« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

森へ入る

20130929_dscf3207

晴れた秋の日、森へ入る。黄色い稲が広がる平野にコンバインの赤が点在する中、川を越えて森に入った。1年ぶりくらいだったろうか・・。

沢伝いの道は夏に度重なった大雨で半分以上も削られ、踏み外さないよう慎重に足を運んだ。森は午前中だと言うのに茂る木々の葉で暗い。それでも、細い沢の水はサラサラと流れ、鈍く反射する。時に人の気配に気づいたカエルたちが沢の水溜まりにポチャーンと飛び込んだり、栃の葉などの大きな落ち葉が静かな森にガザッと落ちては人を振り向かせた。

この沢では人に合わない、すれ違わない。虫や葉の気配だけを感じながら沢を進んだ。





| | コメント (0)

2013年9月29日 (日)

カラヴァッジョの旅

20130912_dscf2712


3年前だったろうか、カラヴァッジョの絵を見るツアーの企画があった。それに参加することが出来なかったので次の年、「ルネッサンス列伝」を著したヴァザーリのツアーに参加した。

どうも、クラシック音楽にしても旅行にしても生誕100年とか没後200年とか、記念の年(所謂、こじつけ)にならないと企画が出てこない傾向がある。柳の下の泥鰌ビジネスとまでは言わないが、隠れた需要はあるのだからそれぞれのメディアにはもっと世界を掘り起こしをして欲しい。

となれば、「カラヴァッジョを巡る旅」、参加します。


| | コメント (0)

2013年9月28日 (土)

フトンVS扇風機

20130929_dscf2894

夜、寒くなり、押入れからフトンを出す。おかげで昨夜は暖かく休むことができた。一方で、扇風機もまだ活躍の場を失ってはいない。どっちつかずの秋の日々である。



| | コメント (0)

2013年9月27日 (金)

こっそり

20130922dscf2691

クリ好きはブッチ氏である。メイ・ヨークもクリは好きな方だから、子であるアオ太、ウナ原もクリ好きになるのは目に見えている。今年の母の日だったか、ブッチ家から高級和風栗ケーキをシェフ宛にいただいた。贈り物を選んだブッチ氏こそ、そのケーキを食べたかっただろうと踏んで、こちらから同じものを後日送った。

濃厚な栗ケーキだったのでブッチ氏とメイ・ヨークはアオ太が寝てから、そのケーキを食べたらしい。そう、こっそり食べた。


| | コメント (0)

2013年9月26日 (木)

梯子

20130926_dscf2865

9月の空に梯子をかける。冬までにやらなけらばいけないことが少し見えてくる。



| | コメント (0)

2013年9月25日 (水)

で・・ございます

20130922dscf2674

数年前、メイ・ヨークが赤道直下の<ポーの国>へ住むことになり、その前に記念に行ったのが<銀ノ山温泉>だった。昔、銀が掘られた山の谷川にある本当に小さなその温泉はよくメディアでも紹介される。<銀ノ山温泉>、それまでに日帰りはしたことは何度かあったが泊まったことがなかったので家族で出かけたというわけである。

宿の夕飯は調理場わきの小さな部屋で、数組の泊り客で満席だった。料理は客が食事するペースをうかがうというより、調理が出来次第という感じで皿は次々と出された。元々、食が細く、食べるのが遅いシェフは目をクルクルさせながら食事をし、最後に出されたデザートが葡萄だった。

「スチューベンでございます」と給仕する年配の女性がうやうやしく出した葡萄。わたし自身は果物の産地近くに住んでいるせいか、デザートは本当のところ、ケーキこそうれしい。半分以上、がっかりしながら口に運んだスチューベンなる葡萄は酸味もしっかりとあり、糖度がこれ以上ないおいしいものだった。しかし、その後、近くのスーパーで購入した名ばかりスチューベンは「君、ほんとにスチューベン?」という葡萄ばかり・・。

そして、今回、山に近い果物で有名な産直でようやくスチューベンをゲット。日曜の産直は季節もあり朝から大変な混みようで人をカキワケカキワケ、一番りっぱで量もあるスチューベンのパック1kgを選んだ。スチューベン、葡萄には相応しくないネーミングだが生産者の熱意次第では最強となる葡萄だと思う。



| | コメント (0)

2013年9月24日 (火)

迷う

20130922_dscf2450

朝晩、寒くてフトンを出そうか迷う。たぶん、出せば出したで「ふう、これじゃ暑い」と煩わしく思うこともあるだろう。そんな季節の狭間にいる。



| | コメント (0)

2013年9月23日 (月)

伯母と無花果

20130923dscf2836

子どもの頃、家の庭には今はもうないイチジクの木があり、よくもいで(取って)食べた。イチジクの木は2本しかなかったが鍋1、2杯分は毎年収穫ができた。生のイチジクは遊びの合い間のいいおやつ変わりだった。

熟れたイチジクをもぎ取ると、直後の茎断面には乳白色の液体が滴のように湧き出る。生命の滴りだ。もぎ立てのイチジクはどういうわけか、少し気恥ずかしい気がした。

そのイチジクを亡き伯母は毎年、鍋で煮た。ひたひたの水に味付けはたぶん、しょうゆと砂糖。出来上がったイチジクはあめ色になり、冷めてからますますおいしくなる。冷蔵庫のなかった時代。台所の食器箱の戸を開けると、どんぶりに盛られたイチジクが置かれていた。限られたおこずかいを使い果たしたわたしはイチジクを摘むと口に運んだ。

そのイチジクを料理した伯母が亡くなってから、ずい分になる。伯母は病気のこともあり嫁ぐことなく、終生家に残った。時代はこの国の高度経済成長時代。親に代わって、子どもたち(兄弟や親戚)の面倒を伯母はよく見た。晩年、病気になる前まで伯母は家まわりの草取りをした。近づいたわたしに気づくと伯母は草取りの手を休め、分厚い老眼鏡を上げ、わたしを見やった。そんな写真が1枚残っている。

わたしが居なくなればこの伯母を語る者もいなくなる。イチジクから思い出す記憶である。

| | コメント (0)

2013年9月22日 (日)

おいしい葉

20130920dscf2424

まだ朝露が稲の葉の上で光る朝、ようやく羽根を乾かしたイナゴたちはあちたこちらに移動しては葉をムシャムシャ食べる。稲が刈られるまで食べ放題だから、たらふく食べる。

そのイナゴを捕まえようと早朝にやってくるのは人だ。動きの鈍いイナゴは稲の葉の裏側にじっと身を潜め、人をやり過ごそうとする。

朝の攻防がイナカーナのいたる所で繰りひろげられる。



| | コメント (0)

2013年9月21日 (土)

歓声が聞こえた

20130920_dscf2412

田んぼに面した遠いグランドから子どもたちの歓声が聞こえた。歓声はサワサワと揺れる稲穂たちの上を風と一緒に飛んでゆく。イナカーナの稲刈りも中盤である。



| | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

ひっそりと静かに

20130916dscf2334

オーケストラのような編成の大きな曲に疲れたら、ひっそりと静かにズスケのモーツァルトでも聴こう。ちなみにズスケはドイツのヴァイオリニスト。Karl Suske とあったのでスズケだと最近まで思い込み、呼んでいた。

鈴が鳴るようなヴァイオリンを弾くと評されていた奏者なので、鈴ケが実にピッタリだったのに・・ネ。



| | コメント (0)

2013年9月19日 (木)

月のワルツ

20130916_dscf2233

満月の朝、ふと目覚めてしまいラジオのスイッチを押したらとてもいい曲が流れだした。「月のワルツ」という曲だった。NHKのみんなの歌で数年前に使われたらしい。そういえば、一度くらいは耳にしたような・・・。番組では月にまつわる歌の特集で、次はミソラヒバリだった。

今日もいい天気。いい満月が上がる予定だ。



| | コメント (0)

2013年9月18日 (水)

靴下を履く

20130916dscf2256

靴下を履く。西洋ナシを食べる。秋であーる。


| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

タイフーンの掃除

20130917dscf2301

タイフーンが去った翌朝、イナカーナでは枝や葉がそこら中に散乱していた。枝の多くは枯れ枝だから、タイフーンはいい掃除をしたことになる。木々もすっきりした顔に見えた。



| | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

タイフーンが近づく

20130916dscf2296

朝、祭りで灯した灯篭と提灯を片付ける。その足で、排水溝を塞いでいた落ち葉も取り除く。家に戻り、部屋の窓にこの夏下げていた簾を外す。

うつらうつらしながら、手蔦葵のアルバム<The Rose>を聴いていたら何度となく外を走る車が上げる水しぶきの音がした。昼近くになり雨と風が強くなり始める。

タイフーンが近づく。



| | コメント (0)

2013年9月15日 (日)

祭りは雨

20130907_dscf2053

タイフーンのフェーン現象で昨夜は室温が30℃もあり、寝苦しい一夜だった。今日になって、ようやく雨になり、温度も下がった。祭りは雨となった。



| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

ハチに刺される

20130909_dscf2138

また、ハチに刺された。一昨年以来、2度目である。葉が茂っていて蜂の巣があることを気づかず鋏を動かしている最中、左の親指に痛みが走った。助けを呼んだが家人は生憎不在だった。すぐに畑へ向かい、花ニラの茎を引き契り、茎同士を強くすり合わせた。出てきた緑色の汁を刺された箇所へ付けた。

翌日、左の親指周辺は薄赤くなり腫れた。刺されていない右の親指を並べてみたら2割ほど指が太くなっていた。治るまで、しばらく時間がかかりそうである。



| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

踏切の彼方

20130909dscf2161

踏切の彼方を夏が走り去ってゆく


| | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

散乱

20130909_dscf2130

本、雑誌、新聞の切り抜き、テープ、文房具、靴下、証書、ウチワ、空箱・・・、部屋が散乱している。毎朝、掃除しようと決心はする。



| | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

おい、祭りだぜ!

20130907dscf2067

「おい、祭りだぜ!」とカマキリは言った。どうやら、昨日は神社のあたりにいたらしい。祭りということは酒でも出せという意味だったのだろうか?その真意を探る前にいつのまにかカマキリは姿を消していた。まだ、暑い午後の出来事だった。



| | コメント (0)

2013年9月10日 (火)

雨上がりの朝

20130909_dscf2150

雨上がりの朝、散歩の途中、小石の変わりにトチノミを7、8回は蹴っ飛ばす。澄んだ空気に加えて気分も上々。今度、アオ太に見せびらかすことにしよう。


| | コメント (0)

2013年9月 9日 (月)

柘榴の木

20130909dscf2181

高い脚立に上がって柘榴の木を剪定していたら、鳥の巣を見つけた。もちろん、鳥は不在である。柘榴の木は生長が早く、1年でぐんと枝を伸ばす。枝が高くなり過ぎ、剪定ばさみが届かなくなくなってしまうので木の先端を毎年、短くしている。

その柘榴。枝に細くて鋭い針のようなトゲを持つ。これが痛い。作業中に指と腕に刺さり、脚立の上で2度飛び上がった。

枝を多く払ったため、鳥の巣は周囲からまる見えになった。だから、来年まで鳥は戻れない。



| | コメント (0)

2013年9月 8日 (日)

ブエノスアイレスの午前5時

20130828_dscf0712

例のあれで、寝不足になる。アルゼンチン、ブエノスアイレスでのプレゼンテーションが深夜で、開催地決定が早朝の5時過ぎ。プレゼンテーションが終わりTOKYOチームが壇上から降りる際、都知事がロゲIOC会長と握手を交わし「コングラチュレーション!」と言われたとインタビューで語っていた。投票を待つまでもなく会長にはほぼ確信があったのだろう。

早いが個人的には開会式の演出が気になる。でも、あれだけのプレゼンテーションをやってくれたのだから、まあなんとかやってくれるだろうという期待もある。開催は7年後、子どもには短く、年配者にはとても長い2度目の東京オリンピックである。


| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

さらば 夏の光よ

20130828dscf0723

夜が明けるのが遅くなってきた。そんな朝方、寒くて目を覚ます。毛布か薄いフトンを1枚と思うのだが、これが取りに行けない。そのままベッドで縮こまり朝を待つ。



| | コメント (0)

2013年9月 6日 (金)

家路

20130905dscf2048

カイルベルトの「新世界」を聴いた。雄大でしかも切れのある演奏になっている。テレフンケンの録音もいい。第四楽章などは怒涛のフィナーレ、ナイアガラの滝のよう。

第二楽章、Largoはあの郷愁のメロディが流れる。イングリッシュホルンで歌われたメロディは『家路』というタイトルで後年、歌詞までつけられ広まった。わたしたちの世代で言えば、小学校の下校時か放課後に聞いた印象が残っている。

そういえば、満岡ひかりのドラマ「Woman」。親子のシーンに流れるのもこの部分。満岡と子役はよーく遊んでいるというから、それが演技の自然さを生んでいる。おまけに、さびしく、やさしく、なつかしいあの旋律である。悪いわけがない。





| | コメント (0)

2013年9月 5日 (木)

本日の落し物

20130905_dscf2010

見ようによっては栗饅頭に見えないこともないが、栃の実である。通りがかった公園で見つけた。となると、森でも今ごろは落ち始めている頃だ。そろそろ、森の音を聞きに出かけなくてはならない。



| | コメント (0)

2013年9月 4日 (水)

ぶり返す

20130822dscf0631

タイフーンが遠い南西の海から近づく度に暑さがぶり返す。屋根につけたすだれを外したのは失敗であった。涼しくなると見せかけて暑くなった。今日は34℃だそうだ。異常気象が普通の気象になってしまったら、それらを上回る言葉は何が適当なのだろう。更に異常、超異常?それとも異常にレベルを示すとか・・。



| | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

メロメロの季節へ

20130828dscf0735


やっと、音楽をまともに聴ける季節に移り変わろうとしている。ドイツから、ケンペのシューベルト<グレート> 、カイルベルトの<新世界>、カラヤンの<弦楽セレナード>のレコードが届く。これで<レンガでMEROMERO>も一層の活躍が期待される。


|

2013年9月 2日 (月)

半ズボン

20130819dscf0609

涼しくなった。夜は寒いくらい。半ズボンが履けなくなる。



| | コメント (0)

2013年9月 1日 (日)

どんよりとした土曜の暑い午後

20130822dscf0639

タイフーンが低気圧に変わったというのに、イナカーナの土曜の午後はどんよりと暑く気分も滅入るようなだらだらとした時間だった。そして、ついに夕方雨が降り、空気中の熱気を少しだけやわらげた。小一時間近くも雨は降って、やがて上がった。

すると、どうだろう。電線や周囲の木々の鳥たちが一斉に移動しては、ひとしきり盛んに鳴いた。たぶん、「あぁ、すっきりしたね」「なんか、気持ちよくないかい?」「虫は、虫はどこだい」「腹も減ったし・・」とそんなふうに聞こえたわけだ。

電信柱の下、大量の鳥の白いフンも雨で少しは流され、それ以上に人も雨のおかけで気持ちが楽になり、夕餉へ向かった。



| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »