« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

ナダーレ

20130227_r1544753

昨日に引き続きいい天気になり、気温が上がる。屋根の雪が崩れ、音を立てて落ちる。州のほとんどがナダーレに注意を向ける。



| | コメント (0)

2013年2月27日 (水)

永遠を見に

20130227_r1544828

久しぶりに積雪のない朝を、つまり雪かきをしなくてもいい朝を迎え自然と気分は上向く。道路の雪はシャーベット前のサクサクした状態で散歩するのにも小気味がいい。こんないい天気だ、今日から週の後半、新聞チラシに誘われた人たちで店々には人が戻ることだろう。

晴れた日に見えるという永遠でもとハンドルを握った。



| | コメント (0)

2013年2月26日 (火)

サラナメ

20130106l1540325_2

サラナメを見かけなくなって二ヶ月になる。今ごろ、どこで皿を舐めているのやら・・。



| | コメント (0)

2013年2月25日 (月)

寒さの底

20130222_r1544652

帰宅して部屋の温度を見るとちょうど0℃。外はもっと寒いということは今日も真冬日なのだろう。朝、北側のガラス窓が毎日のように凍っている。・・が寒さの底もそろそろ終わりらしい。


| | コメント (0)

2013年2月24日 (日)

筋状の雲

20130224r1544735

海上から筋状の雲がやってきて天気を荒らす。暴風雪警報が昼前にようやく解除されたが、夕方になり除雪が追いつかないため通れない道路があると州庁舎の拡声器から放送があった。

昨年末に州外へ用があり出かけた時も今日のように荒れた天気で、吹雪きで先が見えず途中で車を戻したことがあった。こんな日は家にこもるに限る。おかげで『危険な世界史』(中野京子著)を読むことができた。





| | コメント (0)

2013年2月23日 (土)

冬の月

20130223dscf0464

家の廊下を歩くと息が白い。そんな寒さの中、お風呂を洗う。ガスでお湯を沸かす。脱衣所を温める灯油タンクを持って外に出ると、中空にぼんやりとした月が浮かぶ。2月は寒いから他の月より日を少なめにしているとうさぎが言ったとか・・。



| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

吹雪き

20130221_r1544663

吹雪きになる。天気に合わせて生きている。そう、大人しく大人しく。



| | コメント (0)

2013年2月21日 (木)

遠い除雪機

20130217r1544644

ガラス窓が凍っている。昨夜の冷えで表面の水分がそうさせた。北側の戸は吹雪きで白くなっていた。起きればライフラインの確保である。水抜きした水道を元に戻し、車庫から玄関までの雪を除雪する。その除雪にまる一時間がかかり、汗をかいて下着を着替えた。除雪機導入への道はまだまだ遠い。

2月が「まだ侮るな」と叫んでる。


| | コメント (0)

2013年2月20日 (水)

歓喜の仔

20130220_dscf0416

天童の小説は『永遠の仔』『悼む人』と読んできたが今回の『歓喜の仔』(天童荒太著・幻冬社・2012年11月刊)は最も好ましく、すぐれている。『永遠』には無理を感じたし『悼む』は聖人臭い。天童の小説の設定はいずれの登場人物もぎりぎりで極端で孤独なので、読む側にとっては好き嫌いが激しくなる。

『歓喜の仔』は兄、弟、妹の兄弟の物語。それぞれが主人公を果たせるくらいに性格も行動もよく書けている。加えてこの物語を膨らませているのは兄である誠の想像上の分身リートの存在。誠の悩みや決断に合わせて分身リートも国の置かれた戦乱という状況の中で身を処してゆく。このサイドストーリーの絡ませ方がはじまりも終わらせ方も秀逸だ。

幻冬社の新聞広告はいつも大きく露骨過ぎてこれはちょっとと思うが、中にはうまく咲く大きな花もある。天童の『歓喜の仔』はそんな作品。





| | コメント (0)

2013年2月19日 (火)

灯油が乏しくなる

20130217_r1544607

部屋ごとに暖房機があるので給油がかなり頻繁になる。小さいタンクだと一日で消費してしまう。部屋ひとつで過ごせば経済的だがずっと顔をつき合わせているのも大変なこと。確定申告の作成に悩みながらも、一人で過ごす時間を確保して本を読み音楽を聴き気分を保つ。



| | コメント (0)

2013年2月18日 (月)

ミント氏の白い息

20130214_dscf0283

ハァー、パシャ。ハァー、パシャ、パシャ。うす暗い部屋の中、窓からの光だけでミント氏はシャッターを切った。フィルターに吹きかけた息が消えないうちにフィルムを巻き上げては、何度もシャッターを切る。笑ってとか悲しげにとか被写体に野暮な注文をミント氏はしない。言葉のコミュニケーションはなしだ。僅かな光が微妙にぼやけ被写体をフャインダーの中に浮かび上がらせる。その一瞬一瞬をミント氏は切り取った。

数ヵ月後、ミント氏の写真はウイスキーを買った方へもれなくプレゼントのカレンダーとなって酒屋に置かれ、ポスターが店頭に貼られる。ポスターの中の女性はもの憂げな顔と半分裸で窓辺に佇んでいた。ふぅーん、・・・。ポスターを眺めたわたしは他のもっと安いウイスキーを買ってアパートへ帰る。そんな時代もあった。


| | コメント (0)

2013年2月17日 (日)

冬の朝 午前6時

20130217_r1544613

早朝、石油ファンヒーターのタイマースイッチが入った音で目を覚ます。寒い、部屋の中はたぶん0度くらい。増築した部屋は長方形の本家屋から部分的に飛び出し寒気にさらされているからだ。早く暖まってくれとベッドの中でつぶやく。昨夜、今朝の寒さに備えて寝る前に水道菅の水抜きをした。頭には縞模様の毛糸の帽子がまだかろうじて乗っている。

枕元にあるラジオのスイッチを入れる。全国のリスナーから入る朝の情報が次々と紹介される。毎日、刻々と日の出の時間が早くなっている。今日のラジオ体操はどうしようか・・。歌がはじまるまでベッドの中でさんざん迷う。

意を決してラジオ体操をらやり終えたとしたら、雪かきできる防寒具を着込もう。それから廊下に出てカーテンを開け雪の積もり具合を確認しよう。そして、玄関を開けて新聞を取り込む。

冬の朝、午前6時。ベッドの中はなんて暖かいんだ・・・。


| | コメント (0)

2013年2月16日 (土)

隕石

20130205dscf0126

ロシアへ隕石が落下する。100年に一度とも言われるそうだが1,000年に一度の地震と津波も現に来るわけだし、自然災害は予想がつかない。あんな隕石がゴロゴロ落ちてきたら恐竜も滅びかねない。空想科学小説が良くも悪くも現実になってしまうことが増えつつある。



| | コメント (0)

2013年2月15日 (金)

珈琲豆を炒る

201302515dscf0400

小豆氏から珈琲豆をいただいた。わたしがグァテマラをよく飲んでいることを知った小豆氏はグァテマラを含んだ珈琲豆をドーンとくれた。小豆氏は太っ腹である。

よろこんだ私は早速、豆を挽き時間をかけてお湯を注ぎ珈琲を淹れ口にしたものの首を傾げた。アメリカンのような珈琲になっていたのだ。翌日、豆の量を増やし淹れたのだがやはりアメリカンである。

そこで本日、わたしはフライパンで豆を炒り直した。以前求めた豆をそばに置き、その色と見比べながらフライパンにかけること20分ほど。豆は濃いこげ茶色の珈琲豆となった。途中、豆はプツプツ、プツプツ何度も言った。「まぁーだだよ」とか「君、もぅ、少しだね」とか・・。

これで、最初に濃ーいドリップが滴るグァテマラが飲める。



| | コメント (0)

2013年2月14日 (木)

チョッコ・・

20130202dscf9461

チョッコレート、チョッコレート、チョコレートがケーキ!に変わる今日この頃です。



| | コメント (0)

2013年2月13日 (水)

警察小説

20130210r1544547


佐々木譲の<警官の条件>(新潮社、2011年9月刊行)を読む。先に読んだ<警官の血>(上・下巻)から9年後の設定とされ、前作に肩を並べる内容となっている。

前作<警官の血>が親子3代にわたる物語であるのに対し、<警官の条件>は3代目にあたる安城和也の<警官の血>から9年後の捜査がストーリーとなる。<警官の血>で登場した安城の上司、加賀屋仁警部が再び登場。この二人の捜査活動が交互に描かれ、捜査を複雑に織り成してゆく。

安城は係を率いてチームで捜査をし、加賀屋はひとりで対象である組織に飛び込む。安城の捜査への意欲と苦味、加賀屋のアクの強さと言った著者の筆力に感心する。

事件は時代に呼応する。『冷血』(髙村薫・著)といい『警官の条件』といいその手触りは現実的で地道で重苦しい。が、・・この重苦しさ、かなり好きである。



| | コメント (0)

2013年2月12日 (火)

鉛ノ帽子

20130211r1544593

「これじゃ、鉛だ」もはや雪の綿帽子どころではなくなった天辺の枝たちは必死に頭を支えた。「おい、誰か振動を!」と願いつつ、これ以上自力で頭を下げるわけにもいかず、さらに踏ん張ると恨めしそうに周囲を見渡すことしかできなかった。


| | コメント (0)

2013年2月11日 (月)

長靴を履いて

20130211_r1544590

長靴を履いて除雪前の公園を通ったら、雪が長靴に入った。二日で30センチを越えた積雪になり、夜も冷える。木々の枝は垂れ、葉のある木は頭に大きな雪を乗せている。この冬、最後の雪にして欲しい。



| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

朝の雪

20130210_dscf0215


目覚めると雪、モコモコとした雪で積雪は15センチくらいか・・。まだ、春の雪には時間がかかりそうだ。

単発テレビドラマで<上意討ち>を見たシェフは主役が領内で倒されてしまっては江戸に出て上意討ちが達成できないではないかと不満気だ。たぶん、連続60回もの韓国ドラマで鍛えられているのでドラマを見る愉しみを長引かせたいのだろう。

映画『上意討ち』は1967年に公開されている。監督は小林正樹。小林には『切腹』という傑作もある。『切腹』も昨年、市川海老蔵で映画化されているから優れた映画はリメイクされる。が、リメイクされても最初の作品を越えるようなものは稀である。但し、今回の<上意討ち>は同じ橋本忍が脚本を担当しているというところがミソ。

時代小説もそうだが時代劇には制約がいくつもある。<上意討ち>で言えば、どうしようもなく女好きな城主とそれを守ることで保身を計る家老たちという武家幹部に対する一介の家臣という構図だ。組織の理不尽に刃向う個、その個の心の動きがよく描けている脚本だった。



| | コメント (0)

2013年2月 9日 (土)

別居ノススメ

20130205_esl57_dscf9198

別居ノススメと言っても夫婦のそれではなくスピーカーのこと。思えば今までいろいろなスピーカーを聴いて選んで保有してきた。三菱ダイヤトーンからはじまり、JBL、ハーベス、タンノイ、クォードと使用し、今それらは手もとにない。最終的にスピーカーの能力や魅力を引き出すことができずに手放すに至った。アンプやケーブルを別のものに変えればもっと使えたと思えるスピーカーもあったが今言っても、それも詮無きこと。

唯一、手放した中で再び求めたのがクォードのESL57と言うスピーカー。ヴィンテージだが、もう一度試したかったスピーカーだった。

そして、3年ほどESL57を聴いた現在、物置へ別居と相成った。相手を見直し、長所を考えるには別居もいい手段である。かつての相手と再婚というニュースを聞くことがある。一度頭を冷やすといい面を新たに見つけることが多々ある。


| | コメント (0)

2013年2月 8日 (金)

ふたたび

20130208r1544535

ふたたび、風と雪になった。だが、冬の初めとは違い明るさは日々、増してゆく。



| | コメント (0)

2013年2月 7日 (木)

人生という名の旅

20130208_dscf0210


長谷川きよしのCD<人生という名の旅>(2012年10月発売)を聴いた。よく読んでいる雑誌2誌で紹介の記事がありなぜか無性に聴きたくなった。12曲のうち5曲が2010年の欧州ツァーからのライブ録音である。ドイツ、ロンドン、パリの小さなホールで数十人の観客に迎えられている。歌が終ると拍手の中、長谷川はダンケシェン、サンキュー、メルシィ ボクーと応えたのが新鮮である。観客は息をひそめて聴いている。“ツァーという人生の旅”の途上で長谷川は歌い、ガット弦のギターをかき鳴らす。<別れのサンバ>に「なんてうまい、ギターに切れが!」と耳が反応する。

フランス語を交えた<愛の賛歌>もステキである。
♪おまえのためなら
  空の果てまで地の果てまでも
   おまえのためなら
   陽でも月でも盗みもしよう
   おまえのためなら
   友も裏切り国も捨てるさ
   人よ笑え私を憎め
   それでいいのさ

40年に渡って歌いつづける長谷川の歌声は強く、やさしく、たくましい。

| | コメント (0)

2013年2月 6日 (水)

ハクビシンの下で

20130205_dscf0031

ハクビシンが出ていって数日が経った。この間、深夜に地震があったが遠い震源地から伝わるミシとかミシミシと家を軋ませる音に何度か耳をすませた。或いは屋根に残る雪が緩んで瓦を滑り落ちる音くらいで、天井裏を走り回るハクビシンの元気な足音は幸いにも確認していない。ハクビシンは今どこにと問われても敵は夜行性、簡単には姿を見せないし、引越し先がどこかの挨拶もなかった。

そんなわけで、フンを始末し殺菌消毒された天井裏の下でようやく音楽をを取り戻した日々を過ごしている。頭上にフンがないと思うと気分がいいものである。


| | コメント (0)

2013年2月 5日 (火)

リチャード3世の曲がった背骨

20130131l1540668

ニュースを見ていたら2012年9月、イギリス中部レスターの修道院跡の駐車場から発掘された骨がイングランド国王リチャード3世のものだとDNA鑑定で確認されたとあった。同時にニュースで遺骨を見せていたがその背骨は凄い曲がりようだった。

W
・シェークスピア(1564―1616年)の『リチャード3世』が初演されたのが1591年とされる。そのモデルとされるリチャード3世(1452-85年)が在位していたのは1483-85年なので100年少し前の時代の王をシェークスピアは描いたわけだ。英国史上、残忍、極悪人として名を残したイングランド王、しかも怪異な姿形となればシェークスピアの創作意欲もかきたてられたことだろう。

語り伝えられた王の、その背骨の異形をわたしたちは見て確認できる時代に生きている。シェークスピアの『オセロ』を演じる予定だった12代目市川團十郎にもこのニュース、見せたかった。



| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

立つ春?

20130202dscf9395

立春だと言うのに朝、カーテンを開けると外は一面シュガーパウダーのような雪である。きれいなので許すことにした。



| | コメント (0)

2013年2月 3日 (日)

豆がない

20130202dscf9553


夜、買い置きしていた節分用の豆がどこにあるのか見つからないとシェフが騒いだ。やむなく食べかけの落花生を撒くことにした。玄関を開け、廊下の戸を開け、他の部屋すべての戸を開け鬼の逃げ道を作った。「鬼は~そと!、福は~うち!」ところが落花生は十数個しかなく全ての部屋に行き渡らない。景気よく蒔けずに豆は尽きた。

鬼が一、二匹残ったかも知れない。もう一度、日を改めて節分をしよう。


| | コメント (0)

2013年2月 2日 (土)

アロエの鉢植え

20130131l1540646

テレビドラマ< 最高の離婚>、3回目。朝?抜け毛に気づいた瑛太は頭に円形脱毛症を発見する。離婚した元妻からは「あなたは自分だけが好きなのよ」とそしられ、元恋人からも「(あなたなんか)死ねばいいのよ」と言われる男だ。丸いハゲぐらい、・・できる。

わたしの友人のSは大学4年、就職活動(シューカツ)の秋、円形脱毛症を発症した。多くの友人たちにその人柄から慕われたSだったがこと就職に関しては苦戦した。希望する業界が当時人気だったこともあり、競争相手はすべて手ごわい。Sは友人たちの誰よりも多く履歴書を書き、試験と面接に臨んだ。

そのせいで就職活動の中盤、Sは小さなハゲを頭に作った。「丸じゃないし、それほど大きくない」、わたしはSになぐさめにもならない言葉をかけた。

幸いなことにSはなんとか中堅の広告会社へ就職し、希望の職種に就くことができた。Sの仕事はコピーを書くことと企画である。あまり本を読まなかったSだが時代を切り取るコピーだけは得意だったらしい。その後、北から南下するように何箇所かの地方支社を経て―残念なことだが―現在もSは地方支社にいる。「このままだとずっとここだな。来る支社長がすべてボクより若いんだよ」電話で話す機会があるとS
の声はとても、とても疲れている。

瑛太は元妻からアロエの鉢植えをもらった。疲れたSには何を贈ろう?Sのことだから―女とか子どもとか―贈るには難しいリクエストをするはずだ。


| | コメント (0)

2013年2月 1日 (金)

中将の娘

20130201_dscf9422

フクミミは退職した後、ある中将を調べた時期があった。その中将は先の大戦時、東南アジアにおける有名な作戦で撤退の決断をし、後年名を馳せた。中将の碑が建てられたのもフクミミの尽力があったものと思われる。

その中将の娘さんからタンカンをいただく。見た目からはわからない味もある。


| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »