« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

大晦日

20131221_dscf7709

シェフは再び花瓶の花を正月用へ入れ替え、神棚に餅を供えた。わたしはと言えば、玄関先にユズリハを立て、門松の変わりにし、同じく玄関のガラスへ印刷された門松のシールを貼った。最後の買い物は歩いて2分の文房具店でトレーシングペーパーを2枚買う。帰省したブッチ一家は年越しそばを夕飯で摂った後、山の神社の祭りへ出かけるそうだ。

こんな、いつもと変わらないような日常を重ねて大晦日も暮れてゆく。


| | コメント (0)

2013年12月30日 (月)

朝6:30

20131228_dscf8124

朝、すでにラジオ体操の時間だというのに、しかも冬至を過ぎたというのに世界はまだ暗い。今日は注文した餅を取りにいく。家族の送り迎えをする。修理に預けていた古く大きなスピーカーを引き取りに行く。ひとつひとつの事柄を消化して・・暮れをこなす。




| | コメント (0)

2013年12月29日 (日)

とっぴんぱらり

20131221dscf7801_2

<ひょうたん>を小学生の頃に作った覚えがある。確か、学校で育てたひょうたんを収穫し、家に持ち帰ると水に浸けた。しばらくして、ひょうたんの中の実を出し乾燥させた後、色を塗り、表面をラッカーで仕上げたと思う。出来栄えは気持ちとは裏腹に中ぐらい。その後、ひょうたんは何年か部屋にあった。やがて、人生において数えきれないほどの片づけをするうちに「これはもういいや」となった。それ以来、ひょうたんに興味を持つことはなくなった。

万城目学の『とっぴんぱらりの風太郎』の作中、ひょうたんは常でない不可思議な存在として物語を膨らませている。そういえば、主人公である風太郎が関わりを持つ豊臣のねね様、その旦那様だった秀吉の戦の旗印が瓢箪という説もあることから、『とっぴんぱらり』の着想や材はこの辺からも練られたのだろう。

この小説、時代小説の味がしない。言葉遣いもまるで現代。主人公は名前からしてプータローだし、忍者の仕事にあぶれてひょうたん作りに精を出す。最初と最後の戦いを見事に描いて、著者の作風と感覚の新しさが面白い。

小学生以来だが、小さなひょうたんが欲しくなった。つまり、小説の出来がいい。


| | コメント (0)

2013年12月28日 (土)

遅々として

20131228dscf8131

水っぽい雪が降った。雪かきのスコップが重い。そんな中、遅々として進まない家の掃除を再開する。


| | コメント (0)

2013年12月27日 (金)

年の瀬

20131222_dscf7805

この時期、駐車場はどこも混雑である。この日の眼科医院も案の定、駐車スペースがなく、それを見越していたボクはフクミミを道路で落とすと理容店へ向かった。

年末の理容店、静かな店内ではテレビの音以外は髪を切る鋏の音が軽快に響いた。客であるボクは耳掃除のあたりになると眠気に誘われ、年末に残された仕事を一時だが忘れることができた。

年の瀬、慌ただしさと静けさはセットになっている。


| | コメント (0)

2013年12月26日 (木)

ツケを払う

20131226dscf8113

大掃除だ!買い出しだ!とこじつけて年賀状の宛名書きを後回しにしていた。今日、ようやく、そのツケを払わなければならない。ふぅー、なんて下手な字だ。


| | コメント (0)

2013年12月25日 (水)

そう!

20131224dscf7951

「そう!・・This is Christmas.トナカイ、まだかな・・」、もちろん、大人にはサンタさんは来ない。いくつになってもプレゼントは欲しい。


| | コメント (0)

2013年12月24日 (火)

午後を過ぎて

20131224dscf8073


予約したクリスマスケーキを受け取りに車で街へ向かう。こういう時に限って街へ入る大きな橋にかかると道路工事中のフラッグが振られ、車は渋滞に巻き込まれた。まあ、月並みなドラマはアクシデントに見舞われて、物語は展開する。さて、主人公はどんな災難へ巻き込まれるのか・・・。

ドラマではないので、渋滞をようやく抜けたボクはクリスマスで混み合う店でケーキを受け取るとイナカーナへ。最後にシャンパンを買うのを忘れて帰る。午後を過ぎて雪になった。


| | コメント (1)

2013年12月23日 (月)

寒菊

20131221dscf7729

先週の雪が降った折、シェフは畑の寒菊をみな刈り取った。その足で家に戻ると花瓶数個に菊をストンストンと放りこみ、要所に配置したのだった。こうして、今年の畑仕事をシェフはすべて終えた。


| | コメント (0)

2013年12月22日 (日)

冬至

20131222_dscf7857

冬至だと言う。昔、好んで食べることがなかったカボチャもおいしくいただく。


| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

おお掃除

20131221dscf7717_2

家のおお掃除を始めたら止まらなくなった。次から次へと汚れが見えてくる。掃除機、拭き掃除、片づけで一日が終わる。来週いっぱいはかかる。自分の部屋が一番最後になる。そう、毎年そうなる。


| | コメント (0)

2013年12月20日 (金)

年末の行事

20131212dscf7628

年末が近づいている。その前にクリスマスがあるのだがイナカーナにツリーやイルミネーションは見かけない。まあ、雪があれば十分だが、ヒカリモノも欲しいことは欲しい。

そんな中、年末の行事用にベートーヴェンの第九のレコードが届いた。カラヤンが来日した時のライブである。数年前にCDで聴いて良かったのが購入の動機。カラヤンも燃える時には燃えるのであーる。


| | コメント (0)

2013年12月19日 (木)

海賊の事情

20131129dscf6351

トム・ハンクスがソマリア海域を航行する貨物船の船長をやる映画<キャプテン・フィリップス>を見た。2時間以上の映画だが全編に渡り、緊迫感を緩めることなく見せる監督ポール・グリーングラスの構成と演出は確かにうまい。

映画冒頭、フィリップス船長が慌ただしく自宅のあるバーモントから出かける場面から映画が始まる。バーモント州はカナダに接する州、東部だが海には面していない(海に面した場所でなくとも大きな貨物船の船長はやれるんだ・・)。山が大半で、牛が多い州らしい。メープルやはちみつを産する州なので、バーモントカレーはこの由来からネーミングされたのだろう。ちなみにジャズに<バーモントの月>(Moonlight in Vermont)というステキな曲がある。単純なわたくしは夜、もちろんカーテンを開けて部屋の照明を落とし月を眺めながら、この曲を聴く。そんなバーモント州からフィリップス船長は飛行機に乗り、中東へ向かったわけだ。

トム・ハンクスの船長としての責務を体現する演技があり、見ごたえ十分ではあるがアメリカの圧倒的な作戦と武力を見せられるとこれはどうかなと思う部分もある。確かに人道上、海賊行為は許せないことだが“痩せネズミ”と呼ばれる海賊のリーダーが言う「我々の海から大きな船がごっそりと魚を奪う」はソマリア沖の公海部分だとしても、漁民の貧しさを考えるとなんとも言えなくなる。

このような事件をニュースで目にした当時、今どき海賊!それも中東!と唖然としたものだが漁民には漁民の海賊になる事情があった。その事情もすぐに部族かアルカイダ?の資金という大義に絡めとられようと、やはりそこには<貧困>という問題が横たわる。


| | コメント (0)

2013年12月18日 (水)

くもり空

20131214dscf7682

地面に残った雪は少なくなった。ハンドルを握って平野へ出るとくもり空は思いのほか高く、周囲の山の多くが見えた。灰色の空を背景に山の雪が白くほの暗く浮き出て、その下のすそ野の褪めた青色に乗る。墨絵で言えば幽玄な感じ。本屋へ立ち寄り<すーらすらできる確定申告の書き方>を買う。すーらすら、ねえ?


| | コメント (0)

2013年12月17日 (火)

ゼロ・グラビティ

20131117_dscf5791

宇宙空間から600キロ下に見える地球ではこの時間、それが昼であろうと夜であろうと人々は何事もなく日常生活を営んでいる。ライアン博士(サンドラ・ブロック)は宇宙ステーションでの船外活動のさなか、猛スピードかつ大量の残骸物の破片に襲われ、真っ暗な宇宙空間に放りだされる。酸素の残りも少ない。

とゆーわけで映画<ゼロ・グラビティ>はサンドラ・ブロック共々、映画を見る我々をも宇宙空間に放り込む。これが恐怖そのもの。地球の、宇宙空間の、光と漆黒の、優雅にさえ見える無重力の映像へ、死の恐怖を感じながら同時に映像美をも見ることができた。

<ゼロ・グラビティ>は筆者にとって<2001年宇宙の旅>、<エイリアン>に続く宇宙ものの金字塔となった。しかし、<ゼロ・グラビティ>はSFというよりは現実そのもの。今年見た映画のベストにしたい。


| | コメント (1)

2013年12月16日 (月)

緩む

20131214_dscf7686

昨日が寒さの底で、今日は気温が緩んだ。枝についた小さなツララも落ちた。


| | コメント (0)

2013年12月15日 (日)

今年の感じ

20131211dscf7635

今年の漢字は<輪>だそうだ。時の首相は<夢>とした。おととしは確か<絆>。今年の漢字が<倍>だったら単純過ぎる。人は漢字に将来をも託す。

今年は後半に入ってから、週に一度はナポリタンを作った。あるメーカーのケチャップを使い、歯ざわりのいいエリンギを使い、仕上げにバターを加えるとその辺の店以上の味になる。おまけにタマネギ、ピーマンと野菜も入る。

ナポリにナポリタンは存在しないそうだ。フクミミとシェフはずいぶん昔、ナポリを見た。♪ナポリ、夢の街・・・という歌もあったな。


| | コメント (0)

2013年12月14日 (土)

ピョンピョン跳ねる

20131212_dscf7674

積もるか積もらないほどの雪が降る。夜、緩んだ雪が屋根を滑ってはドドドドッと地面に落ちる。廊下が冷たい。素足でピョンピョン跳ねながら廊下を走る。つま先の着地時間を極力、減らす。


| | コメント (0)

2013年12月13日 (金)

利休に・・

20131129dscf6358

映画<利休にたずねよ>を見た。直木賞の原作は読んでいない。セットをはじめ室内の暗さがよく生かされ撮影されていた。が、外での撮影は月並みに明るく、色調にも凝ってなかったのが残念。名のありそうな茶道具を使い、撮影許可が大変な建物を背景に、海老蔵は寡黙な好演、中谷も静演といっていい。

利休が目指した美もわかりやすく描いている。秀吉は醜となり、利休の美は時の権力に迎合しない。醜は生きて自分の恥を晒し、美は死しても生きる。

茶、作法、発想、デザイン、ものづくり、権力、家庭、恋と見せたい要素が多すぎた。そのいずれもがそこそこの出来なのに・・どうも、迫るものがない。利休の秘めたる恋の描き方が弱いのか、それとも秀吉との相克が弱いのか。利休と妻の距離感や描き方がまあ良かっただけに惜しい。




| | コメント (0)

2013年12月12日 (木)

朝刊の跡

20131212_dscf7671

出かけると玄関には朝刊の跡。雪混じりの雨が5時前に降っていたことになる。今朝は眠りが深かったためバイクのエンジンの音を聞いていない。今日はどんな日になる・・。


| | コメント (0)

2013年12月11日 (水)

フランスのお尻

20131210dscf7615_2

ラ・フランスの第二弾がようやく柔らかくなった。毎日、お尻を触り、食べごろを計った。


| | コメント (0)

2013年12月10日 (火)

妻を迎える夜 その2

131209_dscf7568

とゆーわけでSDカードから取り込むことができず、外付けハードディスク経由で大黒様に供えたお膳の写真を取り込むことができた。

焼き豆腐のみそはゆず風味。ハタハタはシェフがもちろん焼いた。ご飯は黒豆入りが本来なのだが「なますにも黒豆が入っている・・」とクレームを去年入れたら今年は普通のご飯にしたとシェフが言う。納豆汁の納豆はミキサーを砕き、少し酒粕を入れたらしい。

大黒様に召し上がっていただいた後でこちらがいただく。ご飯と納豆汁は食べる段になって温かいものに変えた。それにしても、大黒様が召し上がった後だというのにどういうわけか料理が少しも減っていない。・・・大黒様も妻を前にして、キンチョーして食べることができなかったのだろう・・きっと。


| | コメント (0)

2013年12月 9日 (月)

妻を迎える夜

20131209dscf6606

12月9日はイナカーナでは<お歳夜>と言い、神棚にお膳を供える風習がある。大黒様が妻を迎える夜だそうである。シェフは昨日は下準備をし、今日の午後を使い全てを揃えた。

<献立>
・黒豆ご飯
・焼き豆腐の田楽
・ハタハタの田楽
・黒豆なます
・納豆汁
豆尽くしの献立となり、ハタハタは子孫繁栄を願うもの。一年のいろいろに感謝して・・。


今は出来あいのものをスーパーで売る時代なのだが、それは口の合わない。家の味に馴染んでいるとそんなものだ。ところがお膳を写真に撮ったものの、パソコンに取り込めない。明日、どうにかしてアップしたい。


| | コメント (1)

2013年12月 8日 (日)

アーヨの四季

20131207_dscf7040

福岡でやっていたフィギュアスケートのファイナル。チャンがフリーで使っていた曲はヴィヴァルディの四季だった。そこで、イ・ムジチとアーヨのヴァイオリンで<四季>から秋と冬を聴いた。

名盤と呼ばれるレコードがある。人気のある楽曲は数多く録音されるが時が経つと簡単に忘れ去られる。その数多の中で評価され、聴かれ続けて名盤という評価を受ける。以前は「自分で見い出すものこそ価値ある演奏であーる」などと名盤には見向きもしなかったものだが、今はその角も取れて「名盤、いいね」と丸ーくなっている。

アーヨの四季はフィリップスの録音の良さもあり、とても伸びやかで瑞々しい。


| | コメント (0)

2013年12月 7日 (土)

ゆずを浮かべて

20131207_dscf7014

灰色の雲が山を包み雪を降らせているのが見えた。平野は朝からアラレや雪混じりの雨になる。そーゆーことで、ゆずを浮かべてお風呂へ入ろう。


| | コメント (0)

2013年12月 6日 (金)

ヒジオールの恐怖

20131106dscf54141

恐怖と言ってもヒジオールの橋から川を覗けばそれなりに怖いと言う程度のこと。温泉街ヒジオールに沿って流れる川には小さな橋が3~4本架かり、散歩をすればどうしても渡ることになる。せせらぎの音はいいが、下に見下ろす川は使い古された2時間ドラマを見るようで・・ハイ、カット!


| | コメント (0)

2013年12月 5日 (木)

ヒジオールの居酒屋

20131106dscf53281

外に出歩き飲む機会もないので居酒屋には行ったことがない。第一、イナカーナには居酒屋がない。ほどほどに愉しめる居酒屋へ行くには離れた街へ電車か車となる。それよりも、部屋で小説を読むか音楽を聴きながら飲んだ方がいい。

写真はヒジオールの居酒屋。小さなヒジオールに見合ったような店だった。もちろん、見かけただけであるが・・。


| | コメント (0)

2013年12月 4日 (水)

アラウで皇帝

20131204_dscf6408

クラウディオ・アラウのピアノでベートーヴェンの<皇帝>を聴いた。独ETERNAの録音の良さもあり、粒立つようなピアノの音が聴ける。それにしても、年老いたアラウはいい顔をしている。風格さえ感じられる。

もうずいぶん前、NHKでアラウの演奏を見たことがある。アラウは背筋をピーンと伸ばし、ピア淡々とピアノを弾いていた。これ見よがしとは無縁の確立された自分のスタイルがそこにはあった。

指揮者もピアニストも高齢になって評価を高める人が多い。片や、ものづくりの職人も手先をよく使い高齢まで活躍する。脳と指先はうまい具合に繋がっている。


| | コメント (0)

2013年12月 3日 (火)

年賀状の原稿を作る

20131106dscf5278

例年は早めにやっていた年賀状の原稿がまだであった。急ごしらえで作る。今年も海外へ出かけていないので身近な素材になる。2014年1月1日に公開します。


| | コメント (0)

2013年12月 2日 (月)

ケーキの予約に

20131106dscf5609

毎年くる筈のクリスマスケーキのチラシが来ない。そこで、街まで車で出かけた。いつものモンブランはまだ限定数に達しておらず、なんなく予約ができた。「ご予約は一台ですね」とカウンターのお姉さんに確認されたわたしは「はい、残念ながら・・・」と返した。


| | コメント (0)

2013年12月 1日 (日)

落ち葉の掃除

20131117dscf5917

カエデの葉が散り木々の枝が裸になったので2回目の落ち葉掃除をする。最後に岩や草木に入り込んだ葉は1枚1枚手で掴む。苦手な松の葉も、しょうがなく一本ずつ掴む。この作業を終えればいつ雪になっても構わない。


| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »