパーで買い物をした。支払いを済ませレジを出てから、買い物袋を持ってきていなかったことにハタと気づいた。昼前で並んでいる客に割り込んで「袋を!」と言うのも面倒だった。

そこで、わたしはジャンパーのポケットから手袋と財布、小銭入れを取り出すと、おもむろに胸ポケットへイカ天ぷら2枚を、左ポケットへエビ天、かき揚げ各2個を、右ポケットへ玉うどん3玉を突っ込んだ。胸ポケットからイカ天が少し頭を出してはいるが新しいポケットチーフに見えないこともない。そして、大型総合スーパーの広い通路を何ごともないようにさっそうとわたしは歩き、家路へ就いた。

胸ポケットのイカ天、左ポケットのエビ天は夕飯、うどんの上へ乗ることになる。


| | コメント (0)

2014年1月22日 (水)

天気に誘われて

20140121dscf9678

朝から少し日がさし、シェフは昼前の一時間ほど街中を歩きに出かけた。そういえば、昨日、キッチンの窓全面に貼った隙間風を防ぐビニールを全部はずしてくれとわたしに命じた。キッチンから外がよく見えないと気が沈むというのがその理由。そう、気は大事だ。


| | コメント (0)

2014年1月21日 (火)

うなだれる

20140121dscf9643

うなだれる。ハガキが届いてただうなだれる。


| | コメント (0)

2014年1月20日 (月)

大寒

20140115dscf9473

大寒のくせに気温が上がった。今まで圧雪していた道路の表面が顔を出す。大寒も辛い立場にある。人の期待に応え冬の威厳を見せたいのにこの有り様である。センター試験を終えて気が緩んだのかも知れない。


| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

タオル、或は手ぬぐいとも言う

20140118dscf9536

今はもう見ることはないが、子どもの頃のこと。真冬の凍てついた夜が明けた朝、台所兼洗面所にかけてあったタオルはよく凍っていた。今はタオル、当時は手ぬぐいと言い、もちろんフェイスタオルなんてのもない時代。昨夜、お風呂で使った手ぬぐいは濡れたまま、紐にぶら下げられていた。

朝、寝起きのボクは当然、真っ先に台所兼洗面所へ走る。そこで凍った手ぬぐい、つまりカチッカチッのタオルをその形のまま紐からは外し、やおら洗面器の上にテントのように立てる。そして、傍で沸かせたヤカンのお湯をかけ、タオルの形を崩しフフッと笑いながら顔を洗った。時にタオルは武器になり敵と戦う道具にもなったが、その戦闘も笑いながらのものだった。

その後、家は何度か改築され、厳冬にタオルが凍ることもなくなった。それでも廊下に出るとタオルが凍らないくらいに今日(こんにち)でも寒い。明日は大寒となる。


| | コメント (0)

2014年1月18日 (土)

ガタカ?

20140118_dscf9562

昨年末、映画<ゼロ・グラビティ>をSF映画の久しぶりの金字塔!とブログに載せたところ、今は札幌に住む古い友人Hからもらった年賀状に彼のSF映画ベスト3が書かれていた。

彼によると「ボクの好きなSFは・ソイレントグリーン、・ブレードランナー、・ガタカ」とあった。『ソイレントグリーン』、なつかしい。わたしは映画館の予告で見た。本篇は未見である。確かチャールトン・ヘストンが緑色した似合わない服装で出ていた。ヘストンなら胸毛で出ていないと・・。『ブレードランナー』、酸性雨の降る未来の地球、冒頭、ハリソン・フォードが屋台で食べていたのはヌードルだったろうか?この映画、実はわたしもベスト5には入れたい。<ガタカ>?まるで、知らなかった。タイトルさえ知らなかった。こんなこともある。捜してみようーッと。


| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

粉砂糖

20140117dscf9531

朝、新聞を取りに玄関を開けたら、ケーキにまぶした粉砂糖のような雪が目に入った。ボクが犬だったら、・・きっと舐めていた。


| | コメント (0)

2014年1月16日 (木)

日射し

20140115dscf9507

冬の日射しは素直にうれしい。冬は雪雲が重く垂れ込め、いつも薄暗い日が多いからだ。だから、朝の挨拶時には心も明るくなるのでR。


| | コメント (0)

2014年1月15日 (水)

先を行くもの

20140115dscf9488

冬の朝、先を行くもの。例えば、朝刊配達の長靴、散歩する犬とご主人さま、鳥だと、たぶんカラス。そして、ボクの後からくるものにとってボクの足跡が先を行くものとなる。


| | コメント (0)

2014年1月14日 (火)

ドラム缶

20140114dscf9409

ようやく明るくなってきた遅い朝、灯油を詰めに外にでる。冬になり、毎日のように灯油は詰められ、ドラム缶の消費も早い。ドラム缶は灯油の量が少なくなるにつれ、内部の空洞が増え、叩くと音が良くなる。

そんな時刻、地球の裏側、カリブ海のトリニタート・トバコではドラム缶から作られたスティールパンが気持ちのいい音をビョーーーンと響かせ、「みんな、もっと、盛り上がろうぜ!」とささやくのだった。


| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

雪かき

20140113_dscf9312

雪かきをした。今朝の雪は軽い雪で、他州ほどの積雪もなかったので時間をかけることなく雪かきを終えた。

成人の日だと言う。以前は15日だったので、未だに個人的には修まりが悪い。ニュースで見たどの会場も成人は同じような格好で、そんなものかと思う。


| | コメント (0)

2014年1月12日 (日)

わたしの中のリトル・・

20140110dscf9170

わたしの中のリトル・グールドが言った。「目の前に芋があるのに、それを獲らないでどうする」と・・。

ACミラン入りした本田のインタヴューを見ていたら、村上春樹の小説に出てくるリトルピープルを思い出した。リトル・本田は目の前の10番を掴んで、ボールを巡る冒険へ向かうことになる。さらに激しい冒険となる。


| | コメント (0)

2014年1月11日 (土)

管弦楽組曲

20140109_dscf9044


バッハの<管弦楽組曲>をリヒターの指揮で聴く。この第三番の第二楽章が<エアー>、いわゆる<G線上のアリア>としてよく知られている。個人的に気に入っているのは<エアー>より、その前の序曲。序曲のくせに他の楽章より断然長い、・・のに序曲である。キリッとしてしかも賑やかで、ものの初めにふさわしいファンファーレのよう。新年、襟を正したい気分になる。

例年なら、晴れ晴れしい思いで聴くのだが今年は事情があり、友人へのレクイエムとなった。シェークシピアのマクベスではないが「明るいは暗い、暗いは明るい」。


| | コメント (0)

2014年1月10日 (金)

寒波

20140110dscf9149

寒波が来て、やっと冬らしい冬になった。暖房していない部屋へ入ると息は白くなり、廊下の棚が冷蔵庫代わりになる。そんなイナカーナの冬だ。


| | コメント (0)

2014年1月 9日 (木)

ブルックナー 交響曲第7番

20140109dscf9100

年明けに電話があり、友人の訃報を聞いた。葬儀は家族葬と言うことだった。友人のご家族からは連絡をいただいてなかったので都合もあったのだろう。亡くなった友人とは音楽という共通の趣味もあり、長いメールのやりとりを年に何度かしていた。彼は自分が気に入ったCDをわたしによく送ってくれた。

昨年、彼から最後に届いたCDがオイゲン・ヨッフム指揮、コンセルトヘボウ管弦楽団、1986年来日時の『ブルックナー 交響曲第7番』のライブだった。わたしはこの演奏を聴いてはじめてブルックナーがいいと思った。ブルックナーの壮大な山脈を仰ぎ見るような演奏がそこにはあった。

友人とはもう音楽の会話はできないが、声に出さずともこちらから語りかけることはできる。再びいい音楽に出会うことがあったら、目に見えない世界へ、声に出さない言葉を伝えようと思う。




| | コメント (0)

2014年1月 8日 (水)

そして、殻が残った

20140103dscf8882

帰省していたブッチ一家も帰り、フクミミ家に安堵と淋しさが混じった静寂が再び戻った。そして、カニの殻だけが残った。


| | コメント (0)

2014年1月 7日 (火)

カエサルがいたように

20140107_2dscf8956

この正月に読んだ本はこの一冊だけだった。塩野七生・著『フリードリッヒ二世の生涯』(上巻、新潮社)である。

その昔、大学受験で選択したのは世界史。世界の歴史のあの膨大な出来事から試験に出すなどもってのほか。大学別の過去に出題された問題の傾向と対策を参考に受験に臨んだとしても、まあタカが知れている。となると合格できたのはほとんど偶然、いや、偶然というよりは偶々(たまたま)に近いか・・。

さて、この本を読むまでフリードリッヒ二世の人物像を、中世がどういう時代かを、法王と皇帝の違いを、東ローマ帝国の場所を、第六次十字軍が何だったのかを、まるで知らなかった。受験の世界史は世界史などではなく、たんなる単語帳であった。そして、受験からながぁーい年月を経てわたくしはフリードリッヒ二世をようやく知るのである。

塩野七生の著作を読むと附箋が多くなる。塩野が好む男たちはカエサルを筆頭にいずれもオトコオトコしている。エグザイルをローマとか中世に放りこんだら面白いかも知れぬ。




| | コメント (0)

2014年1月 6日 (月)

風邪をひく

20140105dscf8990

風邪をひいた。I've caught a cold.である。ここ何年も風邪にかかったことがなかったので、その辛さを実感している。喉の痛み、鼻水、微熱、そして今は体が重い。映画<ゼロ・グラヴィディ>のように無重力空間に身を置いたら、体が宇宙船内部の底へ沈んでいきそうである。・・そんなことはないか。


| | コメント (1)

2014年1月 5日 (日)

ゴミを出しに

20140105_dscf8984

ゴミを出しにゆく。正月分のゴミは大きな袋で3個。袋の中身である破かれた包装紙、開けられたパッケージ、使用済みのテイッシュ、残りものの生ゴミは明日の朝、トラックに集荷され、焼却場へ運ばれる。そして、燃やされた経済は煙となる。


| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

初詣と牛丼

20140101_dscf8642

元旦に初詣に出かけた。出かけた先は海の神様が祭られている寺である。ご祈祷の受付は大混雑で本堂には漁を題材とした絵が何点もあった。大量のカニが山のように描かれた絵もあり、イナカーナからそう遠くない寺だが、もの珍しく眺めた。

というのもこの寺、学生時代に大晦日の深夜に出かけ、車がまるで進まず難儀したことがあった。だから、初詣には二の足を踏んでいたわけである。

この日は元旦も午後だったせいか、駐車場でそれほどの苦労なく入ることができ参拝することができた。五重塔を境内の左に見た後、急な石段を登り、本堂へ向かった。

さて、初詣の帰り。遅い昼食をしようと店を探したが元旦に満足できそうな店がやっていないのはものの道理。やむなく、街へ戻り、牛丼のチェーン店へ入る。四半世紀ぶりに入ったこの牛丼チェーン店の味を問われれば、答えに詰まる。もう、なつかしさからも遠く、舌は十二分に肥えてしまったからね。


| | コメント (0)

2014年1月 3日 (金)

黄色いソリ

20140103dscf8134

せっかく黄色いソリがあるというのに雪がなく、ソリ遊びができない。サラナメからようやく人間に成長したアオ太は悔しがった。だが、悔しがってもしょうがないと思い直したアオ太はサンダルを履くと庭に出て大きな熊手を振り回すのだった。


| | コメント (0)

2014年1月 2日 (木)

第二弾 新春の・・

20140101_dscf2745

イナカーナの冬の空はいつも灰色だが、雪が積もっていればそれなりに明るい。その雪がまた消えてしまい朝から夕方のように暗い。

さて、昨年やる予定だった同窓会をやらずに年を越したら、友人たちからお叱りのお言葉を少なからず頂戴した。だから、今年は勇気をもらえそうな冬季オリンピックもあることだし、がんばって計画したい。

その、同窓会だが墨田リバーを遊覧する屋形船でというのはどうだろう?しかし、まてよ、同窓会のメンバーを見ると集合時間を守ることができる友人が思い当たらない・・・。


| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

新春の・・

20140101dscf55691

とゆーわけで今年もよろしくお願いいたします

グールドの帽子


| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »