« 2013 鍋の旅 | トップページ | 老人とネギ »

2013年1月22日 (火)

青いケーブル

20130117_rcadscf9243

音楽を聴くにはいろいろな機器が必要。アンプもプリとパワーを分けると当然、間をケーブル―たかが、線とも言う―で繋ぐことになる。凝るといくらでも高価になるので、まあ、それほど金額をかけないで納得できそうなケーブル探すことになる。実際、聴き比べが出来るに越したことはないがそれが出来ないので使っている人のコメントを参考にする。

そこで、新たなRCAケーブルを導入した。青い衣をまとった帯状のケーブルである。聴くとケーブルの形状と外皮のせいかストレスのない音になる。ボーカルやメインの楽器がうまく浮かび、全体的に軽快になる。メロディ・ガルドーは少し若くなる。

かと言って今まで使っていたケーブルを否定する気もない。新たな地平を少し見ることができれば充分。マフラーには無理だがきれいな青いケーブルがやってきた。


|

« 2013 鍋の旅 | トップページ | 老人とネギ »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013 鍋の旅 | トップページ | 老人とネギ »