« 冬の散歩道 | トップページ | コンビニからの使者 »

2012年12月14日 (金)

O氏の講義

20121213_l1530898

年末に近くなり身近ではないが高齢の舞台女優、歌舞伎役者、俳優といった方々の相次ぐ訃報をテレビや新聞を通して目にした。中でも歌舞伎の方はまだこれからもという年齢だった。

ラジオで長い間番組を持ち、俳優として名わき役とも言われたO氏の話を大学の講義で聞いたことがある。その中で印象に残った話が「職業は親の跡を継ぐのが一番いいのです」という言葉だった。「台湾の見事な工芸品をご覧なさい。祖父、親、子の三代かけてひとつの工芸品を作るんですよ、三代ですよ!」と俳優は例に出した。

この講義を聞いた当時、私は反発を覚えたが今はそれほどでもない。例えばカエルの子はカエル、人であればその親に資質があれば子の資質も大きいと後年思うようになった。俳優も二世が多い。政治家の世襲は政治そのものがうまくいっていないから批判を受けるが・・。

もっとも、今はそういう世襲の時代ではないことも確か。人はいつの時代でも報われる報われないに関わらず可能性に賭ける。

先の亡くなった俳優たち。彼らはいい人生を送られたとも思う。人に見られる世界で注目され、活躍し、名を成したのはひとえにその道で充分に生きることができた証。その俳優たちを周囲で支える人がいて、確かに見た我々という観客もいた。





|

« 冬の散歩道 | トップページ | コンビニからの使者 »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の散歩道 | トップページ | コンビニからの使者 »