« Merry Christmas! | トップページ | 吹雪 »

2012年12月26日 (水)

プレゼント

20121224_dscf7045

メイ・ヨークは幼くして両親と別れたこともあり、祖父母に育てられた。養育費は祖父が出し、学校の授業参観には祖母が出かけ、運動会には叔父が参加した。メイ・ヨークに物心がついた頃には両親のいないことが家族の形になった。メイは小学校に上がるまでは日本舞踊を、それ以降はピアノを主に習った。中学に入りピアノと吹奏楽とテニスをやろうと試みたが次第にテニスから遠ざかり、高校ではピアノと吹奏楽をやり、最後にはピアノが残った。祖母はメイの習い事、その送り迎えを得意の車で全てこなした。

祖父の仕事の関係もあり幼いメイ・ヨークにはクリスマス・プレゼントがたくさん集まった。周囲の多くの人に気にかけてもらったことも大きい。中には近年まで充分大人になったメイにプレゼントを下さった方もいた。小学校、中学と担任にもよくかわいがられ、可能な限りメイも応えた。

後年、成長したメイ・ヨークに「子どもの頃、両親がいなくてどうだった?」と聞いたことがある。「友だちの家に遊びにいくとその子に両親がいるのが不思議だった」と彼女は答えた。



|

« Merry Christmas! | トップページ | 吹雪 »

⑤ メイ・ヨーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Merry Christmas! | トップページ | 吹雪 »