« 水仙の寒い春 | トップページ | 起きちゃいかが »

2013年4月 9日 (火)

間違い

20130409dscf1854

以前、頼んだレコードが届き、開けてみたところ全然別のレコードが入っていたことがあった。ものは試しとそのレコードをターンテーブルに載せたところ、聴こえてきたのはなつかしいメロディとそれを奏でる煌びやかなストリングス。ラベルを確認したらマントヴァーニとあった。

中学、高校時代、パーシー・フェイス「夏の日の恋」、レーモン・ルフェーブル「シバの女王」、ヘンリー・マッシーニ「ティファニーで朝食を」など深夜のラジオからよく流れていた。果たして、夏の日の恋の彼女はどんな容姿、声を?シバって、どこ?ティファニーでの朝食はスクランブルエッグ?ベーコン?クロワッサンは?と想像はたわいないものだったが・・。

間違って届いたマントヴァーニのレコード。彼の音楽が急に気になり「フィルム・アンコール」というアルバムを求めた。アメリカの良き時代といったジャケットだがスピーカーから流れてきたのはストリングスの洪水である。“カスケード・ストリングス”というものらしい。
溺れないように浮き輪を捜そう。

間違いからはじまるスタートもある。



|

« 水仙の寒い春 | トップページ | 起きちゃいかが »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水仙の寒い春 | トップページ | 起きちゃいかが »