« ゴンドラ委員会 | トップページ | 再びの雪 »

2013年3月20日 (水)

“おはぎ”ではない

20130320_dscf1300_2

昨日のキッチン、どことなく落ち着く日なたのような匂いがしていたと思ったら小豆が煮えていた。そして今日、墓参りに合わせた「おはぎだ!」と言ったら「これはぼたもち」とシェフから訂釘を刺された。「秋に咲く萩の時が“おはぎ”で、春は牡丹でしょ、だから、“ぼたもち”」というわけである。

そこで、「ぼたもち」の作り方のおさらい。
①小豆を煮る。一度沸騰させたら、水を捨てる。改めて小豆がくぐるほどの水を入れ,
   コトコト中火で煮る。途中、一度火を止め、さます。再び中火で柔らかくなるまで煮る。
②もち米を炊く。水分は少し少なめで炊く。
③小豆をヘラで適当に潰す。砂糖を適量入れる。塩をひとつまみ入れ、味をととのえる。
④もち米をすりこぎで潰す。8~9割潰し、残りの米粒を残す。軽く握る。
⑤片方の手のひらに小豆を少しのせ、そこへ握ったもち米を置き、多めの小豆で包むように 
  握る。

こしあんより食べ慣れた歯ざわりのあるつぶあんに一票!



|

« ゴンドラ委員会 | トップページ | 再びの雪 »

① イナカーナ・スケッチ」カテゴリの記事

④ フクミミ家 食卓の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴンドラ委員会 | トップページ | 再びの雪 »