« 朝刊の跡 | トップページ | ピョンピョン跳ねる »

2013年12月13日 (金)

利休に・・

20131129dscf6358

映画<利休にたずねよ>を見た。直木賞の原作は読んでいない。セットをはじめ室内の暗さがよく生かされ撮影されていた。が、外での撮影は月並みに明るく、色調にも凝ってなかったのが残念。名のありそうな茶道具を使い、撮影許可が大変な建物を背景に、海老蔵は寡黙な好演、中谷も静演といっていい。

利休が目指した美もわかりやすく描いている。秀吉は醜となり、利休の美は時の権力に迎合しない。醜は生きて自分の恥を晒し、美は死しても生きる。

茶、作法、発想、デザイン、ものづくり、権力、家庭、恋と見せたい要素が多すぎた。そのいずれもがそこそこの出来なのに・・どうも、迫るものがない。利休の秘めたる恋の描き方が弱いのか、それとも秀吉との相克が弱いのか。利休と妻の距離感や描き方がまあ良かっただけに惜しい。




|

« 朝刊の跡 | トップページ | ピョンピョン跳ねる »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝刊の跡 | トップページ | ピョンピョン跳ねる »