« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

7月の金魚

20130716dscf7195

7月は雨の月だった。例年、めだかヶ池は溢れても1~2回なのだが今年は何度となく溢れた。おかげで金魚は思わぬ冒険の旅へ。水が引くと金魚も自然に池に戻るのだから、生き物はうまく出来ている。



| | コメント (0)

2013年7月30日 (火)

コトコト

20130716_dscf7175

シェフは梅干し候補から落ちこぼれた梅でジャムを作った。コトコト、コトコト、梅ジャムは完成。ところが、いい空き瓶がないのでその辺に転がっている瓶にシェフは毎年詰めている。瓶が良ければもっとおいしいのにね・・。



| | コメント (0)

2013年7月29日 (月)

珈琲カンタータ

20130726_dscf8743

ブッチ氏から高そうな珈琲豆をいただいた。有名な避暑地にあるMという店の珈琲豆である。挽いて飲むと「深みとコクがあり一流珈琲店で飲む珈琲のようだ!」とブッチ氏にお礼を言った。ただ、イナカーナに戻ってずいぶん経ってから珈琲を飲みはじめたので、わたしは一流珈琲店の珈琲はまだ飲んだことがない。

同様に、マカロン。これも横浜のI氏からいただいたものだが、それほど高価なものとは知らなかった。メイ・ヨークが「高い、高い」と騒いでいたので、きっとエベレスト並みに高いのだろう。

ドイツからアメリンクの歌うバッハ<コーヒーカンタータ>のレコードが届いた。これで、さらに珈琲はおいしくなる。


| | コメント (0)

2013年7月28日 (日)

夏の作文

20130717_dscf7429

それほどの暑さでもないが湿度が高い朝と昼のちょうど中間の時刻、ポトッと音が庭から聞こえた。窓から外を覗くと子ずずめが敷石の上にいた。最初は自分に何が起こったのかわからない様子だったが、しきりに鳴きはじめ親を呼んだ。

子すずめの親は何度も何度も庭に降りてきた。母すずめは子すずめを両足で持ち上げようとしたり、背中に子すずめを乗せ飛ぼうとまでしたがそれも無理とわかり、ただ見守ることしかできなかった。

午後、昼寝から目覚めたボクは庭の子すずめを捜したが見つけることができなかった。



| | コメント (0)

2013年7月27日 (土)

減量

20130726dscf8986

6ヶ月をかけて減量プログラムを終えた。目標となる体重と腹囲には3ヶ月ですでに達成できていたので、残りの3ヶ月で維持を図ったというわけである。野菜を食べて、乳製品を減らし、間食をせず、アルコールを控えるとそれなりに痩せられるものであった。

実はこのプログラム、数年前に一度やっており2度目なのである。欲と闘い、維持することこそ難しい。



| | コメント (0)

2013年7月26日 (金)

ナンダコレ?

20130726_dscf8821

見るもの、聞くものがはじめてのアオ太の口ぐせは「ナンダコレ?」である。彼は仏壇をかき回し、線香立ての灰の中にローソクを埋め、鐘を打ち鳴らし、風呂上りには裸で家中を走り回った。

ガラスの引き戸もアオ太にとってはナンダコレのひとつで、動かしているうちに引き戸は敷居の真ん中でウンともスンとも動かなくなってしまった。古い家なので敷居が重さでゆがんでいるのである。大人ふたりでようやく動かしたガラスの引き戸が再びアオ太の手にかからないためにシェフは紐で縛った。

こんな2週間を過ごしたアオ太も明日、ピーナッツ州へ帰る。



| | コメント (0)

2013年7月25日 (木)

緑衣の女

20130725_dscf8694


アイスランドの作家、アーナルデュル・インドリダソンの『緑衣の女』(東京創元社、2013年7月刊)を読む。昨年の『湿地』をも上回る作品に仕上がっている。暴力を描いている。弱者への暴力、ましてや家庭内暴力である。アーナルデュルの作風はとても正統的だ。ミステリーという形をとってはいるが人の窺い知れない心理の奥底を描く。

『湿地』ではアイスランドというお国柄でも読ませたが、今回の『緑衣の女』もアイスランドの風土(地域性)、時代ともあいまってさらに興味深い。人と自然は実に密接に繋がっている。

同時に主人公である捜査官エーレンデュルは薬物と妊娠で死の淵をさまよう彼の娘エヴァ=リンドとも向き合うことになる。事件の捜査と平行するエーレンデュルの実生活と過去が事件と同等に重くのしかかる。

こんなふうに書くと重くて暗くて希望が見えなくて誰にでも勧められる小説というわけにはいかないが、それこそ作者アーナルデュルが読者へ向かい合う姿勢であり、魅力となっている。柳沢由実子さんの訳もすぐれている。



| | コメント (0)

2013年7月24日 (水)

海にて

20130721_dscf8377

シュノーケルも水中メガネも足ヒレも遥か遠い過去に置いてきてしまった。



| | コメント (0)

2013年7月23日 (火)

カニ釣り

20130721_dscf8510

岩場ではさっきから親子連れが海面下から目が離せない。岩に見え隠れするカニの目の前にイカ薫をちらつかせ、カニにつかませようと言う魂胆だからである。岩場から少し離れた堤防のバケツの中にはすでに数匹のカニが入っており、日暮れまでもう何匹か親子は増やす予定だ。

海面をのぞく親子のそばを一瞬、影がよぎった。その影の主、ウミネコは上空を旋回するとミャーミャー鳴いて、どこかに人のおこぼれはないかと目を光らせた。



| | コメント (0)

2013年7月22日 (月)

暑中お見舞い

20130716_dscf7157

暑中お見舞い申し上げます。また雨になっているが気分だけでも・・。



| | コメント (0)

2013年7月21日 (日)

合鴨パスタ

20130718_dscf7864_2

ナポリタンばかり食べていたので、海坂の田んぼの中にあるレストランへ。マルゲリータ以外に頼んだのはバジルパスタである。モチモチした食感とニンニクが効いている。

食事中、レストランそばの水田では合鴨が騒ぐ。グァーグァー、合鴨も食事中らしい。そのうち、このレストランのメニューに合鴨パスタが載る可能性も・・なくはない。



| | コメント (0)

2013年7月20日 (土)

紫陽花

20130718_dscf8033

やっと晴れて、青空はこうだったのだと空を眺めた。



| | コメント (0)

2013年7月19日 (金)

七夕の夜に

20130715dscf7352

七夕の夜に注文したレコードがドイツから届く。カラヤンとVPOとの「惑星」である。カラヤンにはデッカ録音の有名な「惑星」もあるがそちらは高価でもあり、まだ手に入れていない。今回の「惑星」はジャケットがいい。これ以上ない構図。円とか丸は切り取り方がとにかく難しい。

七夕の時期もそうだがイナカーナではこの時期、夜空の星を見る機会がほとんどない。だから、「惑星」を聴いて夜空への想像を少しでも膨らます。


| | コメント (0)

2013年7月18日 (木)

アオ太の災難

201307818_dscf7630

ようやく片言の単語を口にしはじめたアオ太だったがイナカーナに来て3日目、災難を自ら招いた。まだ自分で靴を履けないアオ太はフクミミがする木の剪定の音を聞きつけ、玄関にあった大人の“つっかけ”で外に出た。つっかけと言うのはサンダルのことである。

葉や枝を切る音に向かって進む途中、アオ太はコンクリートの切れ目にサンダルを引っかけ、前のめりに転んだ。突然の泣く声に母メイ・ヨークがかけつけると口まわりを鮮血に染めたアオ太がいた。

病院で外科医師は「ふむ、2ヶ所切れていますね。たくさん血が出たでしょう」とアオ太の唇のキズを見た。唇のため消毒も塗り薬もなし、水でうがいすることと、腫れたら冷やすようにと医師は指示を出した。最後に「たくさん血が出たのは、とても血流がいいからです」と医師はアオ太をほめた。


|

2013年7月17日 (水)

泥の記憶

20130716_dscf7408

この年の梅雨は雨量が多く、何度もめだかヶ池は氾濫を起した。もっとも、氾濫と言ってもただ池の水が溢れただけで大きな害というものはなく、金魚がいつもは陸地の池の周囲を泳ぎまわる程度なのだが・・。

水が引くと池の周囲の泥も乾きはじめ、そこには人の騒いだ足跡が残された。このまま梅雨が明け、暑い夏がくるものと思った矢先、再び雨になり、泥は己に刻んだ足跡の記憶をすぐに失くしたのだった。



| | コメント (0)

2013年7月16日 (火)

朝露付き

20130716dscf7313

朝戻ると、朝露に濡れたトウモロコシがキッチンのテーブルの上に乗っていた。どうやらフクミミがアオ太たちに食べさせようと準備したらしい。しかし、ゆでて食べたらいつものトウモロコシと違い甘みがなく大味だった。どうやら、人の食用ではないトウモロコシ。食べられないこともないが・・。



| | コメント (0)

2013年7月15日 (月)

迎えに

20130706_dscf6937

雨が上がりそうな気配がある。今日はメイ・ヨークがアオ太とウナバラを抱えて飛行機でやってくるので空港へ迎えにゆく予定。来たら、最近得意のナポリタンを作ってあげよう。



| | コメント (0)

2013年7月14日 (日)

ブルーベリーのレインコート

20130709_dscf7071

長い雨が続き、これではかわいそうとシェフはブルーベリーにビニールをかけた。喜んだブルーベリーは実をさらに大きくしようと誓った。

一方、この様子を毎日のように眺めていたカラスは「これじゃ、実をつつけないじゃないカアー」と地団駄を踏んだとか踏まないとか・・。


| | コメント (0)

2013年7月13日 (土)

昼顔から

20130709_dscf7057

フクミミの離れの玄関で昼顔が終わりを迎えようとしている。

<昼顔>と言えばド・ヌーブ。ド・ヌーブと言えば<シェルブールの雨傘>、近年では<幸せの雨傘>だろうか。かつて、港町シェルブールのつぶれかけた雨傘店の娘だったド・ヌーブが<幸せの雨傘>では雨傘工場の経営に携わる。ド・ヌーブはやはり雨傘と縁が切れない。


| | コメント (0)

2013年7月12日 (金)

雨の暗い一日

20130708_dscf7027

雨が続いている。大雨や土砂くずれ警報が盛んに出る。高い周囲から雨水が流れ込むわたしの家は排水溝が雨を処理しきれずにすぐに水びたしになる。去年から今年にかけて雨どいと屋根瓦の修理をしておいて良かったと胸を撫で下ろしながら、雨の推移を見ている。



| | コメント (0)

2013年7月11日 (木)

梅ノ収穫

20130709dscf7131

落ちはじめていた梅を収穫する。今年は約280個ほど。剪定しなかったせいか、たくさん獲れた。シェフはその中からいい梅を選び、梅干しにする予定だ。選に洩れ痛んだ梅はウメェージャムになる。

梅が梅干しになるまで経過をアップしようか・・。


| | コメント (0)

2013年7月10日 (水)

ぬかるみ

20130709dscf7073

イナカーナに大雨警報が出て、午前中からたくさんの雨が降った。シェフの畑も水びたしになり、排水溝が大量の雨水を処理できない。そこで、何度となく流れをふさぐ葉や草を取り除いて、雨を少しでも逃がすようにした。

夕方、大雨が嘘だったかのように水が引く。シェフの畑兼庭はぬかるみとなった。



| | コメント (0)

2013年7月 9日 (火)

フクミミ 葡萄を管理する

20130706dscf7011

<酒と本の日々>を送っているフクミミだが、今年は時間を持て余したのか畑の果樹に手を出しはじめた。キウイの余分な枝を切り、次に向かったのは葡萄である。しかし、毎日のように実の摘果(てきか)をしていたので、果たして食べられる葡萄が何房残るのか心配なのである。



| | コメント (0)

2013年7月 8日 (月)

ブリッグス氏のレンガ入り

201307043dscf6279

ここ数ヶ月、レンガ入りのスピーカーで音楽を聴いている。このスピーカーは英国ワーフェデールのスピーカーである。タンノイでもJBLでもない、まして人気のB&Wでもない英国のブランド、ワーフェデールはこの国では認知度が 大変低い。ワーフェデールの創始者はギルバート・A・ブリッグス。自らピアノも弾いたというブリッグス氏は音響学者でもあった。

1930年代、ワーフェデールを創設したブリッグス氏はスピーカー作りに手を染めてからというもの、日夜、自分の理想とする自然な音のするスピーカーを作るにはどのようなことをすればいいのか考えた。そんなある日のこと、ステッキを片手に街を散歩の途中、氏はよく見かける建物や塀に使われるレンガに目をとめる。壊れていた塀の傍らに落ちていたレンガを一個手にし、しげしげと見たブリッグス氏はこれを豆腐ステーキのように薄くスライスしてスピーカーに貼ったらどうか、レンガの材質と重さで音を悪くする振動がうまい具合に納まるかも知れんぞ、こりゃ・・と考える。

ブリッグス氏は早速、このアイディアを実行。薄い厚さにしたレンガが最も効果的と思われるキャビネット箇所を探る試行錯誤の毎日が続いた。そして、ついに納得の場所(音)を決定。ブリッグス氏はこのスピーカーを<レンガでメロメロ>と名づけ、製品化を決意した。

とある朝。ワーフェ村とデール村から働きにきていたおばちゃん(従業員のこと)たちにブリッグス氏は指示を出す。「このレンガをここに、こーゆー具合に貼るのじゃ、よいかな・・」と。これを聞いたワーフェ村とデール村のおばちゃんたちは内心ウググッ(レンガなんかをスピーカーに、この人いったい何を考えているのかしら)と思ったもののキャビネットの板にレンガをペッタン、ペッタンと貼っていった・・・。

時は半世紀と少し流れ、スピーカーが作られた英国から見れば遥かに遠い地球の裏側、極東は田園。田んぼばかりのイナカーナ州に住む一人の東洋人がブリッグス氏の開発したスピーカーから出てくる音に耳を傾けた。


あぁ、また気持ちよく寝てしまった・・。ちなみに、おばちゃんたちがスピーカーキャビネットに貼ったレンガの場所はヒミツ、ヒミツ・・。


| | コメント (1)

2013年7月 7日 (日)

七夕は

20130706_dscf7003


イナカーナでは七夕は晴れたことがない。だから、牽牛と織姫の逢瀬も見たことがない。それを知らない保育園児たちは笹竹に願い事を書いた短冊を吊るす。翌日、たぶん、先生たちは「星や天の川が見れなくて残念でしたね。でも、みんなの願いことは必ず届きますよ」となぐさめる。

昨日、神社で相撲大会を見かけた。雨の中で少しだけ観戦。



| | コメント (0)

2013年7月 6日 (土)

ウインドウ

20130705dscf6952

夜、ベッドに入ったら雨になった。トタンに落ちる雨の音を聞きながら眠りに就いた。雨は好きだな。見える汚れや見えない汚れ、いろんなものを流してくれる。


| | コメント (0)

2013年7月 5日 (金)

きれいな骨

20130608_dscf5771

レントゲンに映し出されたわたしの骨はとてもきれいなものだった。整形外科の先生は骨に異常がないことを告げ、右腕の筋肉とその周辺が炎症を起こしているのだろうと説明を加えた。


右腕の痛みは5月から続いており、そのうち良くなるだろうと放っておいたが駄目だった。そこで整形に足を運んだわけである。医師の説明はボソボソと小さな声でそのほとんどが聞き取れないのだが、もっと大きな声でと言うわけにもいかず、わたしは自分の骨に見とれるしかなかったのだ。


「テニスをやる人がよく痛める部分だ」と医師は言い、わたしは「生憎、テニスではなくカナヅチです」と答え、しばらく通うことになった。



| | コメント (0)

2013年7月 4日 (木)

sudare

20130701_dscf6897

簾を夏に備えてたくさん吊るした。窓から外の緑が涼しげに見える。トコロテンか冷たい豆腐が食べたくなる。豆腐は南禅寺というお椀の形のがいい。

また、暑くなった。




| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

雨になる

20130703dscf6923

畑仕事の老人は野菜への水やりから久しぶりに開放され、子どもたちはランドセルにカバーをかけ学校へ向かい、池の金魚はなんだこれはと活発に動きはじめた。ところで、ボクは封筒の文字が濡れないように気をつけながら郵便局へ手紙を出しに向かうのだった。



| | コメント (0)

2013年7月 2日 (火)

20130630_dscf6883

子どもの頃からカボチャがよく食卓に上がったのは作る人が女性だったからだろう。他のオカズより先に箸をつけた記憶はないがどちらかと言えばホクホク系よりはペチャペチャしたカボチャの方を好んだ。家人に言わせるとホクホクしたカボチャはそこらの栗よりずっとおいしいと言う。それを聞いたボクは(内心で)カボチャよりマロングラッセに一票を投じていたりした。

先日、半日をかけて外出したシェフの買い物袋からカボチャがゴトリ。今回はホクホク系のカボチャであった。今回も栗ほど甘いとは思えなかった。



| | コメント (0)

2013年7月 1日 (月)

風立ちぬ

20130629dscf6374

ミヤザキハヤオの夏の映画<風立ちぬ>の招待状が来ない。家族全員の名前を使って試写会に応募したというのに・・。きっと応募が多かったということなのだろう。抽選に洩れたと悔しがっていたらカッコウが鳴いた。ハズレ、ハズレと聞こえた


| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »