« 日常へ | トップページ | 帰省の終わり »

2013年1月 5日 (土)

管弦楽組曲

20130104dscf8368

新年に何を聴こうかと取り出したのはバッハの<管弦楽組曲>である。この組曲の第3番、第2楽章が<G線上のアリア>として知られるエアという曲である。コッホ指揮、ベルリン室内管弦楽団の演奏でこの組曲を聴いているともっと折り目ただしく生きなければ、もしくは改まったような気分になる。だから、新年にこそふさわしい。




|

« 日常へ | トップページ | 帰省の終わり »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日常へ | トップページ | 帰省の終わり »