« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

変わり目

20130530dscf5475

季節の変わり目、体調にお気をつけお過ごしください。



| | コメント (0)

2013年5月30日 (木)

ズックの時代

20130523dscf5325

あの頃はスニーカーでもなく、運動靴でもなくズックとわたしたちは呼んでいた。この国の高度経済成長時代だったが、汚れるとタワシと石鹸で何度も洗い、干しては履いた。

ズックの語源を見るとオランダ語のdoek(ダック、粗い麻織物を意味する)に由来するとあった。そう言われると、洗った後ではゴワゴワ感が残った。やわらか仕上げの洗剤もなっかたしね。

中学か高校の時だったろうか。☆のたくさん入ったバスケットシューズを履いたことがあった。その☆の靴も今からは考えられないくらい重く履きにくかった。“カッコイイこそ全て”の年頃だった。



| | コメント (0)

2013年5月29日 (水)

蛙口

20130518_dscf4608

お風呂に入っていたら聞こえてきたのは蛙の鳴き声である。風呂から最も近い田んぼまでの距離はおおよそ400メートルほどで、田植えの終ったイナカーナは水にほとんど満たされている。

鳴く蛙はオスで、たぶんメスの気を引くためだ。うまくカップルができたとしたら鳴く蛙の倍の蛙が田んぼにはいることになる。ということは、この時期のイナカーナ、人口を蛙口が上回る・・かも知れない。

「ゲコ、ゲコ、ゲコ、どう、デート、デート、デトッ




| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

西から

20130514_dscf4379

西から雨が上がってきそうだ。その前にめだかヶ池の掃除をする。めだかヶ池は古い池なので低地にあり、冬の雪が池周囲の土や枯れ葉を池に落とした。その泥をシャベルで集めた。

バンダナを額と頬に巻き、紫色の帽子の怪しい姿でシャベルを使う。暑さは昨日から続いている。早く雨が欲しい。



| | コメント (0)

2013年5月27日 (月)

朝から

20130527dscf5414

朝から初夏のような日射し、カッコウが鳴いている。



| | コメント (0)

2013年5月26日 (日)

ケチャップづいている

20130521_dscf5046

ナポリタンづくりに味を占めたわたしはもう2瓶を使いきってしまったのだ。



| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

砂丘からの赤い使者

20130523dscf5303

イナカーナの海岸線には大きな砂丘地帯が広がる。かつて昆虫採集にやってきた男が女の家に閉じ込められた砂丘である。北からの風に吹き飛ばされる砂を止めるために防風林が築かれ、その防風林に守られるかのように夥しい数のハウスが現在は並ぶ。旅客機の窓から眺めるとその景観を見ることができる。鷲やトンビは毎日見ているかもしれない。

そのハウスで作られたイチゴをこの季節は食べる。この使者へは毎年必ず来るように言ってある。


| | コメント (0)

2013年5月24日 (金)

ボタンダウン

20130521dscf5207

アイビーには関心がなかったので、ははあ、そんなものかとあの時代を見ていた。



| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

ヘリコバクター

20130523_dscf5245

ヘリコバクター?と聞いてヘリコプターの新機種か、それともゴーストバスターの類か訝ったが実はピロリ菌の頭にくる正式名称であった。

昨夜は9時以降の飲食は一切駄目だということでベッドに就いた。朝方、2度食事の夢を見る。お腹が空いていたのだろう。

朝食を摂らないで歯みがきをしただけで出向いた病院で検査を受けた。小さな袋に息を吹き込み、試薬を呑んで20分後にもう一度同じ要領で別の袋を膨らます。

ピロリ菌がいる、いないの結果は6月にわかる。帰宅するともう昼が近く、ナポリタンを作る。ケチャップが合うせいか最近のナポリタンには失敗がない。ピロリ菌もきっとうまいと言っている。



| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

牡丹

20130521dscf5088

この時期は例年、雨が多いのだが今年の牡丹はうまく咲いた。雨だと花の重さと雨の水滴で垂れ下がる。いつの年だったか、シェフが牡丹の茎に透明なビニール傘をくくりつけ牡丹を雨から守っていた。今年の牡丹は傘の必要がない。



| | コメント (0)

2013年5月21日 (火)

ハコ

20130518_dscf4751

山崎ハコに<幻想旅行>と言うアルバムがある。♪誰を恨んでいる訳でもないけれど・・少しなえて すさんでいるんだぁー、と列車に乗って北へ旅に出る歌である。アルバムの彼女が暮らしているのはハマ(横浜)で(東京は肌に合わないらしい)、上野から東北本線へ、仙台で下車せず、三陸海岸、青森、苫小牧と♪歌はぁ旅ぃー、となる古いレコードだ。

暗いイメージがある山崎ハコだがこのアルバムでは北へ旅行することで次第に元気になってゆく。月並みなことを言えば旅先で出逢う人たちから元気をもらい、自身の体も気持ちも反応してゆくのだ。

その山崎も近年、時に深夜のラジヲで歌声を聞くこともある。昔聞いた世代として、また松任やとは別の来し方が確認でき、頼もしい。



| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

畳替え

20130518dscf4731

シェフが畳替えをした。畳替えと言っても畳表のこと、中身は生かしてある。ヘリは緑色の模様になった。他の部屋の畳を見渡したシェフは「また、緑を選んでしまった」と結果論を披露した。自分が選ぶとどうしても緑になってしまうそうである。

夏、ブッチ氏が来ると「うわぁ、畳みは気持ちいいんだよ」と昼寝をすることになる。そんな畳である。



| | コメント (0)

2013年5月19日 (日)

二都

20130518dscf4794

ディケンズの「二都物語」の二都とは確かロンドンとパリ。イナカーナにもディケンズになぞらえれば二都があり、互いに勢力を競ってきた・・らしい。そういえば、空港も支庁舎も両都の中間にあり、利用者としては使い勝手が良くない。どちらか片方へそれぞれ置いたほうが繁盛すると思うのだが。

その二都、今週、来週末と祭りを迎えている。片方の天気がいいともう片方が崩れると言われ、これはこの季節の天候の変わりやすさから来たものだろう。

風が木の葉をサワサワと揺らす。祭りにもいい時期となった。




| | コメント (0)

2013年5月18日 (土)

魔法のランプ

20130501_dscf3754

「ヒィ、ヒィ、ヒィ、ご、ご主人さま、もう俺は限界だ!」
机のそばでハードディスクが唸った。アラジンの魔法のランプに閉じ込められた魔神のようなあわれな声を出している。もう、こんな状態が何週間も続いていた。

わたしはC及びDドライブを連日整理し、重いフォルダは外付けハードディスクへ移し、ディスクのクリーンアップなどでディスク領域を拡大しようとさんざん手を尽くした。寝不足にさえなった。それでも、パソコンの中の魔神は弱音を吐き続けた。弱い魔神である、ヤレ、ヤレ・・。

そこで、始終あえぐパソコンを見かね、急きょ、メモリーを2個注文。メモリーの増設を試みた。交換を終えたわたしは魔神のあえぎ声からようやく開放された。

気分はサクサクとなった。


| | コメント (1)

2013年5月17日 (金)

朝ハドコカラクルカシラ・・

20130512_dscf4357

たぶん、わたしの場合は
卵焼き、明太子、のり、みそ汁、
と言ったあたりから来るような気がする。


| | コメント (0)

2013年5月16日 (木)

シェフの春

20130514_dscf4494

もう畑はやらないと一度は宣言したシェフだったが春になれば自然に体が動く。だが、ナスだけはフクミミにすぐに収穫されてしまうので今年はやらないと決めたのだった。




| | コメント (0)

白いポロシャツ

20130514dscf4500

日中は暑くて白い半袖のポロシャツを着る。しかし、室内ではまだストーブをつけるのでチグハグな今日この頃です。



| | コメント (0)

2013年5月15日 (水)

When I was small 

20130514dscf4530

♪ボクが小さかった頃、クリスマスツリーは高かった

ビー・ジーズの<若葉の頃>はこんな歌詞ではじまる。歌詞を見るとふたりは成長し、ナンカカンカのアクシデントはあるが目出度く結ばれる。そういえばこの曲は当時話題になったイギリス映画でも使われていた。映画のラストシーンでは主役の男の子と女の子がトロッコを動かしながら画面の中、遠ざかっていったと記憶している。

この季節になると、この曲の出だしのメロディが―When I was small And Christmas trees were tall―つい口に出る。


| | コメント (0)

2013年5月14日 (火)

20130512_dscf4344

夜、寝苦しくて毛布をベッドから引き抜いた。ラジオではシナトラが歌っている。



| | コメント (0)

2013年5月13日 (月)

寝不足になる

20130512_dscf4300

パソコンが唸りはじめたので「全く、しょうがないな」とCとDドライブの重いフォルダを外付けのハードディスクへ移した。そして、それぞれのドライブの最適化とかをやっていたら遅くなった。時々チェックをするため何度か起きてはパソコンの作業状態を確かめた。

買った当時は容量が多かったのに新製品からは遥かに劣るものになった。そういう意味でデジタル製品は時間に耐えられず消費に走らせられることになる。

つまり、デジタル以前の古いものに魅せられていくことになる。寝不足の解消にアナログを・・とか。



| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

ウナバラ

20130512_dscf4292

メイ・ヨークの3月に生まれた第二子がやってきたのはゴールデン・ウィークのはじめである。一日の内、ほとんど寝ていたが夢でも見ているのか時々苦笑いを浮かべた。まだ、赤ちゃんなのに人生の機微を知ったかのような笑いだった。

時に目を覚ますと、まだ見えない目でわたしを見た。わたしはこの子を「ウナバラ」と名づけた。ウナバラはアオ太の弟である。

ピーナッツ州に帰る当日、ようやくピアノの椅子に座ったメイ・ヨークは最後にバッハのアリアを弾き終えると、第一子、第二子を両腕の抱えて機上の人となった。



| | コメント (0)

2013年5月11日 (土)

流行しもの

20130510_dscf4273

テレビで新聞でネットでナポリタンが流行ってるとあった。専門店まで出来ていると言う。当然、イナカーナにはそんな流行は来ないので自分で作った。<究極のナポリタンレシピ>というのを見つけたのでレシピ通りにの材料と分量でまともに作る。成功である。

ポイントはパスタを1分長くゆでること、バターを使うこと、Hというメーカーのケチャップを使うこと。エリンギの歯ごたえがいい。匂いもいい。が、カロリーはとても高い。

季節は春になった。


| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

老人と杖

20130501dscf3628

「ヘヘッ、こんなのは遊びだよ」と老人はわたしに言った。病院の診察室前のベンチで隣りに座った老人がいい杖を持っていたので声をかけたのだ。杖は黒くまさしく木の枝で、長さは老人の胸もとに近い。杖は木の先端には滑り止めのゴムキャップが取り付けられ、握りには穴、そこに渋い太めの布が通されていた。高さがある杖なので両手で体重をもたせかけることができた。老人の許可を得て触らせてもらうと杖は見た目よりずっと軽かった。

孫と出かけた川で拾った枝だと老人は言う。上流にある山から流されてきた枝がこの辺に流れ着いた。老人は川ガニを獲るというから家は川に近い。表面の黒は自分で色を塗ったのかもしれない。だから、遊びか・・・?

老人の孫も中学生になり、最近は滅多に来ない。クラブのサッカーに熱心になったのか、或いは成長過程の影響なのか・・。汚れた野球帽、黒いジャンパー姿の老人は次に自分の病状も話し出す。腸に悪性のできものがあり進行し、それでもまだ生きている。手術して排泄用の袋をつける話もあったが俺は断った。「痛えよ、母ちゃん、助けてくれ」と叫びたくなることもあるが横になりじっと俺は堪えてきたんだ。それに“何とか会”ってのがあり、死んだら体は大学病院で切り刻んでもらう手筈になっている。

切り刻む?献体のことらしいがこちらも敢えて詳しく聞くことはしなかった。老人は自分の病気での医者との攻防に憤った。悪性から一転、良性だと診断が覆され、会話を録音しようとボイスレコーダーを出したら都合よく逃げられた。だから、担当医を変えてもらい症状の進行を告げられている。そうである。

東の都、銀座あたりに行くとハッチングでも被り、飴色のステッキを突く品のいい老人を見かけることがある。それもいいがイナカーナでは川で拾った枝を杖にしている老人もいる。一人暮らしのこの老人、病院の長椅子に横たわるが枝で作ったいい杖を持っている。

感心して杖を見ていたわたしに「ふん、遊びだよ」、老人は再び言った。


| | コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

落ち着かない

20130505dscf4122

多くの困難や問題などさらさらないくせに落ち着かない日々を過ごしている。映画にも行けない。本も読めない。体の調子もいまひとつ・・。どれかから改善していかなくては・・。



| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

寒さに震え

20130505_dscf4147

花はさまざまに咲いているが人はイナカーナはまだ凍えている。畑仕事の老人たちは野菜の芽が出ないと会話をする。今の時代でさえこうだから昔だったら冷害など堪ったものではなかったろう。

この星の温暖化を食い止めることはたぶん不可能なことだろう。急激な進行をどれだけ抑える手立てを人は持ち、実現できるかが課題になる。それができなかったら、やはり宇宙へ行こうか。どの星の住民になろう・・?住民登録や戸籍はどうしよう。



| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

カニの花見

20130430dscf3348

「おい、散ったぞ、散ったぞ」
「やけに今年は寒いな・・花も少ねえ」
「エーッ、ウッソー!」
「酒はまだかあー?」
「花見で一杯なぁんてね」
「・・甲羅、貸さないよ。熱燗注ぐの、駄目だからね!」
と言っているのかどうかはともかく、桜も葉桜になりました。



| | コメント (0)

2013年5月 6日 (月)

吐く男

20130505dscf4215

♪ジョジョはブロードウェイのネオンがお気に入り・・・、ボズ・スキャッグスが腿を枕に煙草の煙を吐いていた頃、社会人になって1年半のわたしはたぶん、会社への坂道を時にため息を吐きながら歩いていた筈だ。会社は山の手線から郊外へ向かう沿線のひとつめにあった。平地にある駅から商店街を抜けると少し急な坂道に突き当たり、会社は坂道を上った数分先の距離にあった。

当時は企画とか販促の仕事だったので当然帰りは遅く、終電だったり、企画の最終段階では徹夜になった。徹夜と言っても完徹まではならず、少し仮眠をし応接室のソファーでな何度も夜明けを迎えた。その応接室から眺める風景は下に会社の倉庫、離れた向かいには5、6階のビルでその時間はいつも人の気配がなかった。

時に「自分は何をやっているんだろう?」と思うこともあったが、仕事の多くはそんなものだ。あれがやりたい、これをやって見たいといざ仕事に就いても、望みに近づける機会が多くない。実際、仕事に就くとなんて不自由でなんて狭い世界なんだろうと思うことになる。

ボズのアルバム<ミドルマン>。JOJOの中に出てくるジョジョは拳銃を隠し持っている。不満のための拳銃ではなく、オモシロオカシク、ブロードウェイで
生きるための拳銃だ。世界にはいろんな事情があるらしい。

月曜の朝、わたしはボズの顔に似合わない高い歌声を思い出しながら時にため息もついて会社への坂道を上っていた。



| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

立夏

20130505_dscf3653

今日は立夏、春分と夏至のちょうど真ん中、これから夏へと向かう。
子どもはどこでもよじ登るように出来ている。



| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

アオ太 帰る

20130504_dscf4111_2

アオ太は強い風に乗ると東の空へ帰っていきました。イナカーナの今日の風は冷たく強く、とても5月の風とは思えませんでした。桜やモクレンの花びらも風に吹かれて、まるで行き知らずの航海へ出たかのようでした。そんな春です。



| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

冴えない

20130430dscf3337

ほとんどいい日もなく寒いうちに桜が終る。ほとんどゴロゴロして休みを過ごす。 右腕の重苦しさが中々取れない。天気も気もうまく晴れない。まあ、冴えない日もあることにしておこう。



| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

ゴールデン・ウィーク

20130501_dscf3809

今年のゴールデン・ウィークも遠出はしない。毎年、しない。朝は決まった時間に起き、気がむいたらラジオ体操をし、朝食の後に珈琲を飲む。珈琲は再びヴァテマラに戻った。

メイ・ヨークの二歳児が騒ぐので相手をするが敵は手ごわい。まだ人のルールに縛られないので制止が効かない。そのくせ大人の言うこともよくわかるようになってきており、その加減がまだつかめない。振り回される大人は疲れて、夜にはぐったりとなる。



| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

クヌギ妙子

20130430_dscf3373

イギリスから届いたアンプがありサーカスで綱渡りをするように結線を終え、昨夜音だしをした。ところが音は割れ、歪み、時に消え、ボーカルのオオヌキ妙子がクヌギ妙子に変身したかのような聴くに耐えない状態だった。ちなみにクヌギはブナ科の落葉樹で、虫が集まる木だそうである。

その夜、ベッドにはいったものの延々と眠れずに気づくと午前3時をまわっていた。そこでスタンドの灯りを点けパソコンに向かった。ワードを開き、英国アンプの状態の悪さを用紙A4分列挙し、購入先へクレームの準備を進めた。夜の河を一人で渡っている気分がした。

夜が明けて、時間をなんとか見つけ再度アンプの状態確認を試みた。改めて細いスピーカーケーブルを繋ぎ直し、最も安いRCAケーブルもしっかり入っているかを確認。このアンプ、入力は五つ。内訳はピックアップが2つ(レコード用)、チュナーが2つ(ラジオ用)、リプレイ(?)が1つである。ウググッ・・・CD入力がなかったのである。

40年以上前にイギリスで作られ発売されたアンプである。世界初のCDプレーヤーがソニーより発売されたのが1982年10月。当然、CD入力はなくCDプレーヤーの影も形もなかった時代にこのアンプは作られていた。もっぱらレコードとラジオで音楽を愉しんでいた時代だ。

やっと気づいて、ラジオチュナーを引っぱり出しイギリスのアンプに繋ぐと音が出た。プリミティブな音だ。新しさに疲れた時に聴ける音とでも言えばいいか。40年前の人はこんな音を聴いていたことになる。しばらく、遊べる。アンプのクレームはボツになる。



| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »